リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕焼け小焼け
11月14日(金)
池袋へ、8時30分出勤。好天に恵まれ久々にチャリ通。
昼食は久しぶりに学食で。
室内楽はホルンの子を迎えてBozzaとHindemith。
20時過ぎ帰宅。

11月15日(土)
午前出勤、G大の補講。
合間に練習、17日の曲ももちろんですが、22日の現代曲もさらう。
わざわざこの補講のために学校に来てくれた、ということで、
最後のAちゃん(今までAちゃんがたくさん登場しているので誰だかわからないですよね・・・)を連れて上野で焼肉会、ホルモン焼きにレバ刺しに・・・と鉄分を補給、貧血解消、さらに黒豆マッコリを楽しむ・・・
22時過ぎ帰宅。

11月16日(日)
午前中、練習、午後は越前よりの客人を一人だけレッスン、今日はいつもみたいに時間取れなくてごめんなさい。
終了後はG大へ赴き永野さんと最終チェックの合わせ。たくさん時間をとって頂いて、本当にありがとうございます。

11月17日(月)
いよいよ本番、しかし午前中は重要書類を作成しなければいけなかったために練習できず・・・
出発直前、それを投函するついでに本番衣装をクリーニング店へ取りに行く。
時間短縮のために乗ったタクシーが道を間違え、結局自転車で行くよりも時間がかかってしまう。
会場入りすると、すでに永野さんが楽器のチェックをなさってました。馴染んだ感じ、しかしパワーは今一つの楽器と、新しくてまだコントロールに難しさがあるもののパワフルなじゃじゃ馬。結局、反響板の位置、バランスなどを考え、前者を第1に、後者を第2に使うことにしました。GPでもまだ不安箇所が出ていたので、終了後は最終チェックの個人練習です。

本番は、永野さんの素晴らしいサポートに助けられていつになく集中して臨むことができました。不安箇所も、その集中を持って切り抜けることができました。
しかしそのことで、改めてソロ演奏の孤独感、そして暗譜で弾くことの恐怖を実感しました。少なくとも僕は譜面を見て弾いた方がはるかに集中できるようです。・・・というわけで譜めくりのEちゃんとAちゃん、どうもありがとう!
ここで、ご協力、ご支援いただいた皆様、そして当日ご来場くださった皆様に、改めて御礼申し上げます。
そして永野さん、主催を引き受けてくださった中嶋さん、みなさんありがとうございました!

2008年11月17日(月)19時開演
東京 トッパンホール
菊地裕介メシアン生誕100周年プロジェクト第2弾
永野英樹&菊地裕介デュオリサイタル
ドビュッシー 「牧神の午後への前奏曲」
ドビュッシー 「白と黒で」
メシアン 「アーメンの幻影」
ドビュッシー 6つの古代碑銘より「クロタルをもった舞姫のための」
ドビュッシー 小組曲より「小舟にて」
http://www.toppanhall.com/concert/detail/200811171900.html
7541442_1412005805.jpg
7541442_3741182175.jpg

終了後は神楽坂の中国料理店で打ち上げとなりました。一仕事終えて、料理もビールも紹興酒も、皆うまかったです。
5727653_3324269178.jpg
深夜帰宅。

11月18日(火)
8時40分出勤、池袋へ、フォーレのノクターンを弾いてもらう。
学校では学内コンクールをやっていて、生徒たちを送り出したものの、自分は次の勤務先である溝の口へ向かう。いつも通り昼食をはさんで勤務。
今日は仙川へは向かわず帰宅。
疲れがたまっていたのか、一休みのつもりが眠りに落ちてしまう。
起きてから、あわてて金曜に弾くシューベルト、そして土曜に弾く新曲の譜読みの続きをする。
23時までさらってからは、明後日の取材のために、マンション住民のEちゃんに手伝ってもらい家の片づけをしました。でも、疲れてしまい途中でおしまい。
手伝ってくれたお礼にブルゴーニュを一本空けて2時過ぎ就寝。

11月19日(水)
6時起床。いつも通り仙川へ。先週宿題を出したのが響いたのかスコアリーディングの出席率が異様に低かったです。逃げるなよ!!
出席した子たちはちゃんと勉強してきたようです。感心感心!
昼食、捕まえて同行した子があまり食欲ないとのことで昼食は回転寿司に。しかしちゃっかり高額皿食べてましたよこの人。
空き時間には譜読みの続きをしたりしながら休みも取らずに20時までレッスン、それから明後日の新曲の作曲者さんと打ち合わせ。
21時前に終了しなみはなへ、パリ時代からの仲間、ギターのO君、ピアノのH子ちゃんとお食事。夜は初めてでしたがおいしかったです!ごちそうさま。そして、久々に再会できてとてもうれしかったよ。
さらに愛車で家まで送ってくれました。実に楽チンでした。リバウンド、しましたが・・・(笑)

11月20日(木)
今日は1日家にいることができました。10月30日以来3週間ぶりのことです。
とはいえ、朝は掃除に明け暮れました。
月刊ショパン「ピアノを弾く部屋、見せてください!」コーナーの取材を受けました。大勢でいらして、部屋の写真、とられちゃいましたよ。
今まで、先輩方の実に実に立派なお部屋ばかりが紹介されてきたので、僕の家が対象になるとは驚きだったのですが、
セレブではない実際のフツーの音楽家の暮らしぶりを知るにはちょうど良いでしょう。
記事を楽しみにしてください。

でも、この家、眺めは悪くないんですよ。
今日は富士山が見えたんですが、特に夕暮れ時のシルエットはなかなか美しかったので写真に収めておきました。
9532801_1700367177.jpg
9532801_805592186.jpg
9532801_1499011501.jpg

冬の訪れを実感しました。1月に撮った昼間の写真も合わせて掲載してみましょう。
9532801_2191133785.jpg

夜は矢野玲子ちゃんと明日のために合わせ。初合わせ、そして最終合わせ・・・ 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/11/23 23:38】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/195-7823d6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。