リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日限りの引き篭もり
7月15日(火)
8時10分出勤。
昨日に引き続き桐高3の試験、お昼過ぎには終了する。
そして洗足へ、いつものように2時間レッスンし、
すみだトリフォニーに向かいました。
桐で二重奏を教えているお2人の演奏会だったのです。
ラヴェルのスペ狂に、ショスタコのコンチェルティーノ、基本的にとてもよい演奏でしたょ。

終演後、ともに指導しているF先生も交えて写真を撮ったのですが、出来上がりはかなりショッキングなものに・・・笑
7541442_1049766386.jpg

美女に割って入った怪しさ満点のオトコたちって感じです。やはり女の子を真ん中に入れたほうが絵的にはきれいですね。そして僕のお腹もヤバイですね。服にも原因がありますが・・・最近、コンタクトの不調でこの日もメガネだったしね。

ストレスストレス、って言ってて明らかに食べすぎでした。
反省します・・・
そして夏休みで-3kgを誓います。

桐の学生数名と軽食を取り、終バスで、22時15分帰宅。

7月16日(水)
8時10分出勤。
今日も桐、高1、高2のpf試験。ついにそれぞれ1人ずつの自分の生徒が登場します。やはり自分も緊張しましたが、彼らもそれなりに頑張ってくれたのでほっとしました。あぁ今ぞ思い知る恩師のキモチ・・・笑
終了後は、副ピと二重奏のレッスンで2時間ちょっと働き、それからメールボックスのチェックなど雑用で池袋へ。
そのまま、池袋で後輩と食事しました。この間I井先生が講師の会合で使った地下のちょっといい雰囲気のお店。
いろいろあって精神的には微妙な経過でしたが、あらためて自分を見つめなおした、そんな一日でした。最近、なかなか素直に表現できません。結果的に、誠意を見せられない人間になってしまいそうで心配です・・・というか自分の思っていることを100%表現できないのは辛いものです。でも、大人になるためにはそれが必要なのだ!(なんのこっちゃ?)
23時30分帰宅。

7月17日(木)
自宅で朝10時から、夜までレッスンしました。
生徒たちと人生についていろんな話をして、
なんだか僕もずいぶんと癒されました。

7月18日(金)
8時5分出勤
今日も桐、大学副ピの試験。例によって生徒が3人登場。どうにかこうにか無事に終わりましたが、とにかく長丁場でした。9時半から15時過ぎまで延々と56人聴くのはかなり辛かったです。
終了後は、二重奏レッスンを2組4時間。2組目の2人とは、先日のコンサートの反省点を含めてみっちりとやりました。F井先生とも連携をとって、頑張ろうね!終了後はO膳屋で3人で食事、懇談。
帰宅途中、仙川駅ではK冨クン、電車の中でG大生徒のやぎぃにバッタリ会う。不思議な一日でした。
山手線が何度も止まって遅延、0時40分帰宅。

7月19日(土)
こんなに何もしなかったのは何日振りでしょう?
引き篭もりました。誰にも会わずに過ごしたのは、おそらく5月18日以来2ヶ月ぶりだと思われます。それでも10本程度の電話に20通程度のメールからは逃れられませんでしたけれど・・・

色々と、考えごとをしたり、残務を整理したり、
ゆっくりすごすことが出来ました。また明日から一週間、ふつーに仕事ですからね・・・
忙しくて日に何十人と会っても、孤独なんだ。って書いたこともありますが、一人で居れば一人で居たで、やっぱり孤独ですね。気楽ではありますが。
なかなか精神が満たされる日は来ないみたいです・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/155-8409eaf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。