リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクール第2弾
7月18日(土)
池袋Day。
朝9時から夜7時まで、ほんの15分ほどの休憩をはさんで働きました。
終了後は、Mちゃんにフロマージュ食べさせて、ほんの少しのカマンベールを残して見事完食と相成りました!!

7月19日(日)
午前中はかなりまいってましたが、午後から始動。
一応、土用の丑の日ですので、南千住の「尾花」にでも行こうかと思ったのですが・・・松坂屋にお中元の手配をしに行って、そこで意外と時間を使ってしまい、夕方からのレッスンに間に合わせるために、結局うなぎ弁当を買って済ませてしまいました。
5727653_1969156369.jpg
5727653_2197539026.jpg
しかしこれをゲットするための行列が意外と長くて・・・急いで帰って夜は11時過ぎまでレッスン・・・

7月20日(月・祝)
ひさびさの休日、だったはずなのですが、今日もお昼過ぎまで起きられませんでした。やはり身体に来ているのでしょうか・・・
うちにもなんどかご招待している先輩のA先生に誘われ、お寿司を食べに行きました。お店は勝手に決めてよい、とのことで、行ったことのある四谷の寿司屋に行こうかと思ったのですが、日・祝休みのようで電話には応答がなく・・・結局、よく目の前を通るのに入ったことがなく気になっていた、御徒町の「勘八」にお邪魔しました。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003613/

下町の気さくな感じの板さんに、伝統の江戸前を教えていただきました。久々のマトモな寿司。堪能いたしました。また誰か連れてきますね!
A先生には、なんか予期せぬことでごちそうになってしまって・・・本当にありがとうございました。また、我が家にご招待しますね。
二次飲みは慣れた店、上野駅の「バニュルス」で・・・

7月21日(火)
審査員シリーズ第二弾は、安川加壽子記念コンクールでした。
出がけに家のエレベーターの中で、偶然、某参加者と出会ってしまい・・・笑
途中まで一緒に行きましたが・・・あらぬ誤解を受けても困るので会場入りは別々にしました。

西武線に乗って、はるばる保谷へ、会場に着くと、予想していなかったほどに大御所の先生方が、実行委員としていらっしゃって、身の回りの世話をしてくださって大変に恐縮でございました。
しかし、実行委員の先生にしても審査員の先生にしても、はたまた事務のお手伝いをしてくださる若い方の中にも、世の中、心の底から尊敬できる人とそうでもない人がいるものだと実感します。我が身にもつまされる思いだったので、精進したいと思います。

審査は大変な強行軍でした、15分プログラムで、1日目は28人中6人棄権で、22人を審査しました・・・10時半に始めて、終わったら7時半、
正直、参りましたね。慣れないスーツルックも疲れました。
とはいえ、必要ですから、帰りがけに池袋でもう一着スーツを新調しました。やれやれ。
帰宅後は、いただいた今半のすきやき弁当を・・・バタンキューです。

7月22日(水)
2日目、棄権者は2名と少なく、21人を審査しました。
それでも、終了は6時近くでした。
全体を通して・・・あくまでも個人的見解ですが・・・
今のところ突出した人も見えませんでしたがかなりレベルは高めだと思いました。次以降の快演も期待できそうですね!
もちろん、そうでもない方、残念な方もいらっしゃいましたが・・・地道に勉強を続けていただけたら、と思います。

審査会議は、大変に公正なやりかたで、十分納得できる結果が出たと思います。残念ながら自分の生徒は通過できませんでしたが、演奏を聴く限り自分もあまり応援することはできず、皆の公正な審査の結果だったと思いますので納得です。

2次へ進まれたかたは、がんばってください!!楽しみにしています。

今日も帰宅途上でスーツの直しを受け取り、さらに身の回りの物をいくらか買い込みました。さいきん、物いりで大変です・・・
今日もいただいたお弁当でかるくビールを頂いて、すぐに練習しました。モーツァルト、27日までに暗譜しなくては・・・!

7月23日(木)
朝9時から、池袋に缶詰でした。

今日は、茨城の水戸三高というところから、見学のクラス(30名くらい?)が大学にいらしていて、
うちのクラスのレッスンを1時間、見学していかれました。
大きな教室で、それでもマスタークラスではなく個人レッスン、ていうのは少々違和感はありましたが、来てくださった生徒さんたちにとって何らかの刺激になってくれていれば大変に幸いに存じます。
もし、ピンとくることがあったら、東京音大にぜひ志願してくださいね。

そのまま夜7時過ぎまで連続レッスン。
帰りがけに、日暮里のクスクス屋さんに3人で行きました。
そして、ザッハートルテの残りも平らげました。

おやすみなさい・・・!
明日も働きます・・・!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/246-30915302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。