リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paris→Tokyo食い倒れ!?
6月24日(水)
ウィーンよりパリへ移動、夜はシャンゼリゼ劇場でピリス様のコンサートでした。
20214091_3007318293.jpg20214091_864968408.jpg

イケメンチェリストPavel Gomziakovとの共演。
プログラムはショパンが中心で、
練習曲op.25-7 (ピアノ+チェロ版)
ピアノソナタ第3番
リストの悲しみのゴンドラ(ピアノ+チェロ版)
が前半、
後半は
マズルカ op.67-2 67-4
それからチェロソナタ

最後は遺作のop.68-4 のマズルカで、
非常に素敵なコンサートでした。
20214091_972441066.jpg
終演後お会いしに行ったら、パリ音楽院時代の友人Sodi Braide君にも会ってビックリ!いろいろ話しました。
夕食は一人だったのですが、学生時代よく通ったBistro Romainのカルパッチョ食べ放題で・・・
5727653_3394279645.jpg

実はこの日、宿をとってなかったのですが、パリ到着後(おいおい・・・)連絡した友人たち、この日に限ってNGで、かといって目上の人の家に転がり込むには申し訳なく、開演1時間前にスーツケースを引っ張ってホテル探しをする羽目になったのですが、どこも100ユーロ以上するうえに今夜は空室なしとかって返事・・・でもまもなくサンラザール駅近くで100ユーロ未満で無事に見つかって事なきを得ました。フランス語が通じるってありがたいですね。ドイツも楽しかったけれど、ドイツ語は少し考えないと出てこない、そこ行くとフランス語は自然に出てくるし、やっぱり第2の故郷という感じで非常に落ち着きます!

6月25日(木)
雑用をしたり、いつもの宿の「田近亭」に移動したりしているうちに夕方に・・・
今夜はOpera Bastilleの小ホールでラヴェルの「子供と魔法」の室内楽ヴァージョンがありました。
20214091_2184095448.jpg20214091_2224065438.jpg

室内楽だからこそ聴こえてくるエクリチュールが非常に美しくかつ緻密な音楽で、あらためてラヴェルの偉大さを実感しましたよ。今度はオケ版でも聴いてみたいですね。
20214091_1464442601.jpg
(今回の旅行後半の戦果)

さて、終演後は、一緒に行ったMakiちゃんと、さらに作曲家のノンちゃんを誘って、クスクス喰らいに行きました。
パリに来たら必ず行く、というくらいの、僕のカルチェ、マレ地区のクスクス屋さん「Chez Omar」です。相変わらずあわただしい雰囲気でしたが、クスクスのヴォリュームはすごい!!
5727653_2855832313.jpg
(左の肉、一人前です・・・)
5727653_1274470305.jpg
モロッコ人の店員もノリノリで、楽しく腹いっぱいになりました。

6月26日(金)
昼は1月に共演したM瀬S吾君とランチ。
20214091_3215936424.jpg
サンルイ島の素敵なレストランで、おいしかったですよ。
5727653_21183350.jpg5727653_420742066.jpg
その後Galerie Lafayetteへ行って日本へ持っていくお土産、ワイン8本、チーズを4キロくらい買いました。行きつけの店にも行きたかったのですが、時間がなかったので・・・

夜は、前回もお邪魔した
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-110.html
大家さんのご両親に夕食をごちそうになりました。
僕の住んでいたカルチェ、マレのレストランです。

20214091_1150143921.jpg20214091_3369637175.jpg
20214091_4249707284.jpg
(左手奥の少しくすんだ家が僕の住んでいた建物です。)
5727653_1598739943.jpg
(サレール牛のステーキ、赤身で程よい噛みごたえがあり最高)
お宅にもお邪魔し食後酒に1940年物のポルトを頂きました。
5727653_421863724.jpg
意外に力強い風味にびっくりしました。ムッシューマダム共に80も後半ですが・・・お元気でお過ごしください。

翌6月27日パリを発ち・・・

6月28日(土)
早朝に成田に着きました。
もわっとした空気に・・・帰国を実感しました。
これはこれでまあ落ち着きますね・・・!

仮眠ののち夕方、早速ふらりと浅草に出かけて、うなぎ屋へ吸い込まれる・・・
5727653_3357626369.jpg
いつもは蕎麦なんですが、今回は「うな鐡」のひつまぶしが日本食食べ初めでした。
夜、帰宅後は、とある先生とMJの住民が入り乱れてチーズ宴会をしましたとさ!!

でも、明日からは13日間連続で仕事です。一日たりとも休みはありません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/241-ae39a1af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。