リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチは続くよ~どこまでも~
1月15日(木)
とりあえず平熱に戻る。
今日の合わせのためにガーシュウィンなどの新曲をさらう。実はヴィターリもツィゴイネルも愛の悲しみも初めて弾くんだよね・・・ことごとく初見。
昼過ぎに瀬崎さん来訪、お互いマスクをしての完全防備です。

瀬崎さんの演奏はフランクとか・・・ものすごく大人の音楽です。
とても勉強になります。

1月16日(金)
まだウイルスがいる可能性があるので大事をとって今日のレッスンはお休み。

今日も夕方から瀬崎さんと合わせ。
まだまだどの曲も練習の余地があるなぁ・・・
バッハ=ラフマニノフのパルティータも必死で暗譜しました。
なんとか明日のコンサートに間に合わせねば・・・!
練習終了後はいろいろと雑用。

1月17日(土)
朝出発、一路山形は天童へ・・・
新幹線の中では爆睡・・・気がつくと、あたり一面の雪景色でした。
天童市文化会館は昔懐かしの地方のホールでした。
ちょっとオールドなスタインウェイを必死で叩き起す!

1月17日(土)18時30分開演
山形県天童市市民文化会館 大ホール
瀬明日香 ヴァイオリン・ニューイヤーコンサート
~国際派ピアニスト菊地裕介を迎えて~
ヴィターリ シャコンヌ
バッハ=ラフマニノフ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番より
「プレリュード・ガヴォット・ジーグ」
クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ
ガーシュイン=ハイフェッツ 3つの前奏曲

フランク ヴァイオリン・ソナタ
サラサーテ ツィゴイネルワイゼン
マスネ タイスの瞑想曲
モンティ チャルダーシュ
http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/tendoshishiminbunka/index.html#jishu

ラフマニノフで少々の問題はありましたが、
今日は、至極まともな演奏だったと思います。
瀬崎さんの素晴らしい音楽に引っ張られました!

本番終了後は、館長さんの素晴らしい洋館のお宅にて打ち上げ&一晩泊めてもらいました。高畠ワインの社長さんが持参してくださった大量のワインを浴びるように飲みました!

1月18日(日)
起床後すぐ、午前中の新幹線で帰京。
帰宅後はお風呂に入ったりして、休む間もなく5人をレッスン。
夜になって終了後は、いよいよパガニーニ狂詩曲の譜読みに本格的に取り掛かりました。もはや時間との闘いです。本当に、必死でさらうしかありません・・・

1月19日(月)
朝、起きられなかったのですが、出かける前に少しは練習しました。
それから池袋に移動し、弟子の修士リサイタルを見届けてきました。三善先生のソナタに・・・パガニーニ狂詩曲、非常に立派な演奏だったので、僕の譜読みが間に合わなかったら代役で出てもらうことに決めました!笑
その後、上野に戻り、レッスン、そして、深夜まで必死でさらいました!まだまだ全然弾けません。ヤバすぎる!!

1月20日(火)
G大の補講。
出席率はどちらかというと良く・・・あまりさらうことができませんでした・・・それでもレッスン終了後少しねばってさらう。
今日はK川先生が若い非常勤を集めて飲みに誘ってくださいました。根津の某店にて、おいしく飲ませていただきました。たまにはこういう集まりも悪くないですね・・・

1月21日(水)
調布グリーンホールで桐朋の高校の卒試・・・
自分が受けた13年前のことが、昨日のように思い起こされます。
朝出かけて、帰宅したらもう夜。
11時まで必死でさらいましたが・・・まだまだ全然足りません。なんでこんなに練習する時間がないんだろう・・・?僕はピアノが弾きたくてたまらないのに、明日も朝から調布へ行かねばなりません・・・
あさっても池袋だし・・・マジで大ピンチですよ!!!!

それでも、本番はプロとして、必ずこなす覚悟でおります!

こういう状況がずっと続いているので、メールのお返事など、連絡が滞っていると思いますが、なにとぞご容赦ください。緊急性の高い順に優先順位をつけているので、長らくお返事できず心苦しく思っているお便りもたくさんあるのですが、決して無視しているわけではありませんので・・・許してください。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

連日お疲れ様です!
明らかに仕事を請け負い過ぎだと思いますが、確かな未来のために、そして素晴らしい奥様と早く出会われるためにも日々乗り切ってくださいね。
独り身の今は何といっても自由ですし、頑張り時ですよ~!
【2009/01/26 17:56】 URL | Yuri #- [ 編集]


先日は天童での演奏を楽しく聴かせていただきました。
演奏はもちろんのこと、話し方もステキですっかりファンになってしまいました。

来月の梅田先生との共演も聴きに行きます。
楽しみにしています。

是非、仙台にもいらしてください。



【2009/01/28 01:39】 URL | ふわ #pY9Wa9cE [ 編集]

応援してますよー!!
パガニーニ・ラプソディ、申し訳ありませんが代役では許しませんよ!ハハハ!!
お身体を大切に頑張って!!レスポンスは演奏でお願いします~(゜∀゜)ノ
【2009/01/28 02:26】 URL | みき #d1rwF/mE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/212-1d332db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。