リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-A-C-H無事収録終了
2月17日(火)
今日からいよいよ3日間の録音セッションです。
11時過ぎに与野本町駅に到着、数年ぶりのさいたま芸術劇場へ向かいました。
午前中はまずはマイクそしてミキシングなどのセッティングです。これから弾く曲をさらいこむことが許される最後のチャンスでもあります。
「必死で」さらう。笑
20214091_1196386402.jpg

今回使用するのは、タカギクラヴィアさん所蔵の特別チューンした1989年ニューヨークスタインウェイ、巨匠サウンドのする、素晴らしい楽器です。とても繊細なコントロールが可能な反面、ちょっとでもタッチが乱れるとすぐにそれを拾ってしまう、とてもシビアなプロ仕様の楽器です。
通称「F-1(エフワン)」だとか・・・
20214091_3768546110.jpg

1回目のセッティングは残響感が気に入らず申し訳ないもののダメ出しをさせていただきました。しかし、お陰で2回目のセッティングは素晴らしいものに仕上がったと思います。非常に楽しみ!
ここでランチタイム、焼肉を大量に喰らう。
16時過ぎ、やっと収録の開始です。
シャコンヌから始めて、ラフマニノフ編のプレリュード(のちに破棄してしまうのですが)とガヴォットを録ったところでもう22時、終了です。まっすぐ帰り、23時過ぎには帰宅しましたが、それから「いも煮」を作りながら洗濯・・・着るもの無くって・・・
しかし、激しい曲を繰り返し繰り返し弾きまくり、筋肉痛になってきました。

2月18日(水)
今日も11時半のスタートですが、セッティングはありませんからすぐに一番頭を使う6声のリチェルカーレから収録開始、ラフマニノフ編のジーグ、「主よ」と順調に進み、今日も15時にランチタイム。
午後はB-A-C-Hと闘い、シチリアーノを録り、最後に昨日いま一つ気に入らなかったラフマ編のプレリュードの再録をしてみたら、これがなかなか良かったので昨日のヴァージョンは破棄、こちらを採用することになりました。21時30分ごろ終了、帰宅しました。
これでいよいよ残るは自作編だけになりました!がんばろう!

2月19日(木)
今日も11時半のスタート、自作編を、一番厄介なジーグから、アルマンドまでとったあたりで今回のライナーノーツを書いてくださる萩谷先生が視察に訪れまして、ランチタイム!今日はステーキでした。
食後はクーラント、そしてサラバンドと録り進み、19時前にはすべての録音が終了いたしました。
まぁヴァイオリン特有の音型のせいでクソ難しくなってしまったのにあまりそう聴こえない自作編はともかく、シャコンヌなんかは、今まで誰もしていない、かなり爽快な演奏に仕上がっていると思います。B-A-C-Hもかなり激しい出来だと思います。
20214091_78330819.jpg

タカギクラヴィアさんの「フルコンが指一本で動く運搬機」非常に興味深かったです。ステージから数分でトラックに収まってしまいました。写真撮り忘れたけど一見の価値がありますよ!

プロデューサーのKさんと、萩谷先生と3人で与野駅近くの居酒屋さんへ・・・我慢していた「生」と「美酒」をありがたく頂きました!
帰宅の電車内でもプロモーションについて話し合い、大変に有意義な一日でございました!

B-A-C-H 変貌するバッハ、トランスクリプションズ
4月22日 コロムビアミュージックエンタテインメントより全国発売


バッハ=ラフマニノフ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番より
「プレリュード、ガヴォット、ジーグ」
バッハ=ヘス 主よ、人の望みの喜びよ(カンタータ第147番より)
バッハ=菊地裕介 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より
「アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグ」
バッハ=ブゾーニ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より
「シャコンヌ」
バッハ=ケンプ シチリアーノ(フルートソナタ第2番より) 
バッハ 6声のリチェルカーレ (音楽の捧げものより)
リスト B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ

先行予約も始まっている模様。
http://www.amazon.co.jp/B-C-H-~%E5%A4%89%E8%B2%8C%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E3%80%81%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA-%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E8%A3%95%E4%BB%8B-p/dp/B001S5KZLA
アマゾンのまわし者ではありませんが、よろしくお願いしますm(__)m

2月20日(金)
午前中、生徒さん一人来訪。
午後は、今後の日程を整理したのち、表参道のカワイへ出向き、ムジカノーヴァ誌のインタビュー、4月23日のショパン協会のコンサートについてが主な内容ですが、22日のCD発売についても触れていただく。
終了後は上野に戻り、前から行きたかった不忍池裏のフレンチレストラン「コーダリー」にて大先輩先生と楽しい会食の時を過ごしました。
http://restaurant-caudalie.com/
長年、教育の第一線で活躍してこられた先生のお話は大変興味深く、そして学生たちへの愛情の深さも感じ、自分も滅私奉公しようという気分が大変に大きくなりとても有意義な刺激をいただきました。
料理もワインも大変おいしゅうございました。・・・少々会計はかさみましたが・・・
充実した一日でした。

2月21日(土)
今日はランチを挟みつつ4人の生徒さんをみっちりレッスン、したり会食したり・・・それで一日が終わってしまいました。
明日は朝から、久々の桐朋勤務です。
がんばるぞ!!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/25 12:45】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/218-9fc754e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。