リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008秋、東海道ツアーその1終了
10月27日(月)
前日の最終のぞみで名古屋入り、つい最近来たような気がしていましたが、実は半年もたっていました。
栄のホテルで爆睡し気持ち良く起床。朝食のバイキングの内容も悪くなくしっかり食べる。
11時前に「タクシーで」会場入り、愛知芸術劇場も栄なのに・・・
渋谷で弾いてからもう3週間以上経っているから、テンポ感とかが変わってしまっていないか心配でしたが、ともかく音出しをして、ストップウォッチ片手に最終調整、楽屋弁当も完食し、本番はバッチリ無事でした。

10月27日14時30分開演
フェイラークラブ・クラシックコンサート
名古屋 愛知芸術劇場
加藤えりな(ヴァイオリン)
小峯晋(チェロ)
高橋美千子(ソプラノ)
菊地裕介(ピアノ)

ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章
リスト 愛の夢 第3番
ショパン 子犬のワルツ
シューマン トロイメライ
ルイス・ボンファ 黒いオルフェ
チャイコフスキー 花のワルツ
メンデルスゾーン 歌の翼に
ラフマニノフ ヴォカリーズ

マスネ タイスの瞑想曲
リムスキー・コルサコフ シェエラザード 第3楽章
ラヴェル 水の精(短縮版)
エルガー 愛の挨拶
モーツァルト 静けさがほほえみながら
ドヴォルジャーク 我が母の教えたまいし歌

プッチーニ 誰も寝てはならぬ

名古屋マダムはやはり東京よりノリが良かったですね。明日の大阪はどうなることやら・・・??
愛知芸術劇場は僕にとってとても弾きやすいホールでした。また来たいですね。
17848725_2303484681.jpg
(撤収作業中に)

終了後は菊地社長(右端の、今回のコンサートを主催しているフェイラー代理店「モンリーブ」の社長さんです。親戚ではないと思われます(笑)写真は渋谷の時のもので、同級生のお母様、叔母様を交えて・・・)
17848725_3692537384.jpg
に連れられ「いば昇」にて待望の櫃まぶしをいただきました。正直、ひつまぶしなんてどこかバカにしていたんですが、なかなかのもので大満足いたしました!!
5727653_558164227.jpg
(また今週末名古屋へ行くのですが、そのときは何を食べようか?)

あっという間に完食し名古屋駅に急ぎ大阪へ移動!
昨日は一人ぼっちだったけど、今日は遠足気分で楽しいです。
17848725_3037174894.jpg
17848725_1874445117.jpg

梅田のホテル到着後はまたまた、親戚のおばちゃんたちが迎えに来てくれました。小峯君は予定があったので2人の女性奏者を誘って、持ってきてくれた豚まんをパクつきつつ出かけ、お初天神裏のおそばやさん「瓢亭」にて、ゆずの香りのするおそばを、ばっちり1.5人前いただいてしまいました。
5727653_3751025048.jpg

これで4.5食目。これは完全にリバウンドですね。笑
おやすみなさい。

10月28日(火)
今朝のバイキングにはなんとたこ焼きとカレーまでありました。もちろん両方食べる・・・!
ザ・シンフォニーホールはとにかく内装が派手で(笑)さすが大阪だなぁと思いました。
17848725_2660976250.jpg
この楽屋は・・・
17848725_2086173369.jpg
なんか派手ですよね??
17848725_2905939188.jpg
こんな雰囲気のコンサートだったんです。
17848725_1289543193.jpg
司会者さまをまじえて・・・花も男もすべてが美しく見えます!笑

自分的にはこないだのフェニックスの方が好きな響きではありましたが、ここもなかなか良いホールでした。一年後に、メンコン(pfコンね)でまた来られるので楽しみですね。

10月28日14時開演
フェイラークラブ・クラシックコンサート
大阪 ザ・シンフォニーホール
加藤えりな(ヴァイオリン)
小峯晋(チェロ)
高橋美千子(ソプラノ)
菊地裕介(ピアノ)

終了後は火鍋やらビールやらワインやらを頂き(なぜか北京ダックまで出ました)満腹で、深夜帰京しました!!満足しつつも、心身ともに疲れが出て少々頭痛と寒気があったので早々と就寝。
5727653_578458288.jpg

10月29日(水)
それでも5時半には起きて、出勤の準備をしました。
計量の結果は、やはりというべきか+1.5kg またダイエットですね・・・
7時30分出発、仙川へ。
1限はカルテット聴かせてもらいました。2限でもネタとして使いましたのでたっぷりドビュカルを味わうことができました!
昼食は生徒2人連れてひさびさにアンカーのから揚げ。おいしかったです。
ワケありで途中でミーティングに出たりちょっとゴタゴタしつつも閉校時間まで頑張って働きました。22時45分帰宅。

10月30日(木)
10月16日以来の引きこもりです・・・
デスクワークをシコシコこなしながら、またあす以降のエネルギーを充電。そろそろさらわねば・・・!
明日にはまた名古屋です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/188-a8d2d840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。