リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メシアン生誕100年プロジェクト 幼な児イエスにそそぐ20のまなざし 全曲演奏会
この数ヶ月間の大きな目標であったこの演奏会、盛況のうち、無事に終了いたしました。

お越し頂いたお客様、ご支援いただいた方々、本当にありがとうございました。このような高い目標が果たして達成できるのか、演奏会の直前までとても不安があったのですが、たくさんのお客様が、集中して耳を傾けてくださっているとてもよい雰囲気と、作品の持つ偉大な力、そして天から降りてきた何かの力に助けられ、この大作を演奏することが出来ました。
今年より、教育者としての責任も一層大きなものとなりますが、常に自分自身を見つめ向上していく意欲を忘れることなく一歩一歩歩んで行こうと思います。そして今後も意欲的なプログラムで演奏活動を展開し、お客様の皆様と音楽の偉大なる喜びを共有して行きたいと思っています。どうぞ今後ともご支援下さいますよう、お願い申し上げます。

実は僕も大チョンボをやっていまして、
このブログにチラシ画像等の詳細、直前のご案内等を掲載していなかったんですね。ですから、マメな方にはちゃんと調べていただけたと思いますが、パッと見のインパクトを与える機会を大幅に逸していたように思います。 メールリストへの配布もしていませんでした。これほどの大プロジェクトですから一人でも大勢の方、そしてここの読者のみなさんに聴いていただきたかったのですが、演奏そのものに全精力
を傾けた結果、運営面で少し不備があったので、 この反省は今後の運営に生かしたいと思います。
今回、上記の理由でお見逃しになった方、申し訳ございませんでした。次回はきちんと告知差し上げますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

tirashi 018p
tirashi 019

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
涙が出そうになりました!
菊地さま、

クラシック音楽のファンの者です。感動的な演奏でした。技巧が圧倒的に素晴らしいだけでなく、音色のバラエティが凄かったです。この曲を聴くのは初めてでしたが、2時間半、まったく飽きずに聴き通すことができました。

菊地さんの音には、同世代の若いピアニストたちには滅多に感じることのできない深さがありました。涙が出そうになりました。ピアノの音を聴いて、あぁ、菊地さんは、人生の深い哀しみを知っている方だなぁ。。。と思いました。技巧と音の深さ。。。現代のホロヴィッツだと思いました。多分、多くのピアニストが菊地さんの演奏を聴いたら、ピアニストをやめたくなってしまうのではないでしょうか!

菊地さんの演奏は初めてお聴きしましたが、大ファンになりました。また伺います。教育と演奏活動の両立はとても大変だと思いますが、どうぞお体にはお気をつけて。。。若き巨匠に乾杯です!
【2008/04/13 15:23】 URL | ファン太 #od8Oblco [ 編集]

ありがとうございます!
とても嬉しいコメントをありがとうございます。

自分ではもちろん不満のない演奏、というわけではなかったのですが、
いつもと比べると、何かに憑かれていたかのように集中できたと思います。
メシアン自身が天国から見守ってくださっていたとしか思えません。

新学期が始まりました。
去年と比べると遥かに多忙になってしまい教育と演奏の両立の難しさを実感してはおりますが、教育とは、与えるだけではなく、そこから自分に戻ってくる何かが必ずあるはずです。
それを糧にして、演奏家としてももっともっと成長して行きたいと思います。
人生は哀しみを帯びている、というのには深い実感があります。失望、裏切り、いろいろな出来事が起こります。表面的に幸福な出来事があっても、今の自分は常に孤独を感じて生きています。でも、音楽は僕を見捨てない、と信じたいですから・・・
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
【2008/04/20 00:44】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/138-554b5c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。