リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラヤバス
11月24日(月・祝)
相当に参っているようで、朝はぜんぜん起きれませんでした。
とりあえず、ベト2の譜読み、がんばりましたが、まだまだヤバス。
日曜日には弾かなきゃいけないんだぞ!!!

夜は、3人の生徒様をレッスンさせていただきました・・・

11月25日(火)
久々の3校出勤日です。
朝は、池袋で・・・歌曲をいろいろ勉強して、
溝の口へ向かい・・・夜は仙川で・・・
終了後は最後のデュオちゃんたちを連れてウェイウェイさんところで念願の紹興酒を飲ませていただきました。とても美味しかったです。杏仁豆腐をサービスしてもらいました!☆ごちそうさま!
・・・帰宅すると、学生たちがCD貸してほしいとお出迎え・・・
10分で帰ってください、と言ったつもりなのに結局解散したのは2時過ぎでした。空気嫁YO!

11月26日(水)
いつもの通り早朝出勤・・・テラネムス・・・
昼はなみはな行きました。学生達とはしゃいでたら、地下で高校の先生方の会合があったようで少々気まずい思いを・・・笑
恩師N先生にもお会いする。
午後は、とりあえず空き時間は「必死で」さらいました。が、2番って意外に難しいです
夜は後輩のYちゃんと八幡山でステーキデート!笑
こないだ岡崎でK子K子先生が割引券くれて・・・という話をしたら、その店Yちゃんの家の近くだったらしいので・・・一緒に行ってみました。笑
あんな肉のカタマリを食べたのは、ダイエット開始以来では初のような気がします。とても清々しました。
散歩したり茶したりして、結局終電帰宅。今日もがんばった!

11月27日(木)
来年5月のとある演奏会の件で神谷町の父のオフィスへ。
ともにお仕事させていただくM山先生にもご同行いただきました。
帰りにスーパーで買い物をしたぐらいで、あとは、普通に家でさらったり、休日らしい休日でした。

11月28日(金)
朝から雨の中出勤、池袋に缶詰です。室内楽は・・・ちょっとしたハプニングがあり課外授業・・・?教育論を語った後、雑司ヶ谷を散歩しました。
カフェでお茶したり、一見遊んでいたように見えますが、僕たちは音楽家の人生について、かけがえのない勉強をしていたのです!
今日は電車出勤だったので帰りがけは西武でお惣菜を物色、うまそうなルブロション・フェルミエを購入。久しぶりのフロマージュはやっぱり激ウマ、1300円のちょっとした贅沢でした。おかずは結局、米ナスの詰め物とハム・ローストビーフを500円でゲット。
21時半に帰宅、すぐにローヌの赤ワインを傾けお土産を平らげるも、ちゃんと23時までさらいました。必死です。

11月29日(土)
ちょこっと寝坊、デスクワークをこなしつつ、昼ごろから練習。
昼飯は季節はずれのガスパッチョとボッタルガのパスタです。ボッタルガと明太子の関係についていっとき思案し、グラーヴの白ワインをまたあけてしまいました。そんなわけでちょっと昼寝。
目覚めてからも夜中まで、ベートーヴェンとラフマを必死でさらい、結局トータルで7時間強練習しました。まだ不安がいっぱいですが、明日の上大岡のコンサート、なんとかなりますように!!!!
まずは7時に起きれますように!

11月30日(日)
朝、7時には起きれず起きたら8時。
上大岡到着後コンビニに駆け込み、迎えに来てくれたE藤さんの車中で昼食、到着後すぐにリハ。今日はフルコンではなく新発売のC6XA。まだ新しいけど、よく鳴ってくれそうです。ほどなくして本番。
今日はトーク付きだったのですが、鼻水が止まらなくて、手が空いたところでタオルで拭ったりして大変でした。すごく懸念していた、1週間で読んだベートーヴェンはさほど問題なかったのだけど、それで安心したのかラフマニノフの方がプレリュードからちょっと傷多く、心配になりガヴォットとジーグは譜面を見て弾きました。
結局アンコールはベーアーツェーハーという暴挙に、弾きまくりました。

2008年11月30日(日)14時開演
横浜・ヤマハピアノフォルテ上大岡サロン
2008ヤマハグランドピアノフェア特別企画
菊地裕介Piano Recital

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第2番 op.2-2
バッハ=ラフマニノフ(1873-1943) 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番BWV.1006 より「プレリュード、ガヴォット、ジーグ」
バッハ=ブゾーニ(1866-1925) シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV.1004より)
F.リスト B.A.C.H.の主題による幻想曲とフーガ
20214091_3911198604.jpg


いつも通りの山岡先生の寿司屋に連れて行っていただき、以下の品を堪能。
5727653_823519400.jpg

ビールもうまかった。
同級生のMちゃんとスタバでお茶してすぐに帰宅後は、やっとK子先生作品の「断片」をさらいはじめましたが、難しい・・・大丈夫だろうか?

12月1日(月)
芸大出勤、しかし朝はちゃんと起きられず朝食抜き。
1人休んだタイミングで根津駅の吉野家に避難しブランチ。
今日は欠席も少なく普通に夜まで勤務。
帰りは比較的早かったので一番近いスーパーであるユータカラヤへ行く。
ここは早じまいなのでなかなか行けないのですが、今日はちょうど半額タイミングにありつけるはず・・・
しかし、ここはやはり安かったです。納豆が68円になるのはここだけです。近辺では78円が最安値だから・・・サンマも68円だったので買ってきて刺身にしました。今更ながら今年初です。なかなかおいしかったですよ。
やっと今年のボジョレー初飲みしました。かなりしっかりした出来のように感じましたが・・・まぁやっぱり懐かしい味ですね。

明日の授業のためにラヴェルのen solちょっとさらったら一日が終わってしまいました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/198-310012c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。