リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうちょっとがんばろう!
2月5日(木)
夕方まで、さらう。
秋葉原のバーキンに寄ってワッパーを喰らい、初台へ。
今日のリハは新国のRH室。響かないうえに楽器はC5で、ちょっとやりにくかったですが、大久保でのリハよりははるかに弾けるようになっていたと思います。
30分ほどで終わり、直帰。また23時までさらう。

2月6日(金)
起きて、すぐに強風の中チャリにまたがり髪を切りに行く。
そしてすぐに帰宅して、ちょっと休憩。
初台に直行。オペラシティの韓国料理でサムゲタンとビビンバのセットを喰らい、コンビニでサンドウイッチなど買い込み楽屋へ・・・
UPライトしかないんですね。ここの楽屋・・・
それでも指慣らしというには多めにさらい、GP。
やはりオペラシティは良く響く、とても気持ちの良いホールです。あの天井の高さがいいんだろうな。GPも無事終了。
また本番までゴロゴロしたりピアノにさわったりしながらのんびり過ごす。今日の出番は遅いので・・・

直前の打楽器コンチェルトが大ウケで、コンクールの時に有力コンテスタントの後に出ていくのと同種の異様な緊張をしました。変に対抗しようとか、思わなくてもついつい意識しちゃう。みたいな・・・

まぁ最初は緊張していたものの、2楽章くらいからは自分の演奏ができたと思います。やはり経験のある曲目だけに、こないだのラフマよりはまともだったんじゃないか。と思います。

・・・しかし、前方に座っていた男性の「いびき」にめちゃくちゃ気が散りました。トゥッティの時や楽章間で舐めるように眺めてみたり視線を送ってみたりしたんですが、寝ている人には眼力も通じませんからね・・・まぁ、仕方ないですが。疲れて寝てしまうのは致し方ないものの、前半飲酒されていたとの目撃談もあるらしいので、くれぐれも自重していただきたいものです・・・
やっぱり、自分の演奏がそんなにつまんないのかな?って思っちゃうもんですよ・・・

まぁでも多くのお客様のあたたかいご声援に包まれて、コンサートを終えることができました。梅田先生、東響のみなさん、そして、ステージ周りのお手伝いをしてくださったみなさま、ありがとうございました。

2009年2月6日(金)19時開演
明日を担う音楽家による特別演奏会2009
東京オペラシティコンサートホール
東京交響楽団 梅田俊明指揮  
文化庁芸術家海外派遣研修修了生によるコンチェルトの夕べ

黒木綾子(H19年度ドイツ)
モーツアルト:ファゴット協奏曲 B♭major K.191 20’
日下紗矢子(H18年度ドイツ)唐沢安岐奈(H17年度ドイツ)
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲    35’

西川圭子(H18年度オーストリア)
   A.G.ベル:打楽器協奏曲  16’
菊地裕介(H16年度ドイツ)
  ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調  20‘
制作:社団法人日本オーケストラ連盟


いろいろな方が楽屋にご挨拶に見えたのですが、みなお帰りになってしまいました。
結局、一人荷物をまとめて駅へ向かう途中、楽屋出口で会った生徒ちゃんを捕まえ、道すがら秋葉原で寿司食って、午前帰宅いたしました。

2月7日(土)
昨日の疲れを癒す、とか言っている暇はなく、午前中は渋谷のタカギクラヴィアさんへ。4月発売の新アルバムのジャケ写撮影でした。(音も録ってないのにないのにね・・・17日からレコーディングです)美人スタッフに囲まれ、眠かったけど、楽しく撮影できました。
すぐに帰宅、鶯谷でとんこつ味噌ラーメン、こってりでうまかったけど・・・
遠方からのお客様を中心に、小休憩をはさみつつも正味7時間のレッスン、終わったのは23時過ぎでした・・・

2月8日(日)
今までさんざん放置してしまった生徒さん達の面倒を見るべく、10時から19時まで、ランチタイム以外ずっとレッスンしました。そのあとは、調律師様が来訪、そのすきに、みなさまからの頂き物など整理いたしました。
明日から、レコーディングに向けて必死でさらいます!!!

がんばるぞ!!!

2月9日(月)
東京一の洋食屋、との声も聞く、レストラン・香味屋根岸本店

本日はM瀬先生と香味屋で会食しました。
先生、中目黒から電車一本とはいえ、呼びつけてしまってすみませんでした。

ハヤシライスとサラダとコーヒーのセットで3100円は確かに高いと言えば高い・・・
でも、落ち着いて食事できるし、ガストでもちょっとちゃんと食べると1000円超えることを思えば・・・まぁ可能だよな。
ご飯が少なめだったのか、ちょっとデミグラスソースの味が濃かった気もしますが・・・またほかのメニューをいただきに参りますね。

帰宅してからは、無伴奏パルティータの編曲にも取り掛かりました。
今日はアルマンドの前半、クーラントの前半の編曲を済ませました。
先日編曲を済ませたサラバンドはあと清書するだけですから、手つかずなのはジーグだけ・・・このジーグがかなり曲者なのですが・・・なんとか間に合わせます!

明日は、洗足のラスト勤務で、試験官やってきます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/216-b0a8c5a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。