リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週3○時間労働+残業?はいかほど~?
ついに週3○時間に達した学校勤務、かなり参ってますが、どうにか生きてます。
週記を通り越して月記になりそうなので、そろそろ書いておきましょう。

5月7日(水)
仙川day
6時起床もやっと慣れてきました。
終了後は仙川のK先生宅に招いていただき色々とグチを聞いていただきました。ほぼ終電で帰宅。関係ありませんが、来年のコンチェルトの話がもう一つ頂けそうで喜ぶ。

5月8日(木)
池袋day
昼以降の出勤ではありますが、前日の疲れが残っているからやっぱりきついですね。2回目のレッスン、少しずつ打ち解けられるかな・・・?

5月9日(金)
今日から池袋では室内楽実習という院の授業を担当することに・・・
とりあえず曲と年間予定を決め、室内楽についての概説。
レッスンの方は金曜日組は今日が初レッスン、どうぞよろしくね

5月10日(土)
今日はアーメンなどの譜読みに終始、しかし、まだ身体が週5体制についてこないみたい・・・

5月11日(日)
午前中はとても優秀な生徒さんが来訪。
午後は、2週間後に弾かせていただく国立の一橋大学兼松講堂へ、新品のD型スタインウェイの弾きこみをしました。とても良い響きの、風格ある会場でした。コンサートが楽しみです。

5月12日(月)
G大日。近くて助かります。
終了後はアーメンなどを譜読み。ショパンワルツやら子守唄の解凍に取り掛かる。

5月13日(火)
今日は池袋と溝の口のハシゴ日です。月末からはさらに仙川が付け加わる3校ハシゴ日になる予定・・・
池袋はS先生から引き継いだ院の「器楽特殊研究」というクラスの担当、僕の出したテーマは「フランスのピアノ音楽」
今日は具体的に取り上げる曲決めや学生からの要望吸い上げ、一年の計画を少しずつ立てる「会議」になりました。
終了後即溝の口に移動、今日もこちらの食堂は美味でございました学生もみな良い子たちです。

5月14日(水)
今日も丸一日仙川dayです。仙川には11時間近く居るけれど、正味は7時間の勤務、昼は魔女カレー。
正直、しんどいですね・・・でも、まだこれから室内楽が増えたら・・・どうなることやら。

5月15日(木)
池袋day、6時間の勤務、だんだん何が何だか分からなくなってきたので、分厚いノートを購入し、生徒のやった曲などちゃんとメモし管理することにしました。終了後はヤマハに寄って楽譜を調達。

5月16日(金)
今日も池袋、室内楽はシューベルトの弦五をとりあげる、とりあえずみんなでCD通して聴いたんですが、涙が出そうになっちゃいました。やっぱこの曲は素晴らしい!このような素晴らしい室内楽の世界で、ピアニストができることはなにか?というテーマ、熱く語っちゃいました。
しかしレッスンは冷静に・・・今日はあわせて7時間勤務です・・・

5月17日(土)

午前中はG大で長尾先生とアーメンの合わせ、初めて最後まで通して合わせましたが、まだ自分の音を追うのが必死で曲の全貌を見るところまでたどり着けませんでした。上記のような労働をしながらあと一週間で本番まで持っていけるかが不安・・・
終了後は、とある会合が同じくG大であったので、参加、いちおう設立総会だったようで、歴史的瞬間に立ち会ったわけですな!
僕は、教育の世界でも、まだまだ沢山勉強しなければいけません。
懇親会のお酒はほどほどにして、帰宅後練習しました・・・

5月18日(日)
この日は抜け殻でした。
もう疲れてしまって・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして。ドビュッシーの音楽に引かれてやってまいりました。

物凄い過密スケジュールですね!
これだけ毎日教えに行き、レッスンを受け持ち、その上で本番を見事にこなしているなんて、さすがプロだなぁ、と感服しました。
私も音楽を勉強している者なのですが、自分の練習だけで手一杯になってしまいます。菊地さんのブログを読んでいると、自分が不甲斐無くなりますが、「私も頑張らなくちゃ!」と気合いが入ります。

これからも応援しております。体調に気を付けて頑張ってください!
【2008/06/01 15:27】 URL | #- [ 編集]


ご来訪ありがとうございます。

まぁ・・・これがプロなのでしょうね。
なんで学生の頃ってあんなに時間が有り余っていたのか・・・不思議で仕方ありません。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!
【2008/06/06 01:18】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/144-2b09ff32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。