リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000円ペトルーシュカ!
東響ペトルーシュカのリハで毎日川崎に通っています。

2008年6月7日(土)18:00開演
サントリーホール
東京交響楽団第557回定期演奏会
http://www.tokyosymphony.com/concert/suntory2008.html
tirashi 025


2008年6月8日(日)14:00開演
ミューザ川崎シンフォニーホール
東京交響楽団川崎定期演奏会第16回
http://www.tokyosymphony.com/concert/kawasaki2008.html
tirashi 026


指揮=ミッコ・フランク
ヴァイオリン=山田晃子
シューベルト:歌劇「フィエラブラス」序曲
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(ピアノ=菊地裕介)

なんでも音大生は1000円のチケットがあるらしいです。
今すぐ044-520-1511に電突Go!

さて、日記。

5月26日(月)
通常のG大日、ただし、帰宅後も一人個人レッスン、まだ疲れが抜けきっていない・・・

5月27日(火)
ついにやってきました。3連出講日。
まずは池袋、今日のお題は「高雅にして感傷的なワルツ」
やっぱりラヴェルは良いですねぇ!
続いて溝の口へ移動、早く副都心線が開業すると少し便利になるのですが・・・
溝の口の楽しみの一つ、教員食堂のカレーは今日も美味でしたが、K地先生にお会いできて色々と興味深いお話を聞かせていただきました。
終了後は仙川へ、中学時代の通学の足、南武線通勤にカムバック・・・
今日から室内楽の指導も始めました。しかし、希望者は10組もいるのに実際連絡を受けたのはまだわずかです。みんな後期になってから殺到するらしいのだけど、それでは10組もこなせないので早く連絡くださいね

5月28日(水)
通常の桐朋日です。
今日は終了後学ホで一休みしていたら学生というか友人、というかの一群に出くわしたのでそのままオーゼンヤで食事しときました。こんな安らぎのときも久しぶり・・・

5月29日(木)
池袋レッスン日、何事もなく平穏に一日を終わり、池袋で一人ラーメンをすする、笑

5月30日(金)
池袋日、なのですが、今日は健康診断があって・・・
身長体重、視力聴力、尿検査に血液検査、レントゲンに・・・・
メタボ検診!!
僕の胴囲は、基準まであと1.5cmに迫っていました。ヤバイヤバイ。
しかし、女性の90cmはずいぶんな気もしますが、男性の85cmはフツーに体格よければありうるでしょう?基準がおかしいとしか思えません。
もっとも基準を超えると項目別の診断になるようで、85cm超即メタボ、というわけではないようですが・・・
室内楽は、メントリ、燃えますね。この曲!
すべて終了後は広尾のノルウェー大使館へ・・・
実は友人家族の紹介で日本-ノルウェー協会というのの会員にさせていただいたところで・・・一度もかの国に足を踏み入れたこともなくグリーグくらいしか知らないのですが、これから音楽家として両国友好の一端を担えたらと思います。パーティーの席にピアノがあったのでさりげなく営業しときました・・・!

5月31日(土)
久々の休日!自宅で2人レッスン、その後ペトルーシュカをさらう。

6月1日(日)
天気が良かったので自転車を転がす。
不忍通りをずっと池袋方面へ・・・
東京音大は自転車(電チャリだけど・・・)だと約30分で行けることが分かりました。電車よりはやいじゃん?天気の良い日はチャリ通することにしよっと!
帰宅後、1人自宅レッスン。その後さらう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

昨日サントリーホールへ行ってきました。
ペトルーシュカの原曲ってあんなんだったんですね。
オケの殆どの楽器が大活躍。
ピアノもオケの一員状態なんですね。
予備知識なしで行ったもので…
ピアノのソロが少なくって(もっと聴きたかったのに)
残念だったので、帰りにCDを購入。
今日かぼちゃを煮ながら、CDを聴き解説を読んでいたら
かぼちゃが黒焦げにv-406
とても綺麗な音色だったので今度は是非ソロリサイタルに
行きたいと思っています。
【2008/06/08 22:43】 URL | yuma #- [ 編集]


菊地先生の授業、とても楽しいです。
また勉強になるところがたくさんあります。
これからも楽しみにしています。(T音大生徒)
【2008/06/11 13:49】 URL | #- [ 編集]


>>yumaさん
ありがとうございます。
確かに、ピアコンとは全然違うプロポーションですね。それでもピアニストの性か一所懸命目立とうと努力したんですが限界がありました。
かぼちゃ、ですか?今はニュージーランド産とかがあって一年中食べられるんですよね。
おいしそうです。

>>生徒さん
不慣れなもので、いい加減なところがあったらごめんなさい。
一年間で必ず何かを感じてもらえるように努力します!
【2008/06/15 00:05】 URL | 管理人 #wdA7abjE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/147-3a7bf6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。