リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本番=休暇、ということ・・・?
6月2日(月)
G大レッスン日。通常の業務をこなす。
今日は居残りもせず、入谷で買い物してさっさと帰る。

6月3日(火)

今日から学校を休んでペトルーシュカ練習に励みます。
平日で休みを取れたのはかなり久々かも・・・
とある4000字の原稿を書かねばならぬこともあり、引きこもりました。

6月4日(水)
今日から東響ペトルーシュカのリハ開始。
ミューザ川崎はとても響きの良いホールです。
オケの後方で弾くのは初めての経験で、やはりソロの時とは違い、最初はどう振舞ってよいものかわからず、バランスも違和感があり苦労しました。
指揮のミッコ・フランク氏はとりあえず写真と違いすぎ・・・年下とは思えない貫禄たっぷり、実際、素晴らしい実績の持ち主ですが・・・
指揮っぷりも、わかりやすい、というタイプではないですが、要所要所で音楽的なメッセージがたくさん伝わってくるスタイルです。
思いのほか早く終了したので、帰りがけにアキバに寄り道。主に石丸でペトルーシュカやヴァイオリン、チェロなど何枚かのCDを買う。

6月5日(木)
今日もミューザで朝からリハ開始、
帰りがけに東京駅の地下で今晩のお土産を探すついでに自分向けにもワインを買ってしまう。しかしこの駅は改札内のエキナカが充実してますね。
夕方、市ヶ谷に出かけ母校の後輩のデュオコンサート、さぞや色んな知り合いに会えるだろうと意気込んで出かけた・・・のに知ってる人がほとんどいなくて鬱になる。かといって自分にもほとんど声がかかるわけでもないし・・・アウェー感を味わう。あぁこうやって世代が入れかわっていくんだろうな、100歳まで生きるとこんな気分なのかな?とか考える。
コンサート自体はよく練りこまれていて、後輩たちが精一杯頑張ってる姿はとても刺激になりました。見た目にも美しく目の保養にもなりました。ハイ

6月6日(金)
朝のリハもかなり短めで終了(今思えば今回の交代劇の予兆だったのかも)、今日は有楽町でビックカメラに寄ってしまう。普段は学校帰りは疲れてしまってそれどころじゃないけど、今週は毎日寄り道させてもらって優雅な生活でした。本番サマサマです。

6月7日(土)
ついにサントリーデビュー(笑)の日です。
10404765_4218250861.jpg

(早く携帯を変えないと・・・)
朝食も取らずお昼過ぎにゆっくり出かけアークヒルズのスープストックで昼ごはん。楽屋入りする。でもこのホールの楽屋口って荷物を持った歩行者に優しくない作り。出演者はクルマで来るものと決め付けないで頂きたい!
でも着いてビックリだったのはなんとフランク氏急病によりキャンセル、という事態。そして代振りはなんと飯森さん、この方とは不思議なご縁があるんだろうなぁ・・・
さすがにオケの皆も最初は戸惑いを隠せない感じだったけれど、コンサートではちゃんと水準まで持っていくんだからさすがにプロですね。何よりこの緊急事態を立派にこなされた飯森さんの即応力には本当に脱帽です。自分はオケ中演奏初体験、ということもありかなり緊張してしまったけど、どうにか役目は果たしたと思います。
コンマスのTさん、友人のOちゃんと三人で軽く内輪の打ち上げ。

6月8日(日)
今日も朝食抜きで、ミューザの下のリンガーハットで食事。直後にGP入り。昨日のサントリーと比べてもミューザ川崎はやっぱり良いホールです。楽屋でテレビつけたら秋葉原通り魔とのニュース速報が・・・
現場はとても身近な場所だし、数日前も駅の反対側とはいえすぐ近くをうろついていたような場所で、こういう事件が起きるとは非常にショックで、ケータイとかで情報収集に励んでしまい気もそぞろ・・・
でも本番30分前には気持ちを整え、着替え、指慣らしをしていざ本番。
今日は昨日よりもずっと良いデキだったと思います。サントリーでもこれくらい出来たらなぁ、という思いもあったけれど、これも昨日、今日と楽団、指揮者、そして僕も含めステップを踏んできた結果です。今日の演奏を残せたことに感謝しましょう。
終了後は飯森さんを囲んでラゾーナというショッピングセンター内のベルギービール屋さんで飲みました。川崎、かなり栄えていて、楽しい町ですょ!
日暮里で食品を買い物して、帰宅後は一旦撃沈するも、デスクワークをこなし、今こうして日記を書いている次第です。

末筆ですが通り魔事件の犠牲者のご冥福を心よりお祈り申し上げます・・・特に芸大の音環の学生さんが犠牲になったことは、同学の教員としても、彼らに支えていただく立場である演奏家の一人としても痛恨の極みです。 僕自身は面識がなかったのですが、僕の生徒にも直接の知人が多く、彼らは本当にショックを受けています。
宅間事件との奇妙な符合も不気味ですが、故意に人を痛めつけることのできる神経って何なんでしょうかね?ましてや無差別殺人・・・もう人間の理解の範疇を超えてます。間違いなく死刑になるとは思いますが、結局何の解決にもなりませんね・・・「世の中が嫌になった」そうですから、この加藤智大(25)は死ねて本望でしょう。自己解決能力の低い人間が社会にとっていかに害悪であるかそろそろ真剣に議論すべき時だと思います。即ち心の教育の重要性を訴えなければ、ということです。ジャン・バルジャンを想像上の産物にしてはいけません・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/148-b47682c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。