リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いつけ追い越せ
・・・というのは、日記のこと。
ためるとろくなことがないので、この隙になんとか書いてしまいましょう。だいたい僕は一番忙しいときに一番いろいろなことに手を付ける変態的な性格なので・・・

4月14日(月)
芸大のレッスンがはじまる。
さすが初日、ほぼ全員来ました・・・嬉しいような苦しいような・・・

でも、今日は主に曲決めで終わり、あまり神経は磨り減らず・・・

今日のサプライズ、最後に来た生徒がなんとうちのマンションの住人さんでした!
せっかく知り合ったから、ということで一緒に帰るついでにラーメンを食べる。別にこれは職権乱用とかじゃないですよね?ね?近頃マジで神経質にならんといけないらしいのでね・・・
色んな事件の報道見ていて感じますが、揚げ足取りが横行し一点のミスも許さない、機械のような行動が求められる世の中、人間らしさが失われるのは特に芸術に携わるものとしてはイヤなことですが、郷に入りてはなんとやらでしょうかね・・・?

4月15日(火)
今日は洗足へ・・・
何事もなく、フツーに5人レッスン、帰ってきてからは、明日の授業の準備、さぁ、何で時間もたせよう・・・?とりあえず、スコリの本をちょっと復習。あぁこういうの数年ぶりだ。また早くコツを思い出さないと・・・緊張で眠れぬ夜を過ごす。

4月16日(水)
6時起き
7時出発、朝マック
乗った山手線は結構空席あり、しかし次の日暮里で席は埋まる。その後はどんどん混んでくる。うーん、鶯谷のような小さな駅にもメリットはあるもんだと実感。
新宿からの京王線も着席、トータル1時間強の通勤時間は短いとはいえないけど、これなら耐えられるかな?
さて、生まれてはじめて教壇に立ちました。1限なんてほとんど来ないだろうと思っていたので(自分は朝苦手だし・・・)せいぜい十数名を想定して授業計画を立てたんだけど、のっけから46人もの出席者に圧倒される。これは計画変えないとな・・・
でも、常にギリギリであっても臨機応変を旨とする精神でなんとか乗り切る。まぁ、最初は様子見の人もいるだろうし、少しは減るでしょう。
2限のスコリも大幅な定員オーバー、部屋が狭くて酸欠になりそうでした。これも計画が狂う感じだけど、まだ人数が移動するだろうからしばらくは様子見します。
でも、みんな従順な良いコたちで助かった!(自分は高校時代に先生を困らせた記憶があるので・・・笑)
しかし、思っていた以上の責務の重大さを実感。レッスン室と教室では、感じることもいろいろ違います・・・

なみはなでT君と昼食、午後のレッスンに備える。

午後は副ピ3人専科3人。みんなそれぞれに真剣にレッスン受けてくれました。さすがに終了後はクタクタ・・・
帰りの電車も新宿から池袋までを除けば座れて、わりとラクに鶯谷へ。駅前のうどんやで鴨南蛮食べて、9時半ごろやっと帰ってきました。クタクタです。これからこれが毎週続くのか・・・

4月17日(木)
朝はくたばってましたが、それでもちょびっとだけ練習。
夕方はまた六本木で打ち合わせ。

4月18日(金)
朝、嵐の中バスに乗り錦糸町の日本屋楽器さんへ。21日月曜日に、音楽教室の講師さんたちを対象として行う講座について打ち合わせをする。
子供たちのコンクールの課題曲に付いての説明も織り込むことにしました。「子供のうちから伸ばす芸術性」みたいなお題・・・というわけで、子供の曲の楽譜をたくさん預かる。譜読みしなきゃ。でも、懐かしい曲も発見してちょっと嬉しい。
帰宅後は、仮眠の後、大宮で弾く曲をさらいました・・・

4月19日(土)
メールを沢山書きました。それで、残りの時間でさらいました。
明日、大丈夫かなぁ・・・?

4月20日(日)
埼玉、大宮ソニックシティ大ホール
ニコニコ堂(埼玉)主催
トークコンサート
ドビュッシー 映像 第一巻
プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」より
~マーキュシオ ~別れの前のロメオとジュリエット

メシアン 「喜びの聖霊の眼差し」

ムソルグスキー 展覧会の絵 (1874)

tirashi 017


今日も朝マック、京浜東北線一本でらくらく大宮へ到着。
会場のソニックシティ、駅からずっとデッキでつながっていて簡単に見つかりました。しかし、今日は、大ホールですよ、大ホール!
7541442_1481756001.jpg


さすがに満席にはならなかったけど、それでもいつもの演奏会よりははるかにたくさんのお客様がいらっしゃいました。集客も組織力が大切だと実感した次第。子供のためのコンサートですから子供は多かったけど、静かでした。みんなお行儀がよいのか、それとも大ホールだから気にならなかったのか・・・

トークをするとどうも演奏に集中するのが難しいです。まだまだこの道では修行が必要ですね。
アンコールはいつもどおり月の光で終わらせるつもりだったのですが、リクエストが続いたため、そのうち使おうと思ってこの2日で譜読みしたラフマのプレリュード32-12を演奏するという暴挙に!でも、「みなさんが初めて聴く方たちなのです!」と言って無理やり付加価値を付ける。楽譜念のため持って行って良かった!譜面台ははずしてあったので、ピアノの中に適当に置いて弾きましたが、それでも安心感は相当なもので、メインプログラムと比べてもさほど遜色ない演奏だったと思います。ホンマに暗譜嫌いです!楽譜があれば、こんなに安心して弾けちゃうんだから暗譜なんて無駄だと思います!

さて、CDはいつもよりはるかに多く売れまして、サイン会は盛況でした。嬉しいことですねぇ。
ニコニコ堂のみなさま、ホンマお世話になりありがとうございました!

即、帰ってきて、ビール一杯だけ飲んで仮眠。
その後、明日の講座のためにいろいろさらいました。何気にモーツァルトのソナタやらリスト(愛の夢3)とかまであって、譜読みは結構大変でした。

明日も早起き、そして、午後は、夜遅くまで芸大です。そろそろ寝なきゃ・・・

そうそうレコ芸の5月号の82-83にインタビューが出てます!見てくださいね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/141-54455d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。