リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週3本番終了、六本木打ち上げ
11月21日(金)
昨日はりょーちゃん帰宅後も夜までさらっていたので夜更かしになり、朝起きてからいろいろやっていたら、結局ピアノに触る時間もなく出かけることになりました。銀座に着いてから、シャネルの向かいの松屋(デパートの方ですよ。笑)の地下で弁当を物色、10分以上悩んで購入。すぐに会場入りして、すぐにパクつき、メイク中のりょーちゃんをおいてピアノに向かいました。

リハをしつつも、記録用のビデオ撮影、というわけで本番前にちょっと本番があったので、いつもより体力を削がれてのスタートでした・・・
それでも、どんどんヒートアップ。
客席の小トラブルなどに起因するちょっとしたアクシデントはあったものの、アンコールののサン・サーンスまでを猛烈に弾き切り、今日も燃え尽きた演奏でした。りょーちゃん、君はとにかく熱いぞ・・・!
昨日、初見(に限りなく近い)状態で初合わせしたシューベルトもどうにかまとまって良かったです。フランクは一番いいところを僕が外して悔しい思いをしましたが、全体としてはまずまずだったかな、と思います・・・実はヴァイオリンと弾くのは初めてでした!
お客様の熱気が会の成功を物語っていたと思います。

2008年11月21日(金)18時45分開演
CHANEL Pygmalion Days
若手音楽家によるコンサート(入場無料、要予約)
銀座CHANEL Nexus Hall

シューベルト ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲(ソナタ)イ長調D.574,Op.162(1817)
フランク ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調
サン・サーンス ヴァイオリンソナタ第1番 第3楽章

矢野玲子(vn.)
菊地裕介 (pf.)

普段なら必ず打ち上げるのですが、今日は即帰して明日の曲をがんばって譜読みしました。とはいえ1時間30分しかできなかったけど・・・

夜中、連絡してきた生徒のメール英訳につきあい、盃を傾けていたらまた2時過ぎに・・・寝ます。

11月22日(土)
起きて、支度したらもう出かける時間、20分だけピアノに触れましたが・・・

ステージリハ終了後、すぐにタクシーを飛ばし表参道のカワイさんにお邪魔になりました。これがなかったら今日の本番はやばかったです。ここで2時間調整ができ、どうにかステージに結びつけることができました。カワイのKさんお茶まで出させてしまってすみませんでした。
しかし表参道が遊び人どもで混み過ぎで笑えました。(泣き笑い)帰り道は渋滞してたので電車に乗って、津田に戻ったら本番10分前でした・・・汗
さっさと着替えて、リハ室でちょこっと音だし、すぐに本番、まぁどうにかハッタリと勢いで終了いたしました。

難しいことで不評だった浜コンの課題曲、野平一郎先生作曲の「響きの歩み」(おととしヤマハ銀座店で再演しました。)よりもずっと長いし、難しかったと思います。暗譜しないですんだのが救いでしたが・・・もっとも、暗譜するくらい弾きこんであれば発生しなかったであろう、作曲者の方に申し訳ない、取りこぼした音もたくさんあったのですが・・・まぁ雰囲気的にはできるだけのことはやりました。皆さん喜んでくださったようです。

後半は聴くことができましたが、曲によって若干好みのムラがありましたが、全体にはとても楽しめました。現音だろうがなんだろうが、やっぱり生の音楽は良いな、と心底思いました。

2008年11月22日(土)16時開演
東京 津田ホール(千駄ヶ谷)

桐朋学園大学作曲科・《作品展》30周年記念演奏会
曲目:大野愛(作曲コンクール入選作品):《波上の融点》 ピアノのための 菊地裕介(ピアノ)/原田敬子:《消失点III》リコーダーと弦楽三重奏のための 鈴木俊哉(リコーダー)松崎千鶴(ヴァイオリン)長崎紗矢(ヴィオラ)中西哲人(チェロ)/金子仁美:《閃光の瞬間(とき)~ヴァイオリン二重奏のための》 城達也、三原久遠(ヴァイオリン)/法倉雅紀:《炎の第五番》フルート独奏の為の 永井由比(フルート)/権代敦彦:《コズミック・セックス六重奏のためのOp.119》 永井由比(フルート)中澤沙央里(ヴァイオリン)丹波あいり(チェロ)渡邉弥生(打楽器)斉藤絢子(ハープ)鷹羽弘晃(ピアノ)権代敦彦(指揮)/佐藤公一郎:《谷川俊太郎の詩2編-ソプラノとファゴットのために-》 佐藤奈佳子(ソプラノ)佐藤由紀(ファゴット)/鈴木輝昭:《弦楽四重奏曲第二番》 佐橘まどか、蓑田真理(ヴァイオリン)大島亮(ヴィオラ)宮田大(チェロ)/中川俊郎:《黒猫》篠笛・能管のための 福原徹(篠笛・能管)/石島正博:《WOVEN》プリペアード・ピアノと打楽器奏者のために 中川俊郎(ピアノ)窪田翔(打楽器)<全曲委嘱初演>

津田で弾いたのは、実に12年ぶりですね・・・はじめてのリサイタル(とはいえ工藤すみれちゃんとのジョイントでしたが)がここでした。
楽屋とか、かなり懐かしかったです。
何か、以前にもそんなことを書いていたような・・・
でも、また12月5日にも津田で弾きます。これからは、もっと登場の機会があることでしょう!

東京にもまだまだ弾いてない会場が山ほどあります。
これから弾く新しい会場は、紀尾井、オペラシティ大小など、やっとデビューです。
いろんな新しいところで弾きたいですね。

今日はちゃんと打ちあがりました。昨日、今日と連日で譜めくりをしてくれたMちゃんを連れて(りょーちゃんは時間の都合で呼び出せなかったのでまた今度やりましょう!)、7月31日に「パリ19区の会」をやった六本木「Va-tout」再訪いたしました。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-169.html
今日はカブのEtuve+白子のフリットと仔牛のグラタンをいただきましたよ。
5727653_3307076198.jpg
5727653_3730566414.jpg

Cotes du Rhoneの白もまろやかでおいしかったですね。相方のクスクスもくすねました。
5727653_590975151.jpg
(写真撮るのに熱中するのはいいけどさりげなくピースサインするならちゃんと目線くれないと困ります!笑)

まぁ表参道カップルたちに文句を言いつつも、こうやって遊んでくれる友達にいつも恵まれて、僕は幸せなのかもしれません・・・僕に、時間(と少々のお金)がある時は、どこでも連れてくからね!

明日は朝レッスンののち、弟子のコンチェルトなので鎌倉芸術館行ってきます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




【2008/11/26 23:51】 URL | ただ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/196-dc3aa394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。