リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働かざるもの食うべからず
・・・とは言うものの・・・
働いていても食えないです(だってウェイトコントロールが・・・笑)

10月8日(水)
先週の休講事件にもめげず今日も7時半出勤。雨で電車は遅れるしおまけに今日は新宿まで座れませんでした・・・
後期いよいよ始まりました。昼食はスーさんとタイ料理。
夜までしっかり働き帰宅、練習。

10月9日(木)
学校は無いので週末の大変なレクチャー2つの準備。今日も必死ですよ。

10月10日(金)
8時15分出勤、池袋です。今日は欠席もなく昼休みも15分で蕎麦を掻きこむ。その後は室内楽、のはずですが今日は特別講座ということでショパンのソナタ3番について・・・本来は反則ですがみんなが望んだことだったので。楽器がちゃんと弾けてこその室内楽、ですしね。
午後のレッスンもこなし最後は今日もハノーファーのPaulinaをレッスン。ゲツケ先生にくれぐれもよろしくと伝え20時終了。帰宅、そして練習・・・涙

10月11日(土)
新宿の朝日カルチャーセンターでレクチャーコンサート。
狭い会場のC2でしたが決して弾きにくくはありませんでした。しかしお客さんとの距離が近すぎて空気感がつかみづらかったですね・・・

2008年10月11日(土)1300-1430
朝日カルチャーセンター新宿
公開講座「ドビュッシー、メシアン、武満徹」
(フランス音楽と東洋)
19世紀末、パリでは万国博覧会が開かれ、日本をはじめとする東洋の文化が多くの西欧人の目を見開かせていた。
フランスの作曲家として筆頭に挙げられるドビュッシーが青春を過ごしたのはそんな時代。
時代は下り、実際にたびたび日本を訪れた20世紀生まれの大作曲家メシアン。
そしてそのメシアンに大きな影響を受けた、戦後日本を代表する作曲家、武満徹。
これら西洋、東洋の天才たちの軌跡を、演奏を交えて探る。

とりあげたのは(ピアノの曲は全部自分で弾きました)
ドビュッシー 月の光
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲
ドビュッシー かくして月は廃寺に落ちる
ドビュッシー 金色の魚
メシアン 鳥の小スケッチ クロツグミ
メシアン 喜びの聖霊のまなざし
メシアン 7つの俳諧より山中・カデンツァと雅楽
メシアン 処女マリアのまなざし
武満 リタニ
武満 弦楽のためのアダージョ
武満 ノヴェンバー・ステップス
武満 閉じた眼
武満 雨の樹 素描II

・・・とまあ。1時間半の講義にしてはものすごい詰め込みで駆け足でしたが、どうにか話もまとまりお題目の内容は達成できたとおもいます。木曜日に思いつきあわてて譜読みしたリタニもどうにか曲になりました。

終了後は聴きに来てくれたS子ちゃんと寿司食べて帰宅しました。
少し昼寝。そして明日のためにまた練習、辛いょ・・・

10月12日(日)
今日は昨日とはうって変わってバッハのプログラム
2008年10月12日(日)19時開演
横浜・岩間市民プラザ(相鉄線天王町駅徒歩2分)
菊地裕介レクチャーコンサート
~バッハの系譜をたずねて~

J.S.バッハ(1685-1750) 音楽の捧げものBWV.1079 より 3声のリチェルカーレ
J.S.バッハ(1685-1750) 平均律クラヴィーア曲集第2巻より前奏曲とフーガ ト短調 BWV.885
ショスタコヴィッチ(1906-75) 24の前奏曲とフーガOp.87 より 第15番 変二長調
フランク(1822-90) 前奏曲、コラールとフーガ
バッハ=ラフマニノフ(1873-1943) 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番BWV.1006 より「プレリュード、ガヴォット、ジーグ」
バッハ=ブゾーニ(1866-1925) シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV.1004より)
リスト(1811-86) B.A.C.H.の主題による幻想曲とフーガ S.529

などのレクチャーおよび演奏

お昼過ぎに出発しリハ、とにかくあまり使われてないピアノのようなので必死で鳴らしました。本番はまぁどうにか最後のほうはまとまりましたが、一番持ち曲のはずのフランクが今ひとつふるわず、申し訳なかったです。やっぱりしゃべりながら弾くと集中力が飛ぶのか暗譜が危ないです。レクチャーでは譜面を使うべきだとおもいましたね・・・終了後は天王町で打ち上げし、終電で帰宅しました・・・

10月13日(月・祝)
本来なら休日なのですが朝から仙川へ・・・二重奏でブラームスのvlソナタ1番をレッスン、終了後はてしまで買っておいたおむすびをぱくつき、即練習、そして17日のために方子ちゃんと合わせをしました。
終了後は上野でヤボ用。夜帰宅・・・

10月14日(火)
朝8時45分出勤、池袋へ、今日の器楽特殊研究は歌曲づくし、ドビュッシー、フォーレ、そしてビゼー・・・
終了後は溝の口へ移動なのですがどうしても銀行と郵便局に行く必要があり、渋谷で済ませる。結果時間が押してしまい、いつもの洗足昼休みはなくなり、今日もおにぎり。
桐朋へ移動しレッスン、終了後はヘトヘトで帰宅。すでに21時、でも頑張って練習する。

10月15日(水)

7時半出勤、仙川へ、今日もフルに働きましたが、昼はK音さんの真似をして生徒にフレンチを振舞ってみる。・・・といっても「アミューズ」のランチですがね・・・たまには昼休みを優雅に過ごしたいものです。しかし、この店、行くのは数年前のクリスマス以来ですね。
19時にレッスン終了後、今日は最後まで残り、さらってきました。

10月16日(木)
本当は夜はリグット先生との会食で池袋に行く予定だったのですが、これが中止となったおかげで久々に家でゆっくりできました。
明日のコンサートの準備をする。

必死で生きてます・・・おかげで60kg台には乗らなくなりました。笑
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/18 01:31】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/22 10:25】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/185-7933b4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。