リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めまぐるしい新年度・・・4月前半記
3月30日(日)
九響と矢野りょーこちゃんのコンサートですみだトリフォニーへ・・・
大ホールです。僕が弾く小ホールとはワケが違います。実は初訪問です。
りょーちゃんのチャイコン、情熱的で素晴らしい演奏でした。会場も最高に盛り上がる。う~んやっぱり僕、実はピアコンよりこっちの方が圧倒的に好きですね~なんでチャイコは晩年、「まともな」ピアコンを書いてくれなかったのだろう?
後半のチャイ4もなかなかの熱演でした。終了後はご家族に混ぜていただき打ち上げ・・・しかし、それでも帰ってきてからちゃーんとメシアンさらいましたよ~

3月31日(月)
記録がないのですが、おそらくメシアンを必死でさらったはずです。

4月1日(火)
さらいながらも恐ろしい量のメールを書く。
最近、メールのやり取りの量が半端じゃなく増えてきました。返信遅くなったらごめんなさいm(__)m

4月2日(水)
記憶が正しければ、芸大に行ってさらいまくっていたはずです。弦2本切りました。ごめんなさい・・・

4月3日(木)
ひたすらさらったりしながら、最後のDM攻勢とかしいてたように思いますが、記録なし・・・

4月4日(金)
まずは洗足へ行って新学期ガイダンス。僕は音楽教育や音楽療法の副科の子を5人みることに・・・最近の音大生はいろいろ難しいと聞いていたけれど、みんな良い子たちで安心しました。
終了後は洗足で教鞭をとるパリ時代のご学友(笑)と偶然の再会、ご結婚おめでとうございます。レントゲン検査を受けて、教員用食堂で食事←こんなの他校にはありませんね・・・
なかなかのお味でございました。
その後は仙川へ移動。とある会議と懇親会、懇親会はおなじみのアンカーヒア貸切で!懐かしい先生方に再会、話も弾みました。
それでも途中で離脱して鶯谷へ戻り練習しました。今日はさすがにあさってのコンサートを無視するわけに行かず、展覧会の絵などを解凍

4月5日(土)
明日の曲をさらいつつ、メシアンの譜読みに必死で取り組む。

4月6日(日)
東京池上・スター楽器主催
東京都大田区区民プラザ大ホール
トークコンサート
ドビュッシー 映像 第一巻
プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」より
~マーキュシオ ~別れの前のロメオとジュリエット
メシアン 幼な児イエスにそそぐ20の眼差しより
~第10曲「喜びの聖霊の眼差し

ムソルグスキー 展覧会の絵

蒲田の駅から目蒲線に乗ったのはすんごい久しぶりでした。このホールは駅の目の前で、千葉のときのようには迷いようがありませんでした。
地元のコンクールで優秀賞を取った子供たちの後に演奏。
いちばんちゃんと弾けなきゃいけないはずのメシアンを当日リハで一切練習しなかったせいでこれが今ひとつの出来でした。
まぁでも展覧会の絵はとにかく最後盛り上げれば会場は沸くのでありがたい曲目です。CD即売サイン会にもそれなりの列が出来ました。でも、11日のメシアンチケットはあまり売れませんでしたが・・・笑
聴きに来てくれた祖母と友人と下丸子マックで数名の打ち上げ。でも即帰宅し、メシアンをさらいました!

4月7日(月)
昼から芸大へ、生徒たちと面談です。昨年度での修了者、脱落者の分がまた補充され再び21人の陣容へ。
面談の後はレッスン室に閉じこもり必死でさらいました。そして夜はそのままS子さんと譜めくり合わせ・・・このとき初めて通して弾きました、この曲。問題点もいろいろ分かったし、ホンマやってよかったです。上野駅のスペインバルで軽く打ち上げ解散。

4月8日(火)
午前中は練習しつつ午後は洗足へ、今日は初レッスンですから休むわけにもいかず・・・で、夜帰ってきてまたさらいまくる。さすがにくたびれました・・・

4月9日(水)
今日は桐朋の学生たちとミーティング、とはいえ事情が事情なので午後一杯レッスン室を借り切ってさらいまくる間に各自来てもらう形にしました。自分の生徒ではない旧知の学生もチケ受け取りにあらわれ軽く談笑しリラックス。
そして、夕方はまた会議、終了後はイタリアンで懇親会。こちらも懐かしい先生がいっぱい!メシアンのことを激励&軽く脅されもし(笑)気を引き締めて離脱。帰宅後は、さすがにさらえませんでした。

4月10日(木)
今日もひたすらさらいましたが、夕方はまたもや桐朋関係の会議&懇親会!場所が都心でわりと近かったのが救い。ちょっと隠れ家っぽいお店で、しかし盛大にやってました。こちらも懐かしい顔ぶれが・・・結局どこへ行っても桐朋関係では僕の過去の悪事を知り尽くされているので頭が上がらない反面、立派になったわねぇとか言われて照れる面もあり・・・
ここでもメシアンについて叱咤激励を受ける。
今日は帰宅後ちゃんとさらいました。

4月11日(金)
東京、すみだトリフォニー小ホール
菊地裕介メシアン生誕100周年プロジェクト第1弾
メシアン 幼子イエスに注ぐ20のまなざし 全曲演奏会

これが、本当にここ数ヶ月間の頭痛の種、というか、ココ一番、というか、人生の重要な分岐点というか、ハードルというか、とにかくすごく重要な一夜でした。この曲を全曲演奏するのは初めてのことでしたが、緊張しつつも、至福のひとときでした。

終了後は打ち上げも出来ず即帰宅でした・・・

4月12日(土)
また飛騨から生徒さんがいらっしゃる。今度は先生とセットで・・・そして、なんと先生のレッスンまでして差し上げました。
そして、終了後は渋谷で秋口のコンサートのミーティング。高校の同級生のお母様が企画してくださるのです。場所は横浜で、10月12日の予定、また詳細はアップします。

4月13日(日)
さすがに疲れ果てました。
燃え尽き症候群でしたが、うちのピアノも燃え尽きていたため、調律師さんに来てもらう。「この切れ方は記録的ですねぇ」と・・・といっても8本とかだったと思いますが・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/140-9f979592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。