リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年のスピード
ども、お久しぶりです。

6月24日(火)
朝は東京音大、昼は洗足、夕方以降は桐朋、といういつものパターン、
朝の東京音大、これでドビュッシーのエチュードは見事完結いたしました。洗足はいつも通り、桐朋ではショスタコのコンチェルティーノなどを勉強しました。

6月25日(水)
いつも通り6時起床7時15分出発で桐朋へ、1,2限の授業をしっかりこなし、お昼も食べずにいったん帰宅。
軽い睡眠と食事の後、表参道パウゼへ。約1時間のリハーサルののち、開場、本番。

第136回トレモロ会
カワイ表参道 パウゼ
リスト 巡礼の年 第3年より
エステ荘の噴水
ドビュッシー 映像 第二集より
金色の魚
      前奏曲集 第二巻より
花火
フランク 前奏曲、コラールとフーガ

プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」からの10の小品Op.75 (1937/1937初演)より
~マーキュシオ(Mercutio)
~別れの前のロメオとジュリエット (Romeo bids farewell to Juliet)

メシアン 幼子イエスにそそぐ20のまなざし より
第5曲 「御子を見つめる御子のまなざし」 第6曲 「神により、すべては成された」 第19曲「われは眠る、されど私は目覚め」 第10曲 「喜びの聖霊のまなざし」
アンコール
武満 雨の樹素描II
メシアン 鳥の小スケッチ 第2曲クロツグミ

当日の練習がリハの1時間だけだったので、かなり怖い思いをしてしまいました。あくまで自分にとっての問題。ですが。
さて、終了後、司会者の方が、マイクを持って僕の生徒たちのところへ・・・
「菊地先生はどんな先生ですか・・?」
2人揃って、いわく
「優しい先生です
うーん、素直に喜んでいいものか・・・?そんなに底の浅い人間ではないぞ!!
来てくれた皆さま、どうもありがとうございました。
終了後はおとなりの素晴らしいお店で打ち上げをしてくださり、午前帰宅。

6月26日(木)
朝は疲れを癒すべく少し長めに睡眠、しかしお昼には東京音大へ出かける。
20時前に終了後、メトロポリタンホテルにて、今、大学のマスタークラスで生徒たちがお世話になっているネルセシアン先生を囲んで懇親会。またずいぶんと飲んでしまいました・・・
それでも帰宅後明日のメニューをさらう。

6月27日(金)
東京駅朝8時前のこだまで掛川へ。ここに来るのもだんだんおなじみになってきました。今日はちょびっと演奏&英語トークの仕事でした。詳しい内容は機密、ってことで・・・笑
終了後は急いで池袋へ、午後のレッスンはきちんとしました。そして、帰宅後即座にもう一人レッスン、22時ごろまで休まずみっちり働きました。

6月28日(土)
自宅で7時間にわたりレッスン、それでも自宅だから楽といえば楽です。
桐朋以外の学校も自宅レッスンを公式に許可してくれると助かるんですけどねぇ・・・楽譜や音源も沢山あるし・・・

6月29日(日)
音教の試験のため8時には出発し仙川へ・・・
音教の小学校低学年の生徒さん、そしてお母さんがたを見ていたらなんだか懐かしい気分になりました。ついこないだのことのように思えるのですが・・・もう20年もたっているのですね。
H野先生と10ウン年ぶりの仙川某喫茶Pでお茶。この店も変わってなさすぎ・・・またこれからひいきにしようかしら。
その後学校へ戻り室内楽を一組レッスン、日暮里で買い物して、18時ごろに帰宅し食事をしたら、もう撃沈でした。

6月30日(月)
今日も9時15分出勤、いつものようにG大日。
合間にはちょっとした作曲のお仕事。19時半ごろ帰宅後、1名レッスン。
終了後は昨日買った子持ちカレイを煮つけ食事をして、ひさびさにfinaleに向かい清書をする。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは。某音大に通う学生です。ブログをいつも楽しく拝見しております。

菊地先生のドビュッシーを拝聴しました。ドビュッシーは捕え所がなく、なんとなく「ぼや~っとした曲」というイメージが強くて苦手でした。自分で弾いたときも単に「うすきれいな曲」にしかならず、案の定演奏は印象の薄いぱっとしない出来栄えでした。
しかし、菊地先生の演奏はメロディーと背景のコントラストが見事で、「こんなにいい曲だったんだ!」と驚きました。ドビュッシーが立体的に聴こえるなんて、今まで知りませんでした。先生のpの音色がとても好きです。

ところで、菊地先生は作曲もされてるんですね。演奏会で発表、なんてことはされないんですか?
作曲を勉強すると、作曲家の視点から曲を見ることができるようになりそうですね。感性と理論があってこそ、すばらしい演奏ができるのでしょうか。

今度はリサイタルにお邪魔したいと思います。暑い日が続きますが、お体に気を付けて頑張ってください。
【2008/07/09 17:22】 URL | Itachi #- [ 編集]

どうもありがとう!
ご訪問ありがとうございます。
作曲、といっても、現代藝術作品として公開できるような代物ではないため、
舞台で弾くことはないでしょうね。
僕には、芸術作品としての価値がないものを舞台で弾くべきではないというポリシーがありますので、今のところは・・・
自作のカデンツァ、くらいならあるとは思いますが。

ドビュッシーの魅力、ぜひ皆に広めてください。とても誤解されている作曲家、だと思うので。
【2008/07/15 01:08】 URL | 管理人 #wdA7abjE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/152-70d1d388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。