リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン終わりパリへ
6月20日(土)
M浦君親子が僕の演奏を聴きに来てくれて、そのあと大宴会をしました。ウィーンの若手ヴァイオリン弾きのホープたちと出会えて、とても楽しかったです。みんな芸術家ですね!!

6月22日(月)
Volksoperで、リヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」を見てきました。国立歌劇場では「アイーダ」をやっていたのですが、ちょっともたれ気味だったので、軽めの、ウィーン全開の作品を鑑賞したかったのです。
ところが・・・これがすばらしかったのです!!
ツェルビネッタ役を歌っていた・・・誰だかチェックを忘れたのですが・・・
もう、テクニックも表情づけも、舞台上での軽やかな立ち振る舞いすべてが本当にすばらしかったです。
音楽って本当にいいものだな、と思いました。
20214091_3766512046.jpg

おまけにこれを「学生券」10ユーロで見ちゃったんですから・・・(売り場のおじさんがそれでいいって言うので)ウィーンはそのアバウトさも含めてやっぱり素晴らしいですね!笑

終了後は正統オーストリア料理を。
5727653_2840948871.jpg

6月23日(火)
昼はイタリアン・・・
5727653_1391718093.jpg
5727653_1141698976.jpg

まぁ隠していたわけではないのですが・・・
表彰式でした。
第13回ベートーヴェン国際ピアノコンクール・・・

2月の予備予選、139人の参加者から始まり、
16日(op.126 op.34 op.57)
20日(op.2-2 op.120)
20214091_2137224474.jpg
を経ていたのですが・・「6位」という微妙なポジションな賞と日本人最高位に与えられるKojima/Honda賞を頂きました。
20214091_1348959610.jpg

テンポ速め、個性が割と強めということで、審査員の間でとても評価が割れてしまったみたいです・・・もちろん本番は緊張もあり会心の出来というわけではなかったですが、僕だけが選んだディアベリの評判はだいぶ良かったんですけどね・・・
無難に学生風の演奏をする若い子たちが上位に残ってしまったのです。
1位のドイツ人はそれなりにうまかったですけどね。

ウィーンのK先生は最高点をつけてくださって非常に残念がってくださって・・・今後の励みになりました。まぁコンクールは本当に水物で、技術的にはともかく、非常に豊かな音楽で僕が強敵だと感じたあるオランダ人は一次で落ちてしまったし、僕と同い年の実績あるプロのピアニスト、テベニヒン君はすばらしいハンマークラヴィーアを披露したのに賞に入らなかったり・・・難しいですね、平均点が要求されるコンクールのトライはそろそろやめて、これからももっときちんと勉強して、プロとして特徴のある演奏を皆さんに聴いていただきたいと思います。
また心を入れ替えて頑張ります。

とはいえ、旅費の元は完全にとったし、リサイタルだと思えば出演料くらいにはなりました・・・!その点ではタダでヨーロッパ旅行ができて遊んでお土産も買って、おつりも・・・笑。まぁよかったですかね・・・?

6月24日(水)
毎日雨ばかり降るウィーンを離れて、パリへやってまいりました。素晴らしい晴天です!!
これからシャンゼリゼ劇場でピリス様のコンサートへ行きます!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/03 21:53】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/240-7b668200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。