リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走の紫女たちとか・・・
12月2日(火)
好天だったので朝は池袋へチャリチャリ・・・
Nちゃんがラヴェルコンチェルトを弾いてくれました。数日後広島で本番があるそうです。素晴らしい!
終了後は、今日は溝の口へ行かなくていい日なのでいい機会だと思い、みんなを東通りのカレー屋さんに招待しました。みんな乗ってくれて9人の団体になり壮観でした。おまけに・・・この人たちみんな紫だったんです。この日!+男が2名居ましたけど、写真には入ってくれずカメラマンなどに・・・笑
偶然らしいですが、みんなどっかしら紫です。怖いですね。笑
20214091_864976921.jpg
20214091_4142097513.jpg
(しかしだんだん同年代には見えなくなってきたかも・・・上大岡でもらった花束持ってきてます!笑)
二次会はカフェで・・・
いつでもどこでも御馳走できるように、そのために僕はがんばって働きます!
天気があやしくなってきたもののどうにか雨には遭わずに帰宅。K子先生の曲を必死でさらう。

12月3日(水)
普通に7時半出勤で仙川。
途中2時間の空き時間にK子先生の曲を必死でさらう。
夜はYちゃんのショパンコンチェルトを聴かせてもらう。これも昨日のNちゃんと同じコンサートで広島で弾くのだとか。2人ともがんばってね。閉校までレッスンして、アンカーで飲み、午前帰宅。

12月4日(木)
引きこもり、ええ、もちろん、いつものごとく「必死で」さらいましたよ。
明日のコンサート、それでもかなり不安ですが・・・明日が勝負です!!

12月5日(金)
朝練をして津田ホールへ。リハでK子先生に初めて演奏を聴いてもらう。まだ形になっているとは言い難いです。ここは突貫工事をしなければならないのだけど、リハと本番の間、リハ室はNHKの機材が入っていて、なんとピアノが使えないとのこと!あわてて新宿のヤマハに電話をしたら快く貸してくださるとのこと。大変に助かりました!!雨の中新宿へ向かい、2時間弱さらったらどうにか形になりました。譜めくりをしてくれた全音のMさんは初対面ですが桐の後輩らしいです。世界は狭いですね。
本番、とても危険ではあったものの持前の集中力とハッタリ力でどうにかそれっぽく見せることができました。

2008年12月5日(金)19時開演
東京 津田ホール
2008 全音現代音楽シリーズ・その15
四人組とその仲間たち 室内楽コンサート
現代日本の作曲家《3つの色彩領域-ソロ、デュオ、トリオ》

全曲世界初演
西村朗 《龍の笛》無伴奏フルートのための 木ノ脇道元
糀場富美子 《ドゥイノの城》無伴奏チェロのための ドミトリー・フェイギン
金子仁美 《時の層III》ピアノ独奏のための 菊地裕介

池辺晋一郎 《バイヴァランスVI》2台のコントラバスのために 吉田秀、西山真二
新美徳英 《ピアノトリオ:ルクスソレムニス》藤原浜雄 岩崎洸 若林顕
20214091_1284265599.jpg

NHK-FMでの放送は来月とのこと、日程わかり次第またお伝えします。
終了後はユーハイムで打ち上げ。
5727653_2160771308.jpg
深夜帰宅。

12月6日(土)
2月に結婚した従妹の弟が結婚することになりました。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-128.html
というわけで横浜へ。
幸せそうでした。親戚も元気そうで安心!
酔っ払って愛の夢を弾いてあげましたよ。笑
帰宅後は酔いもさめやらぬうちに1名レッスン。
終了後、祖父がくれたきりたんぽ鍋の材料をMJ住民に振舞う。3時頃まで飲んで、撃沈です。

12月7日(日)
朝から5人を自宅レッスン、その後はC社のKさんと次回作CDについてピアノを交えて相談、いいものができそうです。打ち合わせ終了後は我が家の酒を振舞わせていただきました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも楽しく拝見してます。
学生に御馳走できるように頑張られてるとは・・・。
音楽家の男性を見直しました!(笑)
【2008/12/13 00:18】 URL | #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/17 19:53】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/200-9c185bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。