リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009は熱情でスタート
さて・・・あけましたね。
まずは書き残した日記から・・・

12月29日(月)
お昼過ぎから、飛騨のお客様をレッスン、その後、池袋へ・・・今日は電車で行きました。

昨日と同じく3名をレッスン。
終了後は、今年の学校系の仕事完了を祝い、最後の子と中華行ったんですが、意外と一品が多く、待っててもらってみんなで行けばよかったかな?と思う。
早々に引き揚げ帰宅、11時までベートーヴェンをさらう。
その後年明けの演奏会の案内作成などの仕事を明け方までする。

12月30日(火)
夜更かしにすっかり疲れてしまって・・・午前中は死亡。
午後から練習を開始、するも大した量はさらえず。
夕方から横浜のK先生宅で恒例の忘年会。
現在絶好調の後輩K氏にいじめられてしまいました。悪かったね、こちとらどうせKYでワーキングプアな万年独身男ですよ・・・

でも基本的には楽しく飲んで深夜帰宅。

12月31日(水)
どうも体調が優れないのであまりさらえず・・・
それでも6時前に出勤、オペラシティへ。
リハ室入りするもほとんど誰にも会わずさびしい思いをする。
今日はステージリハがないんです。
代わりに、リサイタルホール(ここ、初めて弾いたんですが、お風呂場のように響きますね。まぁ席が一つもなかったからかもしれませんが)やリハ室でのリハ、
そして22時定時にいきなり本番。ちょっと怖かったです。
2番の4楽章で一か所とっさに即興的な作曲をしてしまうもまぁまぁ表現できた演奏だったと思います。
22番の方は2楽章がかなりハイテンポになってしまいましたが、まぁ悪くなかったかな・・・?

東京オペラシティ コンサートホール
「アイ・ラブ・ベートーヴェン」
16人のピアニストによるベートーヴェン ピアノソナタ全曲演奏会

11:00小林愛実 5 & 19番
11:35イリーナ・メジューエワ 9 & 2 7番
12:15岡田 将 4 & 16番
13:10山本貴志 3 & 6番
休憩
14:10三輪 郁 14≪月光 ≫ & 18番
15:00辻井伸行 11 & 29番 ≪ハンマークラヴィーア≫
16:15三舩優子 7 & 28番
17:15横山幸雄 8≪悲愴 ≫ & 24番≪テレーゼ≫
休憩
18:10迫昭 嘉 25 & 32番
19:00杉谷昭子 12≪葬送 ≫ & 13番≪幻想風≫
19:45田崎悦子 15≪田園 ≫ & 17番≪テンペスト ≫
20:40若林 顕 20 & 31番
休憩
22:00菊地裕介 2 & 22番
22:45関本昌平 10 & 26番 ≪告別≫
23:30清水和音 1 & 23番 ≪熱情≫
24:15伊藤 恵 21≪ワルトシュ タイン≫ & 30番 


ともかく、これで仕事収めです。来年もやるつもりらしいですよ、これ。外されなければ・・・今度は何番が当たるかな・・・?

サイン会などの後、まずは和音さんの演奏を客席で聴かせていただきました。1番の音も美しく、23番も大変な熱演でいろいろ勉強になりました。
熱情の一楽章のppのところで会場に鳴り響くアラーム時計が新年を告げました。

1月1日(木・祝)
というわけで、あけましておめでとうございます!
バックステージで最終バッターの恵先生の演奏を聴かせていただいていると、和音さんがサイン会から戻ってきて・・・えっらいハイテンションで爆弾トークされてました・・・小田急沿線の某所で再会を約束し、僕は客ロビーに残り友人を探しました。が・・・あまりつかまらなかったり、先約があったり・・・
結局T音大のA子ちゃんひとり連れてロマンスカーに乗り込み、タクシーに乗継ぎ、とあるバーに。
20214091_3716465243.jpg

今日はコバケン先生のシンフォニー全曲とか、カルテットとか、各所でベートーヴェンイヴェントが行われていたのですね。だんだん仕事帰りの音楽家たちが集合し、とても楽しく元旦を過ごすことができました。
7時半ごろ帰宅し撃沈しました。

お昼過ぎに起きだすも、完全な寝正月でした。
体も重く、ダラダラと・・・再び昼寝も・・・笑
でも、日が暮れるころ起きだし今年の弾き初め。せっかくだから「熱情」もさらう。(4月に弾きます)
普通に11時までさらい、チーズ食べてワイン飲んで寝ました。

1月2日(金)
仕事始めです。
まずは年賀状を・・・笑、今書いています。
そして、午後からレッスン、そして自分の練習やら編曲作業やらに取り掛かります!明日からは本格的にレッスンなど再開します!
2009年も死ぬ気で働くぞ!!!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/206-1ccf0675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。