リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四半世紀とはね・・・
結局、用事ののち、上野大勝軒でつけ麺食べてしまいました・・・
気休めに歩いて帰ってきましたが・・・

そうそう、さっき書き忘れましたが、
岡崎のステップの会場は、岡崎シビックセンターというところのコンサートホールで・・・定員が450名ほどにもかかわらず7-800名規模のホールと同じ程度の天井高と室内空間を持つ素晴らしいホールでした。

ピアノの調子は・・・あまりよろしくなかったようですけれどもね。
僕が弾く時にはしっかり整備してもらいましょう。

・・・そう、弾くんです。
来年の4月10日金曜日、岡崎シビックセンター
高木綾子ちゃんと中木健二くんと弾く、チェロ+ピアノ(30分程度)、フルート+ピアノ(30分)、最後にトリオ(20分)・・・ということだけ決まってます・・・
近隣の方、僕のアドバイスコメントにピンと来たかた、(あるいはピキンと・・・だったりして・・・)どうぞお越しくださいね。
あと、2月25日(水)10:00-12:00に名古屋・栄のカワイコンサートサロン「ブーレ」で「ピアニストによるレクチャー」シリーズに出演することになっているので、こちらもよろしく!
ちなみに、次の中川文化小劇場でのコンサートは、5月17日(日)14:00-
明和高校と愛知県芸の講師のサックスの堀江「裕介」さんとの共演になります!

・・・あとね、名鉄の写真、出てきましたよ・・・

20214091_3688023558.jpg

なんと四半世紀前のものでした。 場所はおそらく、さっき通った豊橋駅でしょうね。
当時、東の小田急ロマンスカーに対し、名鉄といえばこの「パノラマカー」でした。僕も乗ることを非常に楽しみにしていたのを記憶しています。
彼は当時働き盛り、22歳の青年でした・・・そして来年、引退するということになっています。確かに今回を含め、最近名古屋近辺を通ってもこの子を見かけることは殆どなかったように思います。
やはり当時楽しみにして乗った地下鉄東山線の全身黄色の電車も引退してしまったようですね。この写真の翌日、同線の栄駅で火災が発生し(消防士2名が亡くなりました)、親戚宅で見たニュースはこの話一色だったこともあり鮮明に覚えています。
当時を含め、たびたびお世話になった新幹線の0系も東海道からは姿を消し、山陽新幹線からもまもなく引退です。
子供の頃と今とはだんだん違う時代になってきているってことを否定しないわけにはいきませんね・・・
嗚呼、昭和は遠くなりにけり。結局のところ電車の話でごめんなさい・・・!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/11/07 11:17】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/192-b479faa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。