リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今のところ一人ですが何か?
12月15日(月)
メントリの解凍などしながらG大勤務。
終了後は、神楽坂のルバイヤートというお店で、音楽評論家のM嶋さんの主宰する宴会シリーズに出席。雑誌でしか見たことなかったような憧れのアーティストにもお会いできてとても楽しく過ごしましたが・・・少々飲みすぎで自虐トークを炸裂させてしまいました。
やさぐれる男は嫌われるんだってね・・・
終電も逃し、タクシー(自腹)帰宅。

12月16日(火)
朝からTK音大の大学院、器楽特殊研究クラスの年度最終授業、総括、訓話、そしてお菓子打ち上げ・・・笑
溝の口へ移動し通常のレッスン、終了後は急いで帰宅し、メントリを必死で解凍する。

12月17日(水)
8時出勤、T朋の1年の試験。自分の生徒もいるので緊張しましたが・・・まぁ詳細はここでは語りません。笑
終了後は、23日に共演する綾子ちゃんと、今回の初合わせでG大へ直行。1時間ちょっと合わせる。その後は、文化会館に直行、植田先生のリサイタルを拝聴する。なかなか知り合いに合わないなぁ、とか思っていたら、開演間近になって結構な知り合いがいらっしゃいました。演奏は、とても潔い、凝縮された表現に満ちていました。
先生に簡単にご挨拶をして、帰宅。またメントリをさらう。

12月18日(木)
また遅刻、です。ごめんなさい。
昨日の電話で、リハ15時だよ、と言われ、そのつもりでいたのと、リハではなくて別のスタジオでの音合わせが15時からだという連絡が直前に入っていたので完全にそのつもりでいたのだけど、実は14時からでした。山手線の中でメールを受け取り、「今日は30分前じゃん、余裕!」とか言っていた僕は青ざめました。譜めくりのJさんと予定通り(苦笑)原宿で落ちあい、タクシーでNHKへ・・・
30分遅れでしたが、リハはサクッと終わりました。場当たり、台本合わせなど、初めての経験を重ねているうちにピアノを弾く時間はほとんどないまま本番突入。

たくさんのお客さんに来てくださっての演奏でしたが、取り直しはできずそのままオンエア、という環境、トークなどでいらぬ緊張をしたのか、いつもはしないミスもいろいろしてしまいました。・・・でも、最近のスケジュールから導ける自分の精一杯でした。
そんな中でもりんたろーは相変わらず、トークも飛ばしてて快調でしたし・・・だから、聴いてください!

司会のアナウンサー伊藤健三さん、そして加羽沢美濃さんをはじめ、お世話になったスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

NHK-FM「名曲リサイタル」公開収録

<奏者>
vl.加藤えりな
vc.金子鈴太郎
pf.菊地裕介

<曲目>
メンデルスゾーン ピアノトリオ第1番
キーゼヴェッター タンゴ・パセティック(チャイコフスキー)

<収録スケジュール>
平成 20年12月18日(木)18:15開始
NHK放送センター509スタジオ(17:50開場)

<放送予定>  平成 21年1月31日(土) 19:20~21:00(FM全国放送)

ちょうどそのころ僕は池袋でラフマニノフを弾いています。東京の方は、ラジオは録音してこっちを聴きに来てくださいね。


通常ならばこれでこの日記は終わりなのですが、21時過ぎに収録の終了後、僕は次の現場へ!
「タカギクラヴィア」さんにおじゃましました。ホロヴィッツがカーネギーのデビューで弾いた楽器など、とても貴重な楽器を何台も弾かせていただき、疲れていた僕も大興奮してたくさん弾いてしまいました。
次回作CDは、こちらにある、とある楽器を使わせていただくことになりました。楽しみです!
すべて終了後は渋谷で軽く飲ませていただき、深夜帰宅しました。

12月19日(金)
朝から晩まで池袋に缶詰でした。
正直、まったく心が休まりませぬ・・・

12月20日(土)
午前中、少しだけ疲れた体を癒しましたが、
午後からG大で補講、合間に練習・・・
夜7時まで働き、帰宅、さらに1名レッスン・・・ぐったりでしたが、なんだか安心してしまい一人宴会、そして、二日酔い・・・眠れぬ夜。

12月21日(日)
強い二日酔いを押して、朝から自宅でレッスン、6人を、7時間超にわたって・・・
ウコンの力とかキャベジンをか飲んで踏ん張りながら、途中、生徒達と焼肉ランチを食べに行ったり、一時的に回復の兆しを見せたものの、やはり終了後は疲れて昼寝(夕寝)をしてしまいました。
目覚めた後は、もちろん、さらいました!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/202-6711d1b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。