リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2連コンサートの顛末は!?
ついに6月に突入しました。
5月の記録はキチンと片付けておきましょう。第4週の記録!

5月19日(月)
フツーにG大勤務。五月病の相談を受けるも自分もちょっと五月病気味で・・・

5月20日(火)
朝は池袋の講義、ドビュッシーの映像Iについてのマスタークラス。
終了後は護国寺の高校に移動、芸術特別講座、という講演。
音楽家として生きるのはどういうことか、いかにして音楽を学ぶ自分のモチベーションを維持していくか、ソルフェージュをはじめとした実技以外の科目がいかに大切か、音楽に携わる幸福とは何か、について一時間ばかり自論を語り、最後にメシアン弾かせて頂きました。全員ではないにせよ熱心に耳を傾けてくれた子が少しでもいると、やっぱり嬉しいもんです!頑張れ後輩たち!
そんなわけで溝の口は今日はお休みさせて頂きました・・・
終了後は即上野に移動、G大の第6ホールで長尾さんとアーメン、向かい合わせで弾くのは初めて・・・まぁなんとかなるかな??しかしすごい湿気でした・・・帰ってさらう。

5月21日(水)
仙川日、今日のお昼はなみはな(笑)食後にスタバでコーヒージェリーフラペチーノというのを平らげメタボに接近か??笑

5月22日(木)
池袋日、朝は自宅でさらい、午後から重役出勤、学食でそばを啜ってから仕事をはじめ、夜まではたらく。最近学校まで都電を愛用してます。回数券まで使ってるし、笑

5月23日(金)
今朝はJスタ(小ホールみたいな部屋)がとれたということで、午後の室内楽を朝やってしまう。今日本番の4人によるバルトークの2ピと打楽器のソナタ、エキサイトしました!!
でも、エキサイトしすぎたのか耳の調子がおかしぃ・・・生徒クンが教えてくれた鬼子母神(雑司ヶ谷の方ね)裏の梅もとのつけめん初体験。大盛りいくらでも追加無料なんだけど、とりあえず2玉にとどめておく。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~toukatu/umemototukemen.htm
午後はレッスン、しかしあまりに疲れていたのか合間にレッスン室で練習するつもりが昼寝をしてしまう。誰か覗いてびっくりした方がいらっしゃったらごめんなさいね・・・
終了後は池袋でT朋の生徒のSちゃんと待ち合わせ、フメクリについてきてもらう、行先は浦和の長尾先生宅。合わせはまぁまぁ順調に終わり、終了後はちょっとした雑談、しかしこのころから急速に気分が悪くなる。浦和駅まで送ってもらい京浜東北線に乗り込んだあたりから記憶なし、日暮里で降りてバスろうと思っていたのに、気付いたら鶯谷、テクテクあるいて家について、冷や汗たらしながら布団にもぐりこみました。明日の本番が不安です・・・

5月24日(土)
心配していたけど朝方には体調は戻り、普通に練習して奏楽堂でGP。空き時間が長かったので皆で谷中デニーズへ。けっこう長居して雑談。そのあと、ちゃんと自分のレッスン室で、今日の曲と明日の曲と両方練習しましたよ!!

東京藝術大学奏楽堂
藝大プロジェクト '08 メシアン生誕100年
レクチャー
[15:00~16:00] 「光と影のピアニスト」
講師:小鍛治 邦隆(作曲家・本学作曲科准教授)
コンサート
[16:30~] 4つのリズム・エチュード Pf:川崎 翔子
幼子イエスに注ぐ20の眼差し より Pf:前田 健治
アーメンの幻影 Pf:長尾 洋史、菊地 裕介

出番が最後だったので誰も聴く余裕がなかったんだけど、みんなうまくいったようです。僕たちも、小規模な問題はあったものの、本番モードに入り良い音楽は出来たかと思います。
終演後は永野氏、そして元同級生のSebastien君などが挨拶に来てくれてビックリ、EICの現役ピアニストの3人中2人が来てくれるなんて、嬉しいやら恐ろしいやら・・・・!??
今日は打ち上げもなく帰宅し、明日の演奏会の準備

5月25日(日)

朝から国立へ。
リハ時間を少し長めに取らせてもらい現地でバッチリさらう!

第11回くにたち兼松講堂 音楽の森コンサート
「ピアニストたちの夢の競演」
菊地裕介    ショパン マズルカ op.33-1
        ドビュッシー 映像 第一集より「水の反映」
        ショパン   子守唄 op.57
        ドビュッシー 前奏曲集 第二巻より「花火」 
アンコール:ショパン ワルツ第5番

野原みどり   ラヴェル 水の戯れ
        リスト 巡礼の年第2年”イタリア”より 「ダンテを読んで」
アンコール:愛の夢3番 

神谷郁代    モーツァルト ロンド イ短調 KV.511 シューベルト 即興曲
アンコール:楽饗の時、第3番

江口玲     ガーシュイン(江口玲編)ラプソディー・イン・ブルー
アンコール:星条旗よ永遠なれ  

みんな良い演奏だったと思うけれど、江口さんはさすがエンターテイナー、会場は湧きに沸きました。サイン会もなかなかの盛況、僕のCDも着実に在庫が減って行きます!!
すべて終了後は国立ならではの素晴らしいイタリアンで打ち上げ。僭越ながら僕がセレクトさせていただいたワインも美味しかった!
関係者の皆さん、今日はホンマに素晴らしい機会をありがとうございました。こんな大先輩方と同じステージに立てて本当に嬉しかったです。
来てくれたお客様、僕のかわいい生徒たち、みんなどうもありがとうm(__)m
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/146-c5936edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。