リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はははつよし!!
7月14日(火)
池袋に缶詰になる日。久々にチャリ通。朝ならまだしんどくない、朝9時から、しっかり働きます。
今日の院の授業では、フランクとフォーレというフランスの素晴らしいヴァイオリンソナタを2曲も勉強することができて幸せでした。
これで院は夏休みなので、プチ打ち上げで東通りのカレー屋さん「Tomboy」に行きました。
いつも空い・・・ぃや、10人で行ってもゆったりできる貴重なお店です。そしてランチならそのボリュームの割に、10人分払ってもたいして高くない・・・
5727653_1965328980.jpg
ナンはおかわり自由ですから・・・!

午後も時間延長になるほどしっかり働いて、帰宅しました。

7月15日(水)
午後からG大で明日のコンサートの合わせのため、必死で譜読みを仕上げました。やっと足を引っ張らない程度にはなりました。
終わってから、大丸にスーツを取りに行き、ついでに弁当でも買おうと思ったのですが、結局買ったのはワイン、で、夜は日暮里葵のつけ麺。おいしゅうございましたょ。
もちろんそのあとも必死でさらう。

7月16日(木)
何度か共演させてもらっている高木綾子ちゃん、そして去年の大阪以来の長原幸太くんと、紀尾井でコンサートでした。
朝10時半入りだったので、さらう余裕もなく会場へ。

今回、綾ちゃん、「妊婦さまコンサート」ですよ。素晴らしい!生命の神秘だ!もう8か月くらいになっておなかに第2の生命がいることはバッチリわかるのですが、「別に普通だから~」なんて、なんてことない顔して、完璧に美しく吹いちゃってます。母強し!?ってやつ?
今回もほとんど新曲で、おまけに数日前に曲目追加とかもあっての、突貫工事でした。最初の合わせの時は、「どうなることか・・・!?」ってな感じでも、この2人とだと淡々と、冷静に音楽を作りあげ、それでいて本番になると熱く、とても自然に音楽できる気がします。正直、楽しいっす!(まぁ必死ですけど・・・)
またできる日を楽しみにしてます。
17848725_1707310883.jpg

7月16日(木)
13:30開場
14:00開演 紀尾井ホール
アリオン・アフターン・コンサート2009第2回「高木綾子と仲間たち」
  共演:高木綾子、長原幸太

<曲目>
 *ピアソラ:タンゴの歴史より、ボーデル1900/カフェ1930/ナイトクラブ1960 
(Fl+Pf)
ドビュッシー:シリンクス(Flソロ) 
ライネッケ:フルート・ソナタホ短調「ウンディーヌ(水の精)」 (Fl+Pf) 
     休憩
*イベール:2つの小品 (Fl+Vn+Pf) 
モリーク:フルートとヴァイオリンのためのコンチェルタンテ  
マルティヌー:フルート、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 

アンコール
Earth,チャルダーシュ

終了後は四ツ谷でプチ打ち上げして、帰宅。撃沈です・・・

7月17日(金)
午前中はちゃんと起きて自宅レッスンをして、朝ごはんも食べず空腹になったので生徒ちゃんに香味屋つきあってもらいました。(もちろん僕もちだょ!)
僕が頂いたのは洋食弁当4200円也です。さすがにちょっと高い気はしますが・・・他ではなかなか味わえないおいしさではあります。
5727653_2269253298.jpg
それから久々に「デン」のプリンも、相変わらず旨かったす。

それからホテルオークラの「大倉集古館」へ行き、9月5日のコンサートの打ち合わせをしてきました。
会場はこんな感じのところで、仏像と向かい合ってピアノを弾くことになりますが、なかなか楽しめそうです。
20214091_602167028.jpg


2009年9月5日(土) 17時30分開場 18時開演
大倉集古館

曲目は
バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(菊地裕介、F.Busoni編)
ベートーヴェン 6つのバガテル 作品126
ショパン 24の前奏曲 作品28

・・・ということで、ちょっと4月のリベンジになります。
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/shukokan/hana.html

終了後は銀座で「必要な」買い物をし、いつも通り御徒町で髪を切ったり染めたり・・・帰ってきて、27日にひくコンチェルトを譜読み開始しました・・・あっという間に夜中。

明日も朝から○一日池袋dayです。
提出物とか今から仕上げます!眠れない・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは。
いつも楽しく読ませて頂いています!
楽譜買いました。1曲目から全て弾いてシャコンヌに挑戦したいなと思っていますv-42
みなとみらいのガラ・コンサートもチケット予約しました。
今からとても楽しみですv-7
ブログを通して誠実なお人柄や音楽に対する真摯な姿勢に、とても励まされます。
お忙しいことと思いますが、お体ご自愛しつつ頑張ってくださいv-7
【2009/07/20 17:49】 URL | M・O #- [ 編集]


すみません、絵文字が変なやつになってしまいました‥
【2009/07/20 17:51】 URL | M・O #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/244-5ee8ce9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。