リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小中学校ツアーを終えての雑感
さて、そんなわけで東京に帰ってきました。

鶴岡の小学生たちはもう純粋にかわいくって、あんなにスレてない子達は久しぶりに見ました。台東区の小学生とは何かが違う気が・・・(うちの目の前は小学校でして・・・失礼!)
海も山も見える小学校もありました。
20214091_2164512165.jpg
20214091_3567634124.jpg

さて中学生、その昔は真剣に恋愛対象に据えていましたがwww、(そりゃ自分だって若かったし・・・)今となってはやっぱり子供に見えるようになりました・・・こちらが歳を取ったということか・・・少しホッともしたりして・・・
けど、けど、たまにドキっとするような子もいたりして、あるいは数年後の姿を勝手に想像したりして妄想を膨らませてました・・・願わくは、あの子達に僕の存在がポジティブな記憶として残りますように!東京来たら優しくするょ。笑

そして学校によってかなり校風の違いがあるのを肌で感じました。小学校はともかく、中学校は特に・・・
目が輝いていて元気だったり、あるいはちょっとおとなしかったり・・・あと、部活動や文化活動への力の入れ方も学校によって異なるようだし、きっと学力もさまざまなんでしょうが・・・

実は、自分は公立の小中学校にはどこか偏見を持っていたのです。学級崩壊の話とかを取り上げた新聞記事をよく目にしていたし、自分が通っていないだけに、より一層・・・
だから、私立に通わせられるだけのじゅうぶんな経済力が身につかないうちは、絶対こどもなどいらないと思っていたのです。
でも、こんなに素敵な環境で学べるなら、公立でも良い気がしてきました。結局は本人、そして親次第だし、何よりこどもはかわいいし自分にとってのエネルギーにもなりうるのかな?と思いましたね!
ま、いずれにせよその前に踏むべきステップが山のようにあるので、当分は無理ですが・・・

あと、今回の共演者のかたがたには本当に恵まれました。

瀬崎明日香さん、渡邊方子さんとのトリオはまぁ当然良いとして、(この二人とはまもなくそれぞれに共演の機会があるので楽しみ!)

二胡奏者の劉鋒さん
http://www.officeliu.com
中国琵琶のウェイウェイさん
http://www.weiwei.co.jp/w-w/index.html
津軽三味線の小野越郎さん

それぞれにとても素敵な方でした。
劉鋒さんは隣町にお住まい、そして、ウェイウェイさんは僕の出身地の隣町にお住まいで、そしてなんとあの仙川の「ウェイウェイ台所」のオーナーの妹さんでだそうで・・・たまに店に出ているようです。
不思議なご縁ですね。紹興酒飲みにいきますね!!
小野さんは僕と数歳しか違わないのに、3児のパパ、だそうで、まったく驚いてしまいます。

・・・とにかく子どもが興味を持ってくれないことには日本のクラシック音楽は壊滅してしまいます。
最初は、「なんで自分が"千と千尋の風邪になって(笑)"なんて曲(実は今回初めて知った曲、僕は非国民wwなので・・・)を弾かなきゃいけないんだ!」とか思ってたのですが・・・
これを弾くとこどもたちみんなが「わぁ・・・!」って歓声上げて喜んでくれる、ということを知りました。
お金や自分の名誉のためだけではなく、音楽の裾野を広げるために、今後もこういう機会があればやってみようかな?と思いました!視野は広げなければいけませんね。

こどもたちに良い音楽を聞かせたいとの一心でこういう機会を企画、提供してくださった鶴岡の先生方、そして東京音楽鑑賞協会のスタッフさんたちに心より御礼申し上げます。

さて・・・
またバッハとかの世界に戻ります!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
底辺を底上げする大変さ
ども、ご無沙汰です&学校ツアーお疲れ様でした。
読んでいて、共感するところがとてもありましたよ。

特に、クラシックを知ってもらう大変さってありますよね。
別にお客さんに媚びるわけじゃないけれど、
かといって全く知らない曲ばかりではお客さんがついてきてくれないままだし…。
どこでバランスを取るのか、いつもとても考えます。

ちょっとベクトルずれるのかもですが、
それこそホロヴィッツが「星条旗よ永遠なれ」を編曲したみたいに
今なら「崖の上のぽにょ」とかを超絶技巧に編曲して披露したら
子供たちから拍手喝采かもしれませんな(笑
【2008/09/18 10:35】 URL | sako #Kfw05gbk [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/24 21:53】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/178-b54b0dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。