リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末の記録
3月22日(土)
一応モーツァルトもさらいつつメシアンもさらう。自作カデンツァも暗譜に持ち込む。そんな感じ・・・

3月23日(日)
先週に引き続き池袋のヤマハミュージックセンターでピティナ・コンチェルトステップのお仕事。ミニ・コンサートで戴冠式の1楽を弾く。突貫工事はどうにか間に合い無事に演奏。子供たちのコンチェルトも楽しかった。大人たちは・・・なかなか個性があってこれもよろしかったです。はい。打ち上げもバッチリやって楽しく帰ってきました。武田先生をはじめ音の森ステーションのみなさん、スタッフのみなさんや先生方、どうもありがとうございました。

3月24日(月)
兵庫からとーっても才能ある子がレッスンに来る。楽しいひと時。
夜も生徒さんが一人。残りはメシアン&ロミジュリの譜読み。

3月25日(火)
譜読みに明け暮れていたと想像されます。

3月26日(水)
今日は御茶ノ水のO先生宅でディーナ先生の特別レッスン。プロコを見てもらったんだけど、素晴らしいレッスンでした。今となっては自分の演奏に活かすだけではなく、どのようにレッスンするか、ということも含めてとても勉強になりました。それにしても、先生よくしゃべる、久々にドイツ語使いました。
ご飯までご馳走になってチャリチャリ帰宅。近くて助かります。帰宅後はメシアンを譜読み。

3月27日(木)
先輩、ということで話を聞きたいらしくA美II(・・・笑、伏せるとみんな似てしまいますね・・・)が入谷に来訪、中華ランチ(僕にとっては朝食だったが)その後ソフトクリームプリンを食べる。僕の話が参考になったかわからないけど、まぁ息抜きになりました。
その後必死で譜読み。

3月28日(金)
朝はまた飛騨から午後は摂津からはるばる生徒さんが(月曜にも来たコ)・・・こんな遠くからわざわざ来てくれるなんて嬉しいですね。
二人とも年齢は全然違うけど、真剣でとっても楽しみです。

その合間には一時帰国中のA子と上野公園に繰り出し花見。
満開、でした。

13708495_274311502.jpg
13708495_1239671750.jpg
13708495_1386208715.jpg
13708495_1773304255.jpg
13708495_1957861500.jpg
13708495_3076042996.jpg
13708495_3333316529.jpg
13708495_3360928926.jpg
13708495_4150204673.jpg

金曜だからまだ良かった。
上野太昌園で焼肉ランチ。1000円で肉大量クオリティも良好、さすが上野、侮れん。

あとは、もちろん譜読みに明け暮れてました・・・

3月29日(土)
Sさんに誘われ新宿の三角ビルに朝日の講座を聴きに行く。お題は「メシアンと私」by藤井キャズオキ先生
開始前にビルの上のほうの鳥やさんでランチ(朝食for me)Sさんに今度のフメクリ頼んだら引き受けてくれました。ありがと!やっぱこういう曲のときはもともと博識な方だと負担にならないかな?と思いまして。
さて、講座、日本語は音楽家以外にどこまで通じていたか疑問だけど、とにかく鳥系の曲を弾きまくってくれて超感動。行った甲斐がありました。
終了後はさっさと帰宅し必死でさらった。偉いなぁ、僕。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/139-d4052f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。