リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーンの夜会
6月14日(日)
夕刻ハノーファーを離れ、実に4年ぶりにウィーンの地に降り立ちました。1990年に家族と来て以来ちょうど5回目の訪問です・・・
このところいつも泊まっているホテルの最寄り駅Pratersternが激しく変わっていてびっくりしました。地下鉄とかも延長されている模様。
でも、ウィーンは心が躍ります。やっぱり美しい町ですね。

6月16日(火)
昼間はピアノを弾いていたんですが、夕方になって、ヴァイオリン弾きの友人M浦君がウィーンに入試を受けに来ている、ということで、連絡を取ってみたら、今晩コンサートに行く、とのこと。
演目は?ってきいたら、ラクリンとゴランのデュオだとか・・・!
ラクリン!!そしてゴラン先生!!去年の3月17日に聴いてますますファンになっているんですが・・・
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-137.html
なんという偶然!これはまた聴きたいと思い、すぐにムジークフェラインに走りチケットをゲットしました。

ベートーヴェンオンリーの濃~いプログラムでしたが、絶妙なコンビで、まぁときどき噴出したくなっちゃうくらいすばらしい熱演でした。スプリングソナタもあそこまでエキサイティングになるとは・・・2人ともすごすぎる!!!
20214091_2594202879.jpg
20214091_2017681785.jpg

会いに行ったら先生もびっくりしてましたが、「最近、君の名前をコンサートガイドで見かけるよ」って言ってくれてなんだかうれしかったですね。

終了後はM浦くん親子と、これまた久々の再会のT橋くんとウィーン料理ディナーと洒落込みました。

6月18日(木)
そんなわけで今日キーシンのリサイタルがあることを知りましたが、広告には「売り切れ」の文字。でも、ないわけないと思ったんで、少し早めに来たら、案の定チケットを持ったご婦人が・・・譲っていただきました。おまけに安く譲ってくれて、ラッキー!

プログラムは先だっての日本公演と同じでした。聴き逃してしまっていたので、ここで聴けて本当によかったです。
実は日本でキーシンを聴いたことがないのです。パリで何度か、そして、前回キーシンを聴いたのは、もう6年くらい前で、確かザルツブルク音楽祭だったかな・・・偶然、またオーストリアですね。

プロコのロミジュリと8番ソナタ。
後半はショパン、幻ポロにマズルカ3曲、エチュードの抜粋。
そしてアンコールは、ショパンのノクターンop.48-2 悪魔的暗示、そしてウィーンの夜会6番でした。

前半のプロコでもう・・・・打ちのめされました。出だしの少女ジュリエットからもう奇跡のようなサウンド、そしてソナタでは、笑いが止まらない、そして涙が止まらない状態、感動でした。最近、忙しいことを隠れ蓑にして弾き散らしていた自分のゴミのようなピアノを本当に恥じました。これからまた、心を入れ替えて練習しようと思いました。
それに比べると後半は慣れもあってか、割と凡庸に感じましたが・・・それでも只者でないことは良くわかります。ただ、やはりショパンは難しいですね・・・

キーシン定番のロングアンコールの曲数、今日はいつもより少なめでしたが、割と濃い目の曲でしたね。オハコの悪魔的暗示は、もう圧倒的で、息が止まりそうでした。
そして締めがウィーンの夜会ってのは、実に憎い演出ですね。
会場は大盛り上がりでした。

すばらしい演奏会、タナボタ的に聴けて大満足でした!!!
こういう機会を、東京では逃してしまっていたんだから、本当に働きすぎは毒ですね。

20214091_2491441022.jpg
20214091_141131984.jpg

パリでも演奏会に行こう!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

バッハパルティータ2番の楽譜を早速購入しました。シンプルで、モダンで、自然な流れで、泣ける程美しいです。美意識の高さに益々ファンの度合いが高まりました。
【2009/06/26 10:23】 URL | n-shou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/239-b3a81429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。