リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戻ってきた?日常
6月9日(月)
G大。今日は夕方早く出ないといけないので詰めてレッスン、休むまもなくノンストップで・・・疲れました。秋葉原無差別殺人の件もあって深刻なムード・・・でも、僕らは頑張って生きていくしかありません!
終了後は根津から初台へ直行、今日は永野さんがN響と「異国の鳥たち」を弾かれるのです。しょぉさんと待ち合わせてコンサート会場へ、スコア片手に永野さんのメシアンを堪能しました。しかし下野さんって小柄な方なのにとってもパワフルなんですね!
終了後楽屋へ行くところでH本先生など知り合いに遭遇、そして極めつけはK村H子ちゃんと感動の再会!H市時代にマンション一緒だったんだよね。いまやスターになられて頼もしい限り!
永野さんにあいさつした後、しょぉさんとH子ちゃんと3人でゴハン食べて、ご機嫌で帰ってきたのですが・・・帰り道、秋葉原で地下鉄を乗り継いだとき、神田川を渡りながら本当に暗澹たる気持ちになりました・・・

6月10日(火)
朝の授業はドビュッシーのエチュードのはじめの4曲について勉強しました。1人お休みで、急遽僕が3度弾いたのですが、さすがにやばかったです・・・
終了後は即溝の口へ、この道のりも慣れて来ましたが、目白から山手線に乗るのは今回が最後かも・・・(実際はこの翌々日も使ったのですが)今日は生徒さんを2人教員食堂に連れて行く。少しはサービスしないとね!と思ったんだけれど、2人ともコーヒーで良いそうです。遠慮せんでもいいのに・・・
洗足終了後は即桐朋へ、明日のヴォスクレ先生の特別レッスンに推薦した2人を繰上げレッスン。くたびれました・・・
日暮里で買い物、帰宅。

6月11日(水)
桐朋日、朝は普通に授業して、午後はヴォスクレセンスキー先生の特別レッスン、久々の再会を果たしましたが、相変わらず素敵でいらっしゃいました。「Fortissssimoooo-!!!!, Cresceeendooo!!」は健在でした!笑
帰りがけに生徒を連れて歩いていたら商店街のI氏に遭遇、最初はただの雑談だったけど、真面目に聞いていたらありがたーいお話を頂きました。まぁ僕は人生やり直しだと思って、ここから積み上げるつもりでいるので・・・前向きですょ!日々、感謝を忘れずに生きていこうと思ってます。

6月12日(木)
朝は疲れて沈没、昼から東京音大でした。
終了後、今日は第1回クラス会を企画したのだ!最初は4校合同のつもりだったんだけど、どうも生徒たちの都合がかみ合わなくて、結局池袋と仙川の合同クラス会になりました。それでも僕を含め総勢17名で、楽しくやりました。
歌舞伎町の「浪漫亭」なかなかいいお店でしたよ。たいへんお世話になりました!
行きがけに、東京音大から引率して行ったのですが、途中ではぐれたり目白駅ミステリーが起きたりして(待っていたつもりが地下道を渡っている間に追い越されていた!)波乱万丈でした・・・
でも、とても楽しかったです。みんなも楽しんでくれたならいいんだけど。

6月13日(金)
朝は調律師さんに弦を張ってもらう。
11時から東京音大、学食でカツオ丼納豆がけを掻き込んでいると男の子に声をかけられる。ウチのマンションの住人さんなんだそうな・・・僕もだんだん面が割れていきますね。公人化ってやつかねぇ・・・
室内楽のクラスはスプリングソナタ、いやぁ、やっぱりベートーヴェンはいいですねぇ。ヴァイオリン大好きだし!
終了後は健二先生のリサイタルで文化会館へ、学生2名引き連れて急いで行ったのですが、おなかがすいた、ということで途中大塚の駅で吉野家に寄る。なんと初体験だそうな。ここが一番はやいんです!2人が希望したフレッシュネスなんて何分かかることやら・・・

文化会館でも行動には気をつけないとね、笑
開演前に先生は日曜日の事件を偲ぶ曲を一曲。しんみりしたムードになるもその後はバラエティに富んだ曲を聴かせてくださいました。
健二先生のシューベルト、4楽章が枯淡の境地ですごく好きだったな。
生徒と一緒に先生に挨拶して、会場で会った子とリモネッロで軽く飲んで帰宅。

6月14日(土)
今日は朝から4名、6時間にわたって自宅レッスン、北の大地からのお客さんもいらっしゃいました。はるばる来てくれてどうもありがとう!夕方、全て終了後、やっと自分の練習・・・!ヤバイヤバイ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/149-6d90aeac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。