リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術成功
5月16日(土)
先日書きましたが、夕方から名古屋へ行くというのにPCが逝きました。
頭が真っ白になります。とにかくHDDの動作テストだけしたところ死んではいませんでしたのでとりあえず安心し後回しに。
良く乗る最終のぞみ車内では、めげずに、こないだ新しくした携帯カメラのテストで地鶏など。
20214091_1984078780.jpg
20214091_483473721.jpg
憔悴しきった顔してます。
ホテルに到着後もぱちぱちと。
20214091_1704381536.jpg


5月17日(日)
朝はホテルでゆっくりして、お昼前からリハ開始、
とにかく、2月に1週間で譜読みして以来放置していたop.34の変奏曲の暗譜の安否が最大の争点でした・・・笑

2009年5月17日(日)15時開演
名古屋市中川文化小劇場 あおなみ線荒子駅前
小劇場コンサートVol.38 入場無料
サクソフォーンとピアノのコンサート
サクソフォーン 堀江裕介
ピアノ 菊地裕介

ベートーヴェン 自作主題による6つの変奏曲 作品34
ベートーヴェン ピアノソナタ第23番「熱情」

本番はどうにかこうにか・・・僕は前半の出番でした。
アンコールは座る瞬間まで迷いましたが、結局B-A-C-H弾きました。そして弾いたあとちょっとしたウンチク話をして、CDの売り上げも伸びました[m:242]

後半を楽屋でモニターしながら、東京から来たうちの祖父母としばし会話しました。
終了後はいつもの素晴らしいお店で食事。
5727653_111039379.jpg
5727653_3071260399.jpg
5727653_563253806.jpg
あさってがあるのであまり遅くならないうちに、とは思ったものの、帰宅したら23時を過ぎていてもう練習はできませんでした。

5月18日(月)
朝から芸大、夜まで芸大・・・
今日は生徒が来ない合間にフォーレを必死でさらいました。とはいえ、あまり合間もなかったのだけど・・・
夕方のレッスン終了後、さらに1時間必死でさらってから舞ちゃんと合わせをしました。そのあとも、23時まで必死でさらってから帰宅しました・・・とにかく必死でした。難しいです。

5月19日(火)
本番日ですが、朝は6時半に起床、クリーニングに出しそびれたシャツのアイロンをかけたり、準備を進め、8時過ぎには出発しすき家であいがけカレー食べて9時から東京音大でレッスン・・・午前中で切り上げ代々木上原へ向かいました。
舞ちゃんが到着するまで必死でさらい、それでGP、本番と進み、多少ミスりましたがどうにか切り抜けることができました。
それにしても、舞ちゃんはすごかったです。僕、フルートを含めいろんな人とプロコの2番弾いてきましたが、今日が最速でしたね。
舞ちゃん、満員のお客様に歓迎され、本当に輝いていました。ささやかなサポートができて僕も幸せでした。僕もこうしてだんだん・・・歳をとってきてるんですね・・・
会場のMusicasaには本当に久しぶりの訪問(まあ7-8年はたっているかと・・・)で懐かしかったです。

2009年5月19日(火)18時45分
MUSICASA(代々木上原)
未来から来る演奏家を聴く会第154回
鈴木舞ヴァイオリンリサイタル
フォーレ ヴァイオリンソナタ第1番
サン・サーンス ワルツ形式による練習曲 (イザイ編)
プロコフィエフ ヴァイオリンソナタ 第2番
ヨアヒム ロマンス

終了後はフレンチで打ち上げ、深夜帰宅でございました。

5月20日(水)
今日は午後からのレッスンだったのでビックカメラに寄ってビデオカードを調達しました。これで直ってくれることを願いつつ、今度は9600GTにしてみました。
レッスン、会議を終えて9時過ぎ帰宅。ハム、チーズ、ワインで軽く食事をして、さっそく手術にとりかかりました。
取り外したカード・・・
20214091_2224864686.jpg


・・・・・!!!!!
20214091_2406875357.jpg


去年の10月に交換してこれはないでしょう・・・???保証きくのかな?ツクモへgo!ですね。

2スロット占有のカードだったのでスロットの配置を一寸いじる必要があったのですが、無事交換、恐る恐る電源投入・・・・・・

・・・正常起動しました。やれやれでした。

これで作業を再開できるので、明朝の締め切りに向け全音の仕事に取り掛かり先ほど終了、無事に発送を済ませ、こうして日記を書いています。明日も池袋・・・午前中から夕方まで一日中レッスンです・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/232-e4aa1443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。