リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納めって何ですか?
12月25日(木)
朝8時半、仙川へ出勤。
パリより帰国中の三瀬俊吾くんを迎えて、
1月13日のOTOの会コンサートのための練習開始です。

OTOの会とは、10年ほどの歴史を持つの作曲家グループの名前です。
今度のコンセプトは『室内楽-OTO』

演奏を担うメンバーはvn. 三瀬俊吾、cb. 中村勇一、perc. 窪田翔、fl. 泉真由、pf. 菊地裕介 の5人。
このメンバーで、今後10年間で5回程度の展望で、会員、およ招聘作家による新曲オンリーの演奏会を開く予定です。
各回、この5人のうちの誰かが中心的役割を担いますが、今回は vnの三瀬くんがその役割を負い、全曲に参加します。

2009年1月13日(火)19時開演
東京オペラシティリサイタルホール
OTOの会 新作コンサートシリーズNo.10
室内楽-OTO
第一回「三瀬俊吾のヴァイオリンとともに」
塩崎美幸 「SPARK」(vn. fl. cb. perc. pf. )
山口恭子 「Duo for Violin and Piano」(vn. pf.)
大屋百子 「I saw I was I」(vn. fl. floor-tam)
飯沼信義 「Retrospection」(vn. pf. 招待作品)
三瀬和朗 「La Tresse」(vn. fl. vibraphone)
上野雅亮 「漆黒の階層」(2vn. fl. cb. pf. perc.)
鷹羽弘晃 「Le chant sans frontiere」(vn. solo)

三瀬俊吾(vn.) 泉真由 (fl.) 中村勇一 (cb.) 窪田翔 (perc.) 菊地裕介 (pf.)
(賛助出演) 高橋和歌 (vn.) 鷹羽弘晃 (cond.)
20214091_2531664254.jpg
20214091_442454728.jpg

チケット 一般3000円 学生2000円
・・・ですが、完売だそうです。

今日は、ピアノとヴァイオリンのDuoで、飯沼先生、山口先生の作品を夕方まで練習、昼食はオヤジ食堂の代一元で・・・(高校時代愛用していましたが・・・笑)
終了後は東京音大へ直行、冬期講習です。
副科の子を4名とピアノ科の中学生を1名レッスン、終了後は西武の地下で食品を物色しました,
クリスマスムード満点でしたが・・・結局買ってきたのは「味噌」でした。仙台味噌と、広島の麦味噌・・・さらに日暮里で日用品を買い帰宅。もちろん11時まで、明日の合わせとリハのためにさらう。
それからきゅうりに味噌をつけ、かぼちゃを煮て食べました。素晴らしいクリスマス!

12月26日(金)
昨日と同じく8時半仙川へ向け出発。
今日も飯沼先生作品の合わせ・・・
少し早く上がる。
今日は31日のベートーヴェンのダメ出しをするために333を夕方まで使わせてもらいました。生徒のE子ちゃんに聴衆役を務めてもらいました。まずはアミューズでランチ、それからとにかく通して弾いて、問題個所の把握をしました。これからそれらの個所の改善に努めます!
お礼にスコアリーディングのアドヴァイスをして新宿でお別れ。
僕は南池袋に向かい、今日も冬期講習の続きです。
今日も西武に寄って、フランスチーズなど買っちゃいました。
ヘトヘトの帰宅でしたが11時まで明日の合わせの曲をさらい、ワインとともにおいしく頂きました。

12月27日(土)
今日は6時半起床、7時55分出勤・・・
今日も仙川です。
まずは山口さんの曲の確認、そして塩崎さんの曲の初合わせ、そして上野さんの作品の大初見大会(笑)でした。
お昼は演奏者のうち4人組で・・・最年長のプライドもあり「なみはな」でごちそうしちゃいました。ハーフ丼は今日もおいしかったです。
終了後は三瀬先生、俊吾君、フルートの真由ちゃんという面々で、仙川のカフェで軽くお茶しました。「隠れ家」「密会場所」と呼んでいましたが、あまりいろんな人を連れていくとだんだんその色が薄まってしまいますね・・・笑
帰宅し、かるく掃除、それから札幌のMちゃんをみっちりレッスンしました。終了したら、21時を回っていました。毎日毎日・・・

12月28日(日)
今日はさすがに午前中倒れてました。しかしおかげさまで数日来続いた「目まい」はなくなりました。
お昼に里芋を煮たりしていたらもう出発時間になり、あわただしく自転車にまたがり池袋へ。今日も冬期講習で3人のレッスンでした・・・
今日はデパ地下ではなく自宅近くのスーパーとパン屋さんに寄って帰宅、おいしいクロワッサンとパン、そしてチーズやワイン、締めは太刀魚のムニエルを作りました!ダイエット終了後、最近また自炊してますね・・・やはり楽しいです。もちろん生活のためという側面は小さくないですが・・・!

・・・明日も自宅レッスンと冬期講習の続きです・・・
年賀状も書かないと・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/204-c10ba82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。