リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年連続のシングルベル
12月22日(月)
明日の演奏会の合わせでG大へ。
さてさて、今回主役で企画を練ってくれた綾子様、急遽、もともとピアノパートのない曲の楽譜を見せながら、「これ、入ってくれるかな?」との一言!「おう、やってやろうじゃないの!」
というわけで一晩でそのスコアは数字だらけになりました。楽譜起こす時間なんてなかったんだもーん!

帰り道に松坂屋に寄って商品券とか酒とかお歳暮の類を調達。自分にもご褒美で一本ワインを買いました。いつ開けましょうか・・・?

帰りに土砂降りになり、自転車を仲御徒町の地下駐輪場に避難させワインを抱えて徒歩で帰宅。勘弁してほしいです。

しかし、家に帰ってひとりさびしくクリスマスソングをさらうのはたまらなく、たまらなく鬱ですね・・・

12月23日(火・祝)
まずは一国民として天皇陛下75歳の誕生日をお祝いし、陛下の末永いご健康を祈念しました。
朝からリハ入り、会場は南与野駅からタクシーで15分ほど走ったちょっとした「僻地」でしたが、とてもきれいな、響きのよいホールでした。

さてさて今日もほぼフル出演だったので、リハの時客席で聴いた唯一の曲は、綾子さんのシリンクス、実に美しかった。マヂ惚れましたよ。

コンサートは、前半は真面目に、クライマックスはプーランクのソナタ。後半は、クリスマスソングなど軽いものを中心に楽しくやりました。(昨日の数字付き和声も役に立ちました!)

2008年12月23日(火・祝)14時開演(13時30分開場)
さいたま市プラザ・ウエストさくらホール(さいたま市桜区民対象)
第3回桜区区民ふれあいコンサート
「高木綾子のクリスマスコンサート」
高木綾子(フルート)
菊地裕介(ピアノ)
濱崎由紀(クラリネット)
小峯  晋(チェロ)

第1部 フルートリサイタル
ペニーレイン(ビートルズ)
シリンクス(ドビュッシー)
ソナタ(プーランク)

第2部 アンサンブル
リベルタンゴ(ピアソラ)
エンターテイナー(ジョップリン)
くるみ割り人形より(チャイコフスキー)
アメイジング・グレイス
クラリネット・ポルカ
ホワイトクリスマス など

17848725_353132027.jpg
(女性に花を持たせようと必死で・・・笑)

終了後はさっさと東京に戻り御徒町で後輩Aちゃんの相談に乗り・・・そのまま焼肉食べちゃいました。おいしかったですゎ。
昨日捨ててきた自転車に荷物をくくりつけ帰宅。

12月24日(水)
朝から、たまった書類の整理、作成、次シーズンのプログラムの構築など、そしてお歳暮に添えるお手紙を書いたり、雑用に次ぐ雑用で半日が終わる。
夕方からは郵便局に出かけてギフトの発送や年賀はがきの購入、銀行に行ったり、さらに松坂屋にもう一度出かけて、今日こそお歳暮を注文しました。かなり遅くなってしまいました。僕はつくづく計画性がないです・・・

そのあと、急いで文化会館へ向かい、北川暁子先生のリサイタルでした。僕の初めて持った上司です。前半のシマノフスキがとても気に入りました。
僕の知人は決して多くなかったので、先生にご挨拶し、粗品をお渡しし足早に失礼してきました。

帰ってからは、明日から合わせるOTOの会コンサートの譜読みをする。
自分たちの世代にとって青春幕開けの象徴である某元タレント氏の孤独死に愕然とし、
青春時代が終わったことを実感し、お茶漬け食べてふてくされて寝ました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/203-37b3e8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。