リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

録音前夜
2月10日(火)
朝から溝の口に出かけました。洗足のラスト勤務、試験官です。
僕の生徒で一番苦労している子がいるのですが・・・彼は今日は前期よりはかなりマシな演奏を聴かせてくれました。まだまだ基準には達していませんが・・・よく頑張ったと思います。引き継ぎのA嶋先生、どうぞよろしくおねがいします!

午前29人、午後22人を5分ずつ聴いて、かなり参りました・・・
今日も教員食堂の味は良好でした。これとも当分お別れかぁ・・・

帰りは霞ヶ関で降りて呼吸器の医院に寄って、先週の検査の結果など聞きました。アレルギー抗体以外は、いたって健康体みたいです。引き続き薬はいただき、銀座を散歩がてら今日もヤマハでバッハ関係の楽譜や資料をかき集めて、7時すぎに帰宅しました。

買ってきたシチリアーノやG線上のスコアを拾いつつ、今日はジーグの編曲に取り掛かりましたが・・・これ、大変だわ。旋律、動きすぎでハーモニーがうまくつけられません。レコーディングを1週間後に控えて・・・どうしよう・・・
明日も必死で働きますね!

2月11日(水・祝)
朝から黒い車が九段方面に走って行きまして賑やかなことです。
必死で編曲作業をしました。おかげさまで、すべて出来上がりました。
編曲、といっても、無伴奏の単旋律のヴァイオリン曲をピアノ曲に仕立てるわけですから、半分、作曲に近い作業です。しかも制約つきの!基本的に、ヴァイオリンの旋律にはほとんど手を加えていません。無伴奏ですから、旋律自体がバスやハーモニーを内包しているわけで、それを残しつつ新たにもう1本の線を足すのはとても難しいことなのです。
でも自分の、作曲家としての地位を考え(あまり原曲を改変すると怒られそう)、また、シャコンヌを終曲として盛り上げるためにも、あえてそのスタンスでやりました。

バッハ様の素晴らしい旋律にあわせた音楽を考えるのは、至福のひと時でした。スタイル的には、かならずしもバッハばかりではなく、後世のいろんな作曲スタイルからヒントを得ています。しかしもちろん、ラフマほどキャラを立てることはできませんでした。
演奏はかなり難しいものになってしまいました。おもに右手に置いたヴァイオリンパートもかなり弾きにくいうえに、新たに書いた左手も、交差があったりして結構厄介です。清書を進めつつ、がんばってさらいます。

2月12日(木)
今日も清書でFinaleに向かう・・・昔取った杵柄、とはいえとにかく16分音符が多くて、やはり入力に時間がかかりすぎるので、MIDIキーボードを買いに行くことにして、とりあえず練習しました。
夜、上野で所用を済ませる前にヨドバシに寄ったのですが、上野店にはMIDI関連は置いてないらしい・・・というわけで、用事が終了後ぎりぎり22時の閉店に間に合いそうだったのでアキハバラのヨドバシに行きました。
無事ローランドのコンパクトな32鍵のやつをゲット(本当は49鍵のが良かったんだけど、在庫がなくって・・・)、帰宅後接続し、設定に手間取ったもののいざ入力を開始すると、やはり格段に楽ですね。一番音符の数が多いGigueの入力が、修正時間も含めて1時間ちょっとで済みました。置き場所を考えると、まぁ32鍵でよかったかな?と。
パリ時代にもこれ持ってたら楽だったろうな。何で今まで買わなかったのか・・・

明日は池袋DAYです。

2月13日(金)
朝から池袋、
昼ごはんは桐の後輩と池袋のはずれでフレンチ食べました。
こちらが心配になるほど空いてました・・・

夜は急いで帰って、税理士さまをお迎えしました。今年はちゃんと青色申告にして65万円控除ですから!
11時過ぎまで僕の、整理されていない書類を根気強くチェックしてくださいました。しかし、さすがプロですね。
クレジットカードの明細の暗号のような欄を見て、僕がどんな暮らしをしているか読めちゃうんですからね・・・頼りにさせていただきます。
今年も還付されますように・・・

2月14日(土)
朝は調律師さまをお迎えする。
これからの大事なレコーディングに備えて、我が家のピアノもそれなりの状態にしていただきました。最近酷使してましたからね・・・
あ、今年はバレンタインデーもそう悪いもんじゃないな、と思いました。
夕方には最低限の清書も終了、必死でさらいました。

2月15日(日)
受験生を一名様だけ最終チェックしましたが、
基本的には自分のために時間を使いました。
昨日出来上がった楽譜も、そしてほかの曲も必死で解凍しました。

2月16日(月)
今日も自分のための一日でしたが・・・
夕方、郵便局に行くついでに日用品の買い物に出てきました。ステーキ肉とか、久しぶりに買っちゃったよ・・・
今更ながら桐朋の授業の成績をつけました。2コマ合わせて約60人分なので駆け足で、結構大変でしたが、みんなが試験に書いてくれたことの中にはなかなか面白いこともあって、またあとでゆっくり見ようと思いました。

さて、明日からいよいよ2枚目のCDのレコーディングです。
曲目は、おととい決まった限りでは
バッハ=ラフマニノフ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番より
「プレリュード、ガヴォット、ジーグ」
バッハ=ヘス 主よ、人の望みの喜びよ(カンタータ第147番より)
バッハ=ケンプ シチリアーノ(フルートソナタ第2番より) 

バッハ 6声のリチェルカーレ (音楽の捧げものより)
バッハ=菊地裕介 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より
「アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグ」
バッハ=ブゾーニ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より
「シャコンヌ」
リスト B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ

の、「予定」です。(曲順などは未定)
すごく重いですが・・・
楽しんできますね!
会場は彩の国さいたま芸術劇場、
今回は近いので泊まらずに通います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/217-ed9bfaa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。