リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休→猛烈
今月のメニューはとにかく難しい曲が多くって、とっても大変でございました。
31日に弾くラフマニノフのチェロソナタ、めっちゃいい曲ですが、難しいです。コンチェルトと大差ありません。リヒャルトのヴァイオリン・ソナタを超える感じですね。がんばります。
フォーレのヴァイオリンソナタ(第1番)これも、テンポが上がってくると相当に難しいですね。手が3本、目玉が3つ欲しい感じですね。

そんな僕にもまぁゴールデンウィークは人並みの3分の1くらいはありましたが・・・とにかく上記の曲の譜読み、そして合わせをしながら失われた気力体力の回復に全てを費やした感じでした。全音の楽譜の原稿などの続々とやってくる締切にも追われ続け、結局、どこへも出かけませんでした。東京23区、それもほとんど台東区か、隣接の地域にしか出なかったですね。

5月8日(金)
連休明け第1のイベントは日本演奏連盟のクラシックフェスティバルでした。例年通り、豪華メンバーを集めたコンサートですが、今回、これに出演できるという名誉と引き換えに(?)5台ピアノ編の作成という大変な重労働を課せられました・・・笑
カルメン、はまだオケが原曲だったから良いようなものの、カンパネラ、はもともとソロ、せいぜいヴァイオリンコンチェルトですよ。水増しするのはなかなか大変な作業でした。とにかく、楽譜に音符を入力するだけでも大変な手間がかかりました。まぁしばらくは5台の編曲は勘弁して下さいまし

さて、前日のリハ、当日の本番とも、それぞれに半日仕事でした。文化会館は2週間前に弾いたばかりですが、大ホールは実に2年ぶりでした。やはり気持ちが良いですね。
僕の出番は後半、若林さんにラ・ヴァルスをお手合せ頂き、青柳さんの先導で自作の5台ピアノを弾かせていただきました。演奏者のパワーにも助けられ、自作編、中でもカンパネラは、お客様にも喜んでいただけて、まぁ良かったです。
そして先輩ベテラン勢によるラプソディー・イン・ブルーは、さすがの迫力でした。

2009年5月8日(金)18時30分開演
東京文化会館大ホール
日本演奏連盟第21回クラシックフェスティバル
ピアノ誕生300年記念
第1部 ソロ

スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K.490 ソナタ ニ長調 K.492
チェンバロ/曽根麻矢子
モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397
ピアノ/青柳 晋
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」第1楽章
ピアノ/若林 顕
シューベルト:即興曲第3番 作品142
ピアノ/田部京子
ショパン:バラード第1番 ト短調
ピアノ/迫 昭嘉
シューマン:アラベスク ハ長調
ピアノ/伊藤 恵
ラフマニノフ:前奏曲 作品23-6、23-2
ピアノ/清水和音  

第2部 連弾―2台ピアノ―5台ピアノ 
   
ブラームス:大学祝典序曲
ピアノデュオ ドゥオール 藤井隆史&白水芳枝
ドビュッシー/ラヴェル編:牧神の午後への前奏曲
ピアノ/伊藤 恵&青柳 晋
ラヴェル:ラ・ヴァルス
ピアノ/若林 顕&菊地裕介
リスト/菊地裕介編:5台ピアノによる「ラ・カンパネラ」
ピアノ/青柳 晋 菊地裕介 白水芳枝 藤井隆史 松本 愛
ビゼーの「カルメン」による5台ピアノのためのファンタジー/菊地裕介編
ピアノ/青柳 晋 菊地裕介 白水芳枝 藤井隆史 松本 愛
ガーシュイン/森山智宏編:5台ピアノによる「ラプソディ・イン・ブルー」
ピアノ/迫 昭嘉 伊藤 恵 清水和音 田部京子 若林 顕

20214091_1100661867.jpg

終演後は上野で打ち上がり、楽しく飲みました。翌日以降は毎日朝から夜までみっちりのレッスンでしたが・・・

5月13日(水)
ここのところ自転車に良く乗っています。今日は本郷の楽譜やさんに行ったのですが、東大前のラーメン屋さんに寄ったり、自由に行動できるのが魅力ですよね。そう、また最近ラーメンを愛してしまっていて・・・リバウンド気味です。今まで、実は大勝軒とかうめもとに行ってもあまりピンと来ていなかったのですが、自宅近くのつけ麺屋「葵」でつけ麺に目覚め、通学路の千駄木のつけ麺「Tetsu」も制覇しました。いつも行列ができているので気になっていたのですが・・・さすがに美味でしたそういえば、もともと好きだった家系の本山六角家も、御徒町ラーメン横丁にてデビューしました。印象はあまりありませんでしたけど・・・

5月14日(木)
東京音大で木曜日夕方に行われている作品解釈の講義にやっと出席することができました。去年はスケジュール的に無理だったのですが、今年はこういうイベントにきちんと出席できるようにレッスン予定を組みました。ここのところいつも出力するばっかりだったので、シルデ先生のお話に耳を傾けるのはとても幸せな気分でした。テーマはベートーヴェンでしたが、うんうん、とうなずくことがほとんどでしたが、それをどのように伝えたらよいのか、というあたりを含めいろいろと参考になりました。200人近く来ている学生たちにも届いているとよいのですけれどもね・・・

5月15日(金)
金曜日は学校は休みですが、朝は川井真由美さんとラフマニノフ、ベートーヴェン、マルティヌー、シューマンを合わせ、夜は鈴木舞ちゃんとフォーレ、プロコフィエフ、サン・サーンス、ヨアヒムの合わせをしました・・・
すべて終了後は17日に名古屋で弾くソロの曲(ベートーヴェン)をさらいました。
ピアニストって大変ですね・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
相互リンクのご依頼
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
Mrl6Hun7
【2009/05/21 03:21】 URL | hikaku #cJuqLt0I [ 編集]


某音楽大学ピアノ科4年のものです。
菊地さんのCDを聴いて以来ずっとファンでおりまして、ブログも楽しく拝見しています。
(個人的には以前の毎日書かれる日々の報告形態も好きでした)
菊地さんの音楽はわたしのフィジカルな精神(矛盾していますが)を刺激してくれます。素晴らしい音楽をありがとうございます。
ところで15日の合わせの内容にとても驚きました。
ラフマとフォーレだけでも大変だなと思ってしまうのに…すごいです…
いろいろなものがすり切れないよう、ぜひお身体ご自愛ください。
更新も楽しみにしております。
【2009/05/21 09:19】 URL | #gIYQI5Sw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/231-ad29f1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。