リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方針転換
読んでて疲れるだけでつまらん、コメントのしようがないという話が多かったので、これからはテーマをしぼって書こうと思います。

3月8日(日)
今日は芸大の入試という重い責務の仕事をしました。
作曲科とオルガン科を志願する人たちを聴かせていただきました。
試験官との距離がとにかく近い!ガチガチに緊張している人を見ると、思わず「がんばれ!」って心の中で言いたくなってしまう。
日ごろの試験では何も感じなかったけど、今日こそは自分の昔の姿を思い出しました。

3月9日(日)
新宿の朝日カルチャーセンターで
「バッハの遺したもの」というテーマの講義をしました。
バッハと、「減7」の関係にスポットを当てて、
それでもショスタコやスカルラッティも持ち出して、
楽しくお話しさせていただきました。
みなさん喜んでくださったようで良かったです。
次回は23日です。

3月10日(月)
南麻布のスタジオでCDの編集をしました。
一回も正しい音を弾いていないところ・・・なかったわけではありません・・・
見つけた人、うちに来てくれたら粗品差し上げます。

でも、全体では、なかなか迫力のある仕上がりになったのではないかと思います!楽しみにしていてください。

3月11日(火)
早起きして浜松へ行ってきました。
自分が受けていたころの最年少だったG君が、なんと最年長です。
時の流れを・・・否応にも感じさせられました。
先生がたはほとんどなじみの方で・・・
中村先生はもちろんですが、恩師ヴァルディ先生、たびたび習ったヤシンスキ先生、ウィーンでお会いし奥様にもお世話になったクリスト先生、そしてバックス先生は初めてお会いしたのだけど、自分と同年輩とは思えないほど落ち着いた素敵な方でした。
レッスン見学は、至福のひと時でした。そして、一年間の教師生活で自分の感性がいかに消耗し、刺激を欲していたかを悟りました。
やっぱりもっと勉強したい!と思いました。
シンポジウムのあと、中村先生に誘っていただき先生方とディナーへ行きました。アカデミー出身の石井先生、アルゲリッチ音楽祭の伊藤京子先生もいらっしゃって、歓談しました。

3月14日(土)
「心の友」、大萩くんとH子ちゃんの結婚式でした。
パリで出会ったオハギはどんどん先へ行ってしまいましたが、
2人で幸せに、なってほしいものですね!
「愛の喜び」を贈りました。
同席した中学同級生の884君も来週、ハワイ挙式と聞かされ仰天!
おめでとう!

3月20日(金)
友人、矢野玲子様の「妹君」の結婚式でした。(またかよとか言わないように!)玲子ちゃんだっていちおー年下なんですが、その妹君ですぞ!!
酔って前後不覚のサンサーンス、一部大変なお耳汚しでござんしたが、無礼講ということでお許しください!がんばって盛り上げたから!
今日も、またこの間とは違ったものの、ほんとうに、ほんとうに素敵な式でした・・・!

3月21日(土)
鍵冨君との演奏会でした。
まぁ、本番は、乗り切りましたよ!!
プロコはちょっと燃え過ぎたかな・・・?
ブラームスは、わりかし積極的な弦太郎君を引っ張り、思い切り哀愁ワールドに引きずり込みましたよ。笑
1番は初めて弾いたけど、やっぱりいい曲ですね!
来てくださった皆様、ありがとうございました。
アンコール冒頭で笑いをとってごめんなさい。笑

3月23日(月)
今日も朝日カルチャーセンターで講義。
今日は話題を「編曲」にしぼりました。
いかにバッハが愛され編曲され、その目的や技法とはいかなるものであったかをしゃべりました。今日は、参加者さまも積極的な方がいらっしゃり、質問などをしてくださって盛り上がりました。やはり授業というのは、こういうのが好きです。先生から生徒への一方通行みたいのは嫌いです。やっぱり僕は根っからのヨーロッパ帰りみたいです。

帰宅後は、舞ちゃんに合わせをしていただきました。
フォーレ全然さらってなくてごめんなさい・・・!
本番までに楽しい演奏にしましょうね!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/04 00:20】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/225-be794de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。