リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末?あっというまの10日間
3月11日(火)
昼はKさんに誘われ某レコード会社の社長と3人でメシ。
「メシ」なんて呼ぶのははばかられるほどの素晴らしいランチでした。乃木坂の「シェ・ピエール」にて。このクレームキャラメルが信じられんほどうまかったのです。
10404765_4218250861b.jpg

Kさん、その後も僕を麻布十番にお茶に連れてって色々話してくれました。僕のどこをそんなに買ってくださるのかわからないけど、嬉しいことです。

解散後は専属フメクリスト(笑)のA美ちゃんと日暮里のオコンネルでビール飲みまくりました。今日はやってたぁ!こちらもとっても楽しかったです。

3月12日(水)
午前中生徒さんが来る。あとは、譜読みなどしながら、明日日通に引き渡す家中のダンボールを片付ける。

3月13日(木)
確定申告の準備
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-135.html

昼ごろ日通さんがダンボール片付けに来てくれました。
やっとベランダが使えるようになった!

3月14日(金)
上野税務署行ってきました。チャリで行こうと思ってたら雨が・・・
仕方ないので久々に満員電車にのって・・・

意外とそこまで混んでなくって、青色承認申請も含めて1時間足らずで終わりました。
前もって下書きしてって見せたら、「ああこのまま清書すればいいですよ。」って感じで、ほとんど数字とか見てなくって・・・そんなもんなんですかねぇ・・・帳簿付けたり伝票書いたりした昨日の苦労はなんだったんだ?思いのほか簡単で拍子抜けする。

まぁおそらく全額戻ってくるでしょう。ヤッター!(振り込まれるまで安心は出来ないけど)

一度家に帰り仮眠。午後は仙川でに4月からのことを説明してもらう。
終了後、いつもなら飲みに行くところなんだけど、今日はさらいに帰りました。戴冠式の譜読みもしなきゃいけないし、17日の某試験のためにもさらわないと・・・

3月15日(土)
・・・というわけで戴冠式の譜読みやらなんやら、一日練習をさせていただきました。

3月16日(日)
池袋、ヤマハミュージックセンターへ赴く。今日は来週開催されるピティナコンチェルトステップのリハでエレクトーン合わせ、ということで、人のを聴いて、ワンポイントレッスンをしたり、自分のミニコンサートの戴冠式の合わせをしてもらったり、子供の練習を見学したり、で夕方までお付き合いしました。
急いで帰宅しちゃんと明日の試験の練習をする。

3月17日(月)
また受験(笑)してきました
都の西北の某音大です。
2日連続の早起きにげんなりしつつも7時30分に起床、9時半集合にむけ準備をしてたら・・・また間違った曲をさらっていたことに気付く。(花火のつもりだったけど金魚だった。)ので急いで金魚だけさらう。で、池袋に向け出掛けました。そんなことやってたら時間がギリギリになり駅からタクシー、はい710円

終わったあとは、池袋でO萩と久しぶりに会って話をする。・・・でコンサート行きました。R奈ちゃんが誘ってくれたジュリアン・ラクリンvnとイタマール・ゴランpfのデュオ@紀尾井。イタマールには、僕、パリ時代に室内楽習ってたんだけど、あまりにも要求高かったんでこなせなくってリタイアしちゃったという歴史があります。
でも、コンサートは超感動ものでした。この数年のベストでした!音楽ってこんなにすごいんだ、って思って嬉しくなると同時に、今まで自分が出してきたゴミのような音を恥じました・・・こないだ僕もグリーグ3番弾いたけど、同じ曲とは思えなかった・・・
先生会いに行ったら、ちゃんと覚えててくれて嬉しかったょ!
四ツ谷の飲み屋でO萩と語って解散。今日はホンマに良い一日だった!

3月18日(火)
完全なる燃え尽き症候群でした・・・

3月19日(水)
戴冠式のカデンツァを書き上げました。
夕方はいつもお世話になってるO貫さんと、T大時代同級だったというJR東の元会長!のY之内さんと帝國ホテルの「なだ万」で会食。
なんか、偉くなる人の話ってすごい重みでした。「努力と苦労の人生」だったそうです。フランス時代も苦労されつつ帰国する頃にはもう存在感たっぷりだったらしいですね。ただの雑談でも言葉の端々からオーラが出てました。
そんなわけで料理の写真はありませんが、普通においしかったですよ。
僕もがんばろっと!!

3月20日(木)
生徒さんが4人、さすがに疲れましたが、全力投球しました!みなさんおみやげを持ってきてくださるんで、恐縮ですが・・・助かります・・・笑

3月21日(金)
一日雑用に明け暮れました。学校関係のスケジュールや書類の調整をしたり、連絡をしたり・・・
午後、気分転換に郵便出すついでに御徒町まで自転車走らせて、ラーメン食べたり買い物したりしました。「電動コショウ挽き」なんて買っちゃって・・・
今は4月のリサイタルの案内招待関係のリストを作ってます。近日中に皆様のところにも手紙が行くかもしれませんょ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/28 03:51】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/137-219bdc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。