リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着々と
2月22日(日)
9時出勤、仙川勤務。
お昼ごはんは商店街のタイ。17時勤務終了後はまた隠れ家カフェへ行ってひとやすみ・・・
三ノ輪で降りて買い物して、半額品を買いあさり、家でひとり宴会しました。

2月23日(月)
8時45分出勤、池袋へ、9人のレッスン+ホールリハの様子見。上野で用事を済ませ深夜帰宅。MJ友人たちと軽く飲み。

2月24日(火)
午前中は死んでました・・・
お昼過ぎののぞみで名古屋入り。カワイにちょっこうし、明日の講座の準備をしました。
夕方、カワイのOさんに連れられ魚介のおいしい居酒屋に伺い、たっぷり飲み食いしました。ゴチになりました。ホンマ恐縮です。

2月25日(水)
会場直結のホテルだったので助かりました。
少々のウォーミングアップののち、10時半に講座スタート、休憩もなく、以下のテーマにおおむね沿いつつ、ご質問にも答えつつ、話をすすめ、最後にはB-A-C-H弾いてきちゃいました。60名を超えるお客様、なかには音高や音大の有名な先生もいらっしゃって緊張しましたが、興味を持ってくださり持参したCDも完売でした。万歳!

2009年2月25日(水)1030-1200
カワイ名古屋2Fコンサートサロン「ブーレ」

ピアニストによるレクチャー 9
「楽に弾けなければ永遠に弾けない!」
なぜエチュード=練習?~ハノンからショパンエチュードに向けて~

練習のポイント&指導のポイント
単純反復は苦痛の固定
ハノンは役立つ教材だが、ある1行ですべてが台無しに!
動かない指ほど良い指=石のような手を目指せ!
皆が勘違いしている脱力ポイント
科学的ペダリング
譜読みとは指使いを決めることである
イメージング=グルーピング=ポジショニング

http://shop.kawai.co.jp/nagoya/recture/pdf/20090225_kikuchi.pdf

終了後は昼食をいただいて、すぐに新幹線に乗り東京の某出版社で相談事をしておりました。大きな話にまとまりそうで、大いな期待を抱いて帰宅。でも・・・疲れました・・・

2月26日(木)
午前中出掛けなくてよかったので、夕方まで、さすがに休みました。
その後上野でとある商談、そののち、ショッピング、で、帰ってからは、ある企画書をまとめ、結局夜中になり、4時過ぎに寝ました。

2月27日(金)
池袋へ、8時15分出勤、9名レッスン、お昼は野菜だらけのプレートランチ。夕食は屯ちんのとんこつラーメン大盛り得入りスープまで完食。
帰宅後も何かと仕事が相次ぎ、この時間に・・・

明日も朝から仙川へ行きます!!

CDはここまで出来上がりました。
b_a_c_h0226.jpg

今回の自作編、全音のピアノライブラリー(いわゆる青い表紙のヤツ)から出版されることになりました。さらにブゾーニ編の日本語初の校訂版を僕が作り、一冊にまとめて「バッハ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番(全曲)」の出版になります。
6月発売予定です。皆さん、こちらも合わせてお願いします。ブライトコプフよりずっと安くなる予定だし、僕の指遣いなどおトクな情報をたくさん詰めちゃいますよ!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/05 23:06】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/220-6a14bec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。