リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kcal消費し補充され・・・奥多摩ハイキング☆
8月8日(金)
世間ではオリンピックとかやっていたようですが、こちらお構いなし。
昨日突然決まり、今日は奥多摩にハイキングに行きました。
メンバーはT京音大K音氏のクラスと僕のクラスの合同+T朋やG大、個人的な友人などとにかくまぜこぜに召集かけまくったのですが、うちのクラスは集まりが悪くて、結局ダブルの子が一人ということに・・・もうちょっと人気集めないといけないですね・・・

朝7時40分出発、山手線は人身事故で止まってて、乗った京浜東北線は劇混みでノロノロ、約束の電車に乗り遅れてしまった!と思ったのですが、結局中央線も遅れていたので目的の青梅行きに乗れました。
立川で他のメンバーと合流、青梅でさらに奥へ行く電車に乗り換え、たのですが、これが中央線の新型車と一緒で興ざめ、奥多摩行きは旧型電車でないと気分が出ません・・・

まぁともかく、車内での協議の結果御岳駅で降りることに決定、バスに乗ってケーブル乗り場に・・・ここでいきなり急坂の洗礼を受けて一同汗だく!
しかし、キビ大福を一人一個ぱくつき元気を取り戻し、めげずにケーブルカーで上を目指します。
19074921_31956151.jpg

一気に標高が高くなり、気温も過ごしやすいものになりました。リフトに乗り継いでさらに上の展望食堂で食事。テラス席がとてもとても気持ちよかったです。
19074921_631097415.jpg
そしていよいよハイキング開始となったのですが、やはり猛暑日を記録した下界同様、上も山道を歩くには暑かったです。一同ヘトヘトになりながら御嶽神社へ。
19074921_18674519.jpg
19074921_138405951.jpg
一通り参拝後は、とてつもない悪路で奈落の底へ落ちるほど
の急降下、ここは写真を撮る余裕もなかったです。目指したのは七代の滝。もう再び上へ上がることなど想像できないほど降りて、降りて、降りて足もガクガクになったころ、やっと滝に到着できました。
苦労した甲斐はあって、人も少なく水の音だけが鳴り響くとても素晴らしい空間でした。
19074921_561421379.jpg
もと来た道をたどるのはいやだなぁと思っていたら、そこに階段を発見、そちらから登ったらのぼりにもかかわらずかなり楽でした。天狗岩という大岩に遭遇。もちろん岩登りをする。

そして今度は楽チンな整備されてた登山道を帰ってきました。
19074921_1577425646.jpg
しかし、今回の景色なんか見覚えあるような、と思っていたんですが、帰ってきてから気が付きました。どうも中2の遠足で、今回の場所を含めて、ケーブルにもバスにも乗らずにはるかに長い距離を縦走していたようですね。でもわりと平気だった記憶があるので、やはり体力低下??でも、この暑さと、その時は行かなかった滝へ降りる悪路のせい、ということにしておきましょう。

下山後は、女子が全員帰ってしまい、野郎だけで百合ヶ丘の焼鳥店へ向かったのですが、それも何なのでメールをバラまいたら、大学院の娘がひとり来てくれました。
素晴らしい鳥と、素晴らしい青ヶ島の芋焼酎「あおちゅう」をいただきました。「あおちゅう」はあまりに素晴らしくて、ネットで6本注文してしまいました。今度のみましょーね!
19074921_1809599614.jpg
19074921_934308619.jpg(食べかけで失礼します)
しかし結局こうなるんですね。消費したカロリーはしっかり補充しました。
その後も近くの居心地のいいバーで楽しく過ごし、深夜帰宅いたしました。
K音さん、本当に楽しい一日をありがとうございました。そして、ご馳走様でした。楽しいお話の数々も最高でした。「常に人を喜ばせることを考えて徳を積め」との御言葉、身をもって実感しております。笑
やっぱり生来のエンターテイナーですね。はい、楽しんでます
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/165-7ba6fbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。