リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにやって来たリベンジの時!
11月23日(日)
朝は受験生を2人、3時間にわたるレッスン。
終わってから、上野駅でG大生徒のfl.吹きKちゃんと落ちあい、東京駅で弁当買い込み、2階席でともにパクつきながらゆったり大船へ向かう。
今日は生徒のHちゃんの晴れ舞台だったのです。「東京音大シンフォニーオーケストラ、特別演奏会」
鎌倉芸術館、よく響くホールですね。現地でもう一人の受験生Mちゃんとも会い、2階席で両手に花でした。笑

最初はベートーヴェンの1番。感動したのは、広上さんの指揮!
学生たちの未熟な点をフォローしつつも、彼らの良いところが最大限に生きるような、テンポ設定、自然な流れ、そして躍動感。

そしていよいよHちゃんのラフマ「パガニーニ狂詩曲」。最後のレッスンでは立派な仕上がりだったから、ぜんぜん心配はしてなかったけど、今まで、こんなに集中した演奏を聴かせてくれたことはなかった。
若い子のひたむきさ、っていうのを、本当に素敵だと思ったし、
現在未完成だとしても、将来への底知れない可能性の魅力っていうのを、思い知りました。
今までで一番輝いてたし、素敵だったよ。マジで感動しました。
楽屋へ向かい思わずハグ。うるうるしちゃってとっても可愛かったょ。でも、次のレッスンでは、早速また容赦なくシゴくよ~!笑

僕は1月31日に池袋で同じ曲を弾くのですが・・・いろいろ刺激になりました!準備期間も違うし、同じだけの情熱は注げないけど、こちらは経験を生かしてがんばります!

そして、ドヴォ8、アンコールと続き、打ち上げもあったのですが、僕はどうしても仕事があったので、最初の一杯だけでおいとましました。
帰京し、仕事を済ませ、鶯谷のすき家で牛丼食って帰宅したらもう深夜でした。

11月24日(月・祝)
ひさびさに朝はゆっくり寝られました。そしていろいろ練習しました。でも、ほとんど遊びでしたが・・・最近、近所からいろいろ聴こえてきてた曲を僕も弾いてみた。(またこの癖が・・・笑、いっしょにがんばりましょう!)ブラームスのコンチェルトの2番、ついでに1番、作品76とか・・・

自分の弾く曲はシャコンヌ、そしてベートーヴェンからアパッショナータ、22番、2番のソナタ、パガニーニ狂詩曲など・・・短いながら充実した練習ができました。あぁ、もっと練習がしたいです!!

そして3名の生徒様をレッスンいたしました。
今日、都内はとても天気が悪かったのですが、一日、家で過ごすことができて幸いでした。

明日は、いつもの火曜日らしく池袋、溝の口、仙川廻ってきます。


さて、タイトルですが、
要項が出たらしいのでもう公表していいのですが、
ついに、コンクール審査員やります!
来年の安川記念コンクール、「予選だけ」ですが、審査します。
よかったら受けてみて下さい。
ごく最近まで参加者としてさんざんコンクールと向き合ってきましたが(まだ受けるかもしれませんし・・・)、ついにその裏の世界(笑)にかかわることになりました。いつか委員長になって、あの、さんざん聞いたフレーズ「コンクールは人生の通過点であり、みな素晴らしい演奏でしたが、今回の結果はたまたま・・・云々・・・Good luck, for your future!」というスピーチをするのが夢です。笑
今回の委員長は・・・多先生です・・・。(ハハー!m(__)m)足を引っ張らないように、公明正大な審査を・・・がんばります・・・!
興味があったら受けてみてくださいね。1位は50万よ!

20214091_4108215227.jpg
20214091_2797061421.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/197-abf0af8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。