リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本番はタミフルなしで
1月9日(金)
いつも通り8時20分池袋へ出勤。
昼飯は武蔵でラーメン。
それにしても今日はひどい天気でしたね・・・
終了後ずぶぬれになり西武でコーヒーだけ買ってEちゃんとバスで帰る。
20時半帰宅後、さらにもう一人レッスン。くたびれた・・・
ところで次回CDのプロモ用のデモ録音を作るということで急きょ日曜の朝までに何曲か準備しなければならなくなり大ピンチです・・・

1月10日(土)
朝から仙川へ、練習室でさらう。
昼飯はドーナツ・・・?
てかミスド6個も食べてしまいました。やばいですね。
お昼過ぎからOTOの会コンサートの合わせをしましたが、ヴァイオリンのM君の体調不良もあり、夕方早めに解散。
帰宅後、明日のためにあわててさらいましたが・・・
そして20時過ぎから2名レッスン・・・

1月11日(日)
朝から、六本木の「榎坂スタジオ」でデモ録音、自作の編曲も披露することに・・・!まぁ録音ですし編集もできますから、ということで気楽にやってくださいと言われるも、やはり準備期間があまりとれなかったために大変な重圧でした。でも、とにかく一回ずつは使える箇所が取れるように頑張って弾きました。
桐朋へ移動、なみはなは休みだったので、カルディで昼食、レッスンしたりミスドでお茶したりしているうちに18時の合わせ開始。今日は、OTOの会コンサート前のラスト合わせ。
22時まで練習。終了後は打楽器のK君とウェイウェイで食事。24時帰宅。

1月12日(月)
今日もありがたいことに全休ですので、明日のための練習しながら身の回りを整理しようと思っていたのですがこれがとんでもないことに!
朝、起きるのがつらかったのも、お昼過ぎに眠くなって横になったのもここ数日の生活を考えればまぁ普通なのですが、そこからどんどん熱が上がる・・・あっというまに39度を突破してしまい、明日の本番がやばいので寝ることにしました。

ということで、ほとんど何もできないまま一日が終わってしまいました・・・

1月13日(火)
昨日よりは気分はだいぶ楽にはなったのですが、38度より熱が下がらないので朝のSさんとのリハをキャンセル。生徒ちゃんがサイン貰いに来たので、ついでにポカリやら流動食など買ってきてもらって一息つきました。
今日のコンサートのリハ開始の15時半めがけて、マスクかけて初台へ向かう。
普段なら会場入りしてからさらいまくるのですが、今日はそれもあまりできず・・・それでも飯沼先生のむつかしい曲は本番直前まで30分くらいさらいましたが・・・
M君にロキソニンもらって一応飲んどきましたが、本番始まっても熱は38度と39度の間を行ったり来たり。ピークは飯沼先生の曲を弾いている時で・・・あまりの寒気にコート着てガタガタ震えながら舞台へ。せっかくのコンサートでウイルスまき散らすのも悪いと思ってマスクでメガネで、どこのグレン・グールドですか?って感じでした・・・苦笑
それでもどうにか本番は終了。最後の舞台挨拶だけコート脱いでマスクも外して出ました。

2009年1月13日(火)19時開演
東京オペラシティリサイタルホール
OTOの会 新作コンサートシリーズNo.10
室内楽-OTO
第一回「三瀬俊吾のヴァイオリンとともに」
塩崎美幸 「SPARK」(vn. fl. cb. perc. pf. )
山口恭子 「Duo for Violin and Piano」(vn. pf.)
大屋百子 「I saw I was I」(vn. fl. floor-tam)
飯沼信義 「Retrospection」(vn. pf. 招待作品)
三瀬和朗 「La Tresse」(vn. fl. vibraphone)
上野雅亮 「漆黒の階層」(2vn. fl. cb. pf. perc.)
鷹羽弘晃 「Le chant sans frontiere」(vn. solo)

三瀬俊吾(vn.) 泉真由 (fl.) 中村勇一 (cb.) 窪田翔 (perc.) 菊地裕介 (pf.)
(賛助出演) 高橋和歌 (vn.) 鷹羽弘晃 (cond.)
20214091_2531664254.jpg
20214091_442454728.jpg


すでに熱に体が慣れていたのか、さほどひどい体調でもなかったので一応打ち上げへ・・・食欲はすでに回復しており、から揚げやフィッシュアンドチップスなど食べ、駆けつけのビールに、ポリフェノールが風邪に効くということで赤ワインも頂いて、それでも一応早めに失礼しました。24時帰宅。

1月14日(水)
今日は音楽理論、スコアリーディングともに試験なので、5時半に起きていろいろ課題など準備。コピーするために早めに学校へ行くべく7時過ぎ出勤。しかしまだ38度前後の熱が下がらないので、某感染症の恐れを感じ、マスクして仙川へ。

試験という名があまりふさわしくないようなファンタジーいっぱいのI限の試験を終え、II限のスコリはバリバリ試験モードで一人約5分ずつやりました。
もちろん、全員に授業終了後の手洗いうがい励行をお願いしました。
昼休みに、念のためお医者様へ・・・すると、

思い切りタミフル処方されてしまいました。
インフルエンザA型らしいですが、話に聞いていたよりは軽症だったので、受診が遅れてしまい、ウイルス撒き散らしてしまったみたいで多大なご迷惑をおかけしましたm(__)m
なんせインフルなんて20年以上罹患していないもので・・・

ということで・・・
家族庵の隅っこでおとなしく蕎麦食っていちおう学校へ戻りましたが、午後のレッスンは免疫のある人に限定し・・・その結果14時過ぎに早退してまいりました。本来は22時までの予定だったのですが・・・仕事に穴をあけてしまいごめんなさい・・・
帰宅後、昼寝してからさらうつもりが思いきり22時過ぎまで寝てしまいました。明日の午後の合わせのために譜読みしないといけないのに!!!というわけで、早起きしたいのでそろそろ寝ます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/15 21:41】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/18 12:25】 | # [ 編集]


本番お疲れ様でした!
体調の悪い中、大変でしたね。。。
くれぐれもお大事になさってください。
【2009/01/19 23:47】 URL | Yuri #- [ 編集]


その後、お体回復されましたか?
ブログの更新楽しみにしています!
【2009/01/25 21:43】 URL | Yuri #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/210-4cac2006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フィッシュアンドチップス

不況でも売れるフィッシュ・アンド・チップス 英国 CNN Japanロンドン(CNN) 世界的に不況の英国の伝統的なファーストフード「フィッシュ・アンド・チップス」の売り上げが、世界的な不況の冷風の中でも落ちていないことが、シーフード業界団体の調査で判明した。 業?... 即日ニュース【2009/01/28 11:24】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。