リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハシゴ公演一段落
9月22日(月)
25日のコンサートに向け初リハ、問題点の洗い出し。
フランク、いつか弾きたいと思って譜読みはしていたのですがなかなかヴァイオリニストとの調整がつかず(1月に瀬崎さんと天童で弾くことになりましたが!)、またフルートとも一度瀬尾さんと試しにあわせたりしていたのですがなかなか機会がなく、今回やっと日の目を見ることになりました。
高木綾子ちゃん、長原幸太くんとの共演も今回初めてです。こないだ一緒に弾いた瀬崎さんもそうですが、今までは芸大系、桐朋系って感じでなかなか会う機会がなかったのですが、帰国後、同年代の活躍する仲間たちとの演奏の機会が一気に増えました。とてもうれしいことです。

ドビュッシーの牧神は二人の所有する楽譜の編曲者が違い、再度手直しすることを余儀なくされました・・・

日用品の買出しの後帰宅。

9月23日(火)
朝から2人自宅レッスン。所用で上野に出る。
帰りに一蘭行ってしまいました。ああいうジャンクフードってたまに無性に食べたくなるんですよね。替え玉もしっかり。カロリーが・・・

9月24日(水)
明日のコンサートのため昼過ぎから最終調整のリハ、牧神の改変オリジナル版もしっかり機能することを確認し一安心。
帰宅後はフランクの難所、そしてあさってのミニコンプログラムの解凍、練習。

9月25日(木)
朝は荷造りに追われ結局練習できず・・・
10時半ののぞみで大阪へ、新大阪でメンバー集合しタクシーでホールへ直行。
意外なことに、なんと90年代前半に遊びに行って以来の来阪でありますから15年ぶりくらいか?しかし皆で昼食を食べたうどんやさんの入っていたビルの看板には、「国鉄大阪駅方面」という矢印があり、その程度の時間の経過は全く気にならなくなりました!笑
ホールの響きは最高でリハも順調に経過し、大阪のリスナーの皆さんもノリが良く、アンコール2曲に至るまでとても熱く燃える本番ができました。
やっぱり室内楽は最高ですゎ。

前回来阪時に滞在させてもらった父方の親戚が聴きに来てくれてマジ感激でした。時の流れなんてなんでもないこと!

終了後は幸太くん行きつけの福島の鉄板焼きやさんで深夜まで打ち上げ、と相成りました。
幸太くんも綾子ちゃんもハイテンションでノリが良く、楽しく過ごすことができました。ま、独身は僕だけですけど・・・

17848725_1373945002.jpg
17848725_1625514333.jpg

2008年9月25日(木)19時30分開演
大阪・フェニックスホール
高木綾子と仲間たち
高木綾子(フルート)
長原幸太(ヴァイオリン、大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスター)
菊地裕介(ピアノ)
[フルートとピアノ]
ドップラー:ハンガリー田園幻想曲作品26
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
フランク:ヴァイオリン・ソナタイ長調
[フルートとヴァイオリン]
W.B.モリーク: フルートとヴァイオリンのためのコンチェルタンテ
[トリオ]
イベール:2つの間奏曲
C.P.E.バッハ:トリオ・ソナタニ長調Wq.151

モンティ:チャルダーシュ
エルガー:愛の挨拶


9月26日(金)
前日の興奮もありあまり寝付けないまま朝5時、起床。
6時ののぞみで東京へトンボ帰りです。今回はグリーンをとってもらってたので少し休息の足しになりました。
タクシーで浜離宮へ乗りつけ9時から早速リハ、今日はヤマハの新作ピアノの発表会というこれも大事なお仕事です。
朝は指導者、昼は販売店さま向けの2回にわたるミニコンサートでした。

ヤマハ C-XAシリーズ発表会 ミニコンサート
ショパン ノクターン第17番 ロ短調
ドビュッシー 月の光
リスト B.A.C.H.の主題による幻想曲とフーガ
ベートーヴェン 悲愴 第2楽章

C-XA、CPも良く、練習が楽しくなりそうな良いピアノですよ。ぜひお試しあれ!

終了後は雑司が谷へ移動。学食でデスクワークののち6時から東京音大のピアノ部会。同僚S君と池袋でホッピー片手にモツ鍋食って帰ってきました。ホンマくたびれましたわ・・・

9月27日(土)
朝9時半から仙川・・・昼食休憩以外はぶっ通しで20時過ぎまでレッスン。
昼食時にはウェイウェイさんにも会えました。

最後の生徒2人と新宿で鉄板焼、ワインも一本あけて、深夜帰宅しました。明日は午前中ゆっくりできるので・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/182-5edd821f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。