リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年半ぶりの脱出
6月2日(火)
夜までレッスンして、久しぶりに行きました山田屋。
カンピロバクターE型肝炎なんのその。というわけで刺身系(レバ、ガツ、チレ、コブクロ、センマイ)を始めホルモン焼き食いまくりマッコリを浴びるように飲みました。締めのモンク(海藻スープ)もおいしかったです。歩いていける隣町なのになかなか行かない三河島という東京最深タウンですが、この店はマジでおすすめです。お越しになる際は声をかけてくださいね。
5727653_1397640436.jpg
5727653_2742659226.jpg
Mちゃんおつきあいいただいてありがとうございました。毒吐きまくりの会話も楽しかったです。

6月4日(木)
前日は夜までG大の補講をしてました。ちなみに松坂屋で買ってきたうなぎ弁当を教官室の電子レンジで暖めて蒲焼の匂いを充満させたのは僕ですw、学校の電子レンジを見ると中学のころ無線部の部室で昼休みに、生徒会の畑で取れたジャガイモをふかして食べたりカップラーメンに水入れてあたためて作ったりしていたことを思い出しますね・・・ホットプレートで焼肉、なんてこともあったような・・・(笑)
帰宅後荷造りその他の準備を開始しましたが、異様に時間がかかり、結局完徹になってしまいました。
8時過ぎ、眠すぎる眼をこすって、日暮里までタクり荷物を預け、池袋に行きました。レッスン中も眠くて死にそうでしたがどうにか頑張り、日暮里に戻ったところでバカなことに自宅へ帰るバス停の方に降りてしまうところでした。習慣って怖いですね。
気を取り直して荷物を取り出し、スカイライナーに乗ったらもう爆睡でした。成田ではスーツケースの鍵探しで時間を食ってしまい、結局何もできず、ギリギリで搭乗口に向かいました。
20214091_532420482.jpg
離陸して、食事でワインを飲み干して、けっこう気流が悪くてシェイクされていたらさらに眠くなってあっという間に寝てしまい、気がついたらもう朝食の時間でした。そしてまたうたた寝をしていたら着陸の衝撃を感じ、実にあっけなくパリに着きました。今まで日欧間を何十往復としてきましたが、成田発の夜便は初めて乗りました。なかなかいいですね。
なんといってもいつも混んでいる成田空港がガラガラだったのにびっくりしましたよ!
20214091_131537519.jpg


6月5日(金)
乗り継ぎ時間は3時間強、かって知ったるCDG空港、なんだかすでに帰ってきた気分になります。なのでのんびり読書などしていたのですが、乗り継ぎ便は2Gっていう聞いたことないターミナル発で、これがえらい遠くて危うく乗り遅れる寸前でした。
ハノーファーまでは1時間強のフライト、この区間は通学していたこともあるので慣れた道のり、ほどなくハノーファーに到着しました。空港につくと、ここも帰ってきた感触を覚えるのだから不思議です。
電車に乗り町に出て、バスを乗り継ぎ元住んでた家(今は後輩が住んでいる)に帰りました。パリの空港で外に出たときにもすでに感じましたが、朝のこの空気、この匂い、懐かしい、ヨーロッパの空気だ!!
やっぱり感動しますね。1年半の時の隔たりなんてすぐに忘れてしまいます。僕の部屋もほぼ元通りで、この家に住んでいたのがつい昨日のことのように感じます。そして、やっぱりヨーロッパに来ないと自分の音楽が荒んでしまうのではないかという思いを新たにしました。ちょっと離れすぎたね。次はもっと近いうちに来ようと思いました。
ちなみに、前回の時の日記はこんな感じで・・・
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-109.html
自分の状況が当時とずいぶん変化しているのを感じます。

トルコ料理店で昼飯を喰らい、あらためてドイツ帰還を実感。

6月6日(土)
同門の後輩の試験を聴かせてもらいましたが、とても立派な演奏で感歎しました。日本に帰ってから、日ごろの判断基準がやっぱり下がっていたかもしれません。やっぱりハノーファーレベルの耳を維持しなければいけないよな。と痛感。
その後夕方、ヴァル師匠にレッスンをしてもらいました。ここのところ全くさらえてない曲だったので恐縮だったのですが、いろいろとアドヴァイスを頂きました。なんだかそれだけで純粋に感動しました。人は習うことをやめてはいけません。もっともっと勉強したいです!!!!

夜は宴会しワインを飲みすぎました。おかげで翌日は一日寝て過ごしました。でも、ずーっと疲れ気味だったと思うので、ここで休めてよかったです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/237-98766b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。