リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審査する側にまわってみたら
またいつものつまらん日記になり下がるかな・・・?
ピアノ弾かなさすぎでやばいです。明日から練習再開せねば!!

6月29日(月)
藝大日、みんなと再会しました。それなりに良い出席率。
昼飯は谷中の「もへい」。
夜までがんばったけど、時差ボケも手伝って相当に疲れました・・・撃沈どす。

6月30日(火)
池袋日。雨ばかり振りますな・・・!
昼飯は「キンペイ」の冷しゃぶサラダ。
夜は、K音さんとK美とY美がお土産のチーズめがけてうちにやってきました。
頑張って運んできたフロマージュ、喜んでもらえてよかったです!!

7月1日(水)
今日は藝大日。
今日も良い出席率。淡々とこなす。
谷中の薬膳カレーが2日酔いに優しかったどす・・・
夜は根岸三社塾でラーメン食べたんですが、新味の味噌とんこつ美味しかったのにもうすぐ店じまいするらしく残念です・・・

7月2日(木)
ブランチを西武の地下で調達し大学へ。
夜まで連続してレッスンし、終了後はFちゃんが遊びに来ました。上野駅でいろいろ買い物してお食事。フロマージュ、そしてやっと届いたザッハートルテ、今日も喜んでくれてよかった。

7月3日(金)
まだ時差が抜け切れていないのか、昼過ぎまで起きられませんでした。
そいで夜まで自宅レッスン・・・
終了後倒れこみ、再び死んだように寝ました・・・が明け方起きてしまい、日記とかシコシコ書く。

7月4日(土)
そんなわけで時差ボケ継続中のまま、コンクール「審査員」初体験でした。こないだまではいけにえの立場でしたが・・・逆転!!フフフ
PTNA特級、第一次予選で、大塚の東邦音大の講堂が会場でした。
雲行きは怪しかったけど、チャリの方が速そうだったし道もいつも池袋行く時の途中なので、シコシコ漕いで行きました。審査員の先生方(秦先生、稲田先生、笠間先生、児嶋先生、干野先生)はみんな顔見知りで、ただ一人名古屋の清水先生とは初対面でしたが、友人や生徒から話はさんざんうかがっていたのでそんな気もせず、アットホームな雰囲気で仕事ができました。

みなさん頑張って演奏されていて、自分もまだまだ負けられん、と思いました。愛情をこめて辛口講評しましたので・・・恨まないでください。
・・・しかし、曲目リスト見て「これは!?」と思っていたら、MJ(自宅マンション)の某隣人が出場されていてびっくり!毎日天井越しに聴いていた演奏を目の前で聴いてしまいました。意外と緊張している様子で、なんだか「がんばれ」って思っちゃいました。・・・もちろん極めて冷静な配点をさせてもらい、講評ではすごく実感こめて改善の提案をしました!(辛口ですけど・・・)
おんなじピアノ弾き(ライバル)だと思い今まで苦言していたけど、やっぱ立場違うのかな・・・と実感し、博愛精神が生まれてしまいました(苦笑)。がんばってね!
上野に買い物に寄って帰宅。夜は後輩のYさんが来宅し、フロマージュ会をしました。ぜんぜんなくならん!!

7月5日(日)
2日目、欠席の方もいらっしゃり早めに終了。

審査会議ってのも初体験でしたが・・・詳細はもちろん内緒。だけど、極めて、信じられないほど淡々とフェアに決定。まぁ国際コンクールとは違うのでしょうね・・・
みなさんそれぞれ違った点数の付け方でしたが、今回は平均を出したら僕の審査した点数順とまったく同じようにきれいに上位がハマったので、何の不満もありませんでした。最上位の人たちへの点の付け方が僕は辛かったみたいですが・・・(だってどうしても基準は国際コンだから・・・)
進出が決定した皆さんは、おめでとうございます。次もがんばってください。

東京駅までS水先生と同行し、大丸、ヤマハ、ビックカメラで買い物し、鶯谷でラーメン食って帰宅したら疲れて夕寝してしまいました・・・

明日もまた藝大。同じ一週間の始まりです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/13 19:50】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/242-1a4a6066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。