リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーレツ社員!?
こんにちは、今日も黒い自動車が賑やかですね
さて連休ですね。こんなに嬉しかったことって、過去ありませんでした。これで子供に行楽地行きをせがまれたりしたら、マジでしんどいだろうな・・・世のお父様方、おつかれさまです。

さて、日記。

4月21日(月)
午前中は東陽町の江東文化センターってとこで日本屋楽器さんの講座、「子供から伸ばす芸術性」みたいなお題で、子供の曲について2時間しゃべったり弾いたり・・・こういうのは初体験でしたよ。でも、何事も経験ですね。これからの仕事に役立ちそうな気がします。
午後はG大、一日分を午後に詰め込んだので、結局終わったのは9時過ぎでした。
疲れた・・・

4月22日(火)
昼ごろ、池袋で学生とのミーティング。他の教授とのダブルレッスンが多いとはいえ、高校から院生までピ演含め専科ばかりで10人超ですよ!結構な重責を課され驚いています。しっかり応えないと!そして、学内誌の写真撮影とかインタビューとか。校舎の素晴らしさ、学事管理システムの完備に圧倒される。もともときれいだったけど、新校舎は東京国際フォーラムの縮小版って感じですね・・・
終了後は急いで溝の口へ行き副ピ5人レッスン。それぞれに自分の教えてあげられることを精一杯伝える努力をしました。終了後渋谷のヤマハに駆け込み明日の授業で使う楽譜を探す。しかし「アーメン」の楽譜はなかった・・・

4月23日(水)
仙川日、朝マックで7時3○分の山手線、これは定着しそうです・・・
2回目の授業は少しずつコツをつかみつつあるけど、やっぱまだ板についてない感じ。まぁ頑張ります。
午後はレッスンをして、終了後は上野へ急ぎコンサート。友人K君の曲が初演される、ということでしたので・・・
なんだか聴いていて懐かしい気分になりました・・・笑、個性っていいね!
帰りは鶯谷ささのやで久々に立ち飲みモツ&締めラーメンしてきました

4月24日(木)

池袋レッスン開始です。
駅からちょっと遠いのが玉にキズですね。距離的には近く乗車時間は10分ちょいなのに、トータルでは40分近く見ておかないといけません。うちも駅遠だからなぁ・・・次は大塚から都電使ってみようかな。
6人レッスン終了後は、東京駅直行、車内で駅弁かき込みつつ名古屋へ。22時ごろ到着。
前回と同じ素晴らしいホテル、バーで某ホールの方といろいろお話、将来に結びつくといいなぁ。日付が変わる頃解散、ポートにチーズ、ごちそうさまでした。今日も仕事終わり!
今日の部屋はこんな眺めでした。この直前まで名古屋城がライトアップされていたのだけど・・・
IMGP0195p.jpg


4月25日(金)
IMGP0196p.jpg

元貨物線だった「あおなみ線」に初乗車、鉄ヲタなので気になります。まだ新しい車体のステッカーが波打って剥がれかかってたのはちょっとゲンナリですが、ホームゲートも付いた近代的な路線でした。
会場の中川文化小劇場、なかなかよろしいホールでございました。
無料コンサートなので一部のお客様の挙動に若干の問題はありましたが、演奏は最近のものとしては良い方だったと思います。
こういうボランティアも(今回はいろいろな心遣いをいただき完全なボランティアではなかったのですが・・・)、無料で宣伝が出来ると思えばなんともありがたいことです。(CDも売れたし・・・!)いずれは名古屋の仕事が入りそうな風向きだし・・!

2008年4月25日(金)13:30開場 14:00開演
名古屋市中川文化小劇場
小劇場コンサート vol.32
ヴァイオリンとピアノのコンサート 
第一部ヴァイオリンとピアノ (vn.)福本康之先生 (pf.) 牧野 縝先生
第二部ピアノソロ 菊地裕介
ムソルグスキー 展覧会の絵
+@
ドビュッシー 月の光
ラフマニノフ 前奏曲op.32-12


4月26日(土)
休日と言えば休日なんですが、あまりにも荒れ果てた家の中を片付ける。この掃除はかなりの重労働でした。近所からまたB.A.C.H.(リスト)が聴こえてくる、自分が弾いたことない曲が聞こえるとイラつきも3倍だし、僕ももしかしたら何かで使う可能性があるので譜読みをする。かなりスッキリ気分にでもこれを3時間ばかりやっていたら明日のコンサートのプログラムを準備する気力がなくなり、ダウンしました。

4月27日(日)

浅草から直通で上大岡へ、泉岳寺を過ぎた瞬間から電車の表情が変わる。やっぱ京急の走りは暴力的で爽快ですね!
50人ばかりの狭いサロンですが、響きはなかなか良好でした。
IMGP0198p.jpg


うるさいかなぁ?と思いつつもやはり後ろの方にも聴こえなきゃいけないし手加減するわけにも行かず思い切り弾かせて頂きました。
今日は最近の懸案だったプロコ含めわりと集中できました!来てくださり集中して聴いてくださった皆さんホンマにありがとうございました!

2008年4月27日(日)開演: 14:00 (13:30開場)
ヤマハ ピアノフォルテ上大岡サロン (横浜市)

ドビュッシー 映像 第一巻

プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」Op.75 より
~マーキュシオ (Mercutio)
~別れの前のロメオとジュリエット (Romeo bids farewell to Juliet)
メシアン 喜びの聖霊の眼差し
ムソルグスキー 展覧会の絵

+@
ドビュッシー 月の光
ラフマニノフ 前奏曲op.32-12

終了後はヤマハの方々に恩師K先生と近所のうまい「寿司」に連れて行っていただきました。Y岡先生もお気に入りだったそうでとても美味しかったです。
壊れかけ携帯のピンボケ映像ですが・・・
Image0271.jpg
疲れたけど、来週もちょっとした仕事があるので、家へ帰って、また練習しました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/142-cb8e44bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。