リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァカンスに向けての素敵な出会い
昨日の話ですが、、そんなわけで女子高生に囲まれる(笑)、ということでスーツを着て行ったのがよほど珍しかったのか、うちのクラスの高校生クンから写真のリクエストが・・・!そのくらいめずらしいので載せましょう。
35019801_204344942.jpg
さすがにこうして並ぶと僕も歳をとったかも・・・

水戸三高には、今度は10月に僕の方が伺うことになってます。その時もキメていかないと!笑

7月24日(金)
昼過ぎから自宅レッスンに明け暮れました。生徒さんが燕尾をプレゼントしてくださる、とのことでテイラーの方も見えてにぎやかでした。
夕方に終了後、即東中野へ走りました。
M嶋Y大先生に誘われての、飲み会です。前もって予告通りの遅れての登場でしたが、ちょうどおいしいものが出そろったあたりのよいタイミングでした。(とっておいてくださってありがとうございます!)
ずいぶんいろいろ頂きましたが、音楽関係者数名で、親交を深めてまいりました。ずいぶんいろいろ飲み食いしましたが、おいしかったし、お財布にも優しかったですね。東中野侮りがたし。
ちゃんと電車で帰宅。
35019801_2995539098.jpg

7月25日(土)
恒例の隅田川花火大会兼誕生会、今年も開催されました。
午後までモーツァルトをさらったのですが、まずはMJのベランダを掃除することから準備を始めなくてはならず、先日買ってきたデッキブラシとバケツを駆使しての、1年分あるいはそれ以上の汚れ落としは、けっこう大変でした。でも、おかげで、きれいな鑑賞スペースができて楽しく見ることができました。このところグズついていた天気もすっきり晴れましたし・・・風がちょっと強かったけど。
今年はあまり早くから知らせるとメンバーが膨らみすぎると思い、ギリギリの告知になりましたが、ちょうど良い感じでした。
浴衣を着て、みなさんのお出迎えをして・・・開始、
もちろん飲みも開始!
35420598_533133585.jpg
35420598_61617009.jpg
35420598_1289910975.jpg

花火の途中で、僕はホストながら、ちょこっと抜け出しました。わりと近所に在住の土田先生にハノっ子のくみこがレッスンを受けている、ということで飲みに誘われダブルブッキングだったので・・・鶯谷の中華まで、先生と知り合いだというのでT子ちゃんを引き抜いて、ゲタつっかけてお会いしに伺うと、すでに結構盛り上がっているご様子、生ビールをさらに飲み、そして紹興酒を飲みまくり毒を吐きまくりました。同じくハノっ子のM奈ちゃんも居て久々の再開で嬉しかったです。土田先生は、ずっと尊敬していて、お話ししたかったので、こういう形でご縁を深めることができてよかったです。
みんなが待っている?と思い1時間ちょっとでお暇し家に戻りました。

そのまま少しずつメンバーが膨れ上がり、飲みはさらに進行し、午前になってしばらくしたらK音さんが今をときめくD進くんを連れてきて、びっくりしましたがとても光栄でした!10年以上前パリでコンサートに押しかけちょこっと会ったっきりで、憧れの存在でしたから。
2人揃うとビッグな武勇伝が相次ぎ、自分がとてもちっぽけな存在に思えてしまいました。

結局6時頃解散となりましたが、とてもとても楽しい一夜でした。ね?
みんなありがとう!

7月26日(日)
少し片づけて仮眠・・・また10時頃起きだしました。
まずは東京音大へ、夏期講習の打ち合わせ・・・西武で500円で買った天丼をぶら下げていきました。
そのままレッスンになだれ込みましたが、今日は3人で切り上げていったん帰宅しました。

福岡へ行く準備、いちおう2泊3日ですからきちんとしないと・・・
そして、何よりモーツァルトの練習をせねば・・・ということでした。

それでも6時過ぎにはジタバタと家を出て、羽田へ向かわなければなりませんでした。折からの豪雨の影響で、飛行機は少し遅れましたが、無事に15年ぶりの九州上陸を果たしました。長かった~!前回は青春18きっぷでの訪問でしたからね・・・今回はクラスJっての初めて使ったんですが、かなりオトクですね!もともとANA派でしたが、プレミアムクラスは貧乏な僕にとっては高すぎるので鞍替えします。

ホテルも早めに取っておいたので、1万円未満で天神のわりといい部屋に泊まれました。早め行動は大事なんですね。
35019801_4153383433.jpg

7月27日(月)
ついに、また一つ歳をとり・・・カレンダーには無い数字になってしまいました・・・
気分的には、19歳からハタチになった感じで、そろそろ大人にならなきゃいけないのかな?みたいな・・・
朝早く出発し、会場へ向かいました。
今回のステップ、なんと79人の参加者で・・・
コンチェルトの子もかなりたくさん!

夜の8時まで、かなりハードでしたが、その合間にコンチェルトを弾かなきゃならず・・・でも、気合いで乗り切りました。昼休みにちょこっと合わせたんですが、急遽ファゴットの2番を僕が弾くことになり・・・アレンジ・・・結構たいへんでしたが、そのおかげで堂々と楽譜を置いてやることができたので、本番はかえって安心して弾けたかな??この地元のオケの中に、高校の同級生のIちゃんを見つけたときはびっくりしましたが・・・

2009年7月27日(月)16:30-16:50
福岡市立南市民センター  入場無料
ピティナ・ピアノステップ 福岡南
トークコンサート
木村厚太郎指揮 オーケストラ スタイルK
モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 K.488 第3楽章

http://www.piano.or.jp/step/schedule/detail/2009072776112.html

それにしても、短い曲が多いとはいえ、あんな子供たちのころから本物のオーケストラと共演できるなんて、夢みたいですね。僕が初めてオケと共演するのは、やっと17歳になってコンクールの舞台でのことした。ほんの10年ちょっと前ですが、その頃はそれ以外に可能性はありませんでした、どんどん世の中は進歩するんですね。

今回アドバイザーでご一緒した大阪の小原先生という方がとても愉快な方だったのが印象的でした。同じくご一緒した池川先生、そして主催の久保山先生、ともにお世話になりました!

打ち上げと誕生祝いをしていただき、ビールに紹興酒に中華料理を食べた後、ひとり「赤のれん」のラーメンを頂きました。中華をたくさん食べた後だったのでちょっと脂きつかったですが・・・紅生姜入れたら結構いけてしまいました。おめでとうメールの返信にバタンキュー、というわけにもいかず・・・でもうれしかったです。

7月28日(火)
6時起きして、空港へ向かわねばなりませんでした。
カレー食べて機内では爆睡・・・ゴーアラウンドして羽田到着が遅れたこともあり、急いで都内へ、霞が関のクリニックによって、いったん帰宅、荷物を置いて着替え、すぐに出かけなければ、池袋での講習には間に合いませんでした。今日は副科も専科もとりまぜ、8人の指導をして・・・
終了後は前からお約束していた通り、目白のイタリアンでEB原先生にお食事をごちそうになりました。
いただいたイタリアのワインがどれもとてもおいしかったですね!

しかし帰ってきたら夜中でした。
また明日も明後日も・・・自宅レッスンにコンクール審査に・・・8月4日までの連続勤務、がんばります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/01 23:00】 | # [ 編集]

ご自愛ください
恐ろしくハードなスケジュールに驚かされます!が、それ以上にハードな食生活・・・どんなタフな胃袋をお持ちなんでしょうか・・・少し心配になります。健康管理をしてくれる素敵なパートナーに恵まれますように。
【2009/08/01 23:59】 URL | michiyo #- [ 編集]

変貌するバッハ
朝日カルチャーの講座、今日もとても楽しく拝聴しました!
たくさんの曲を紹介してくださるので、自分でもいろいろ発見してみたくなります。
私は弾けませんが、楽譜やCDを引っぱり出し何日も楽しめるので、3150円はとってもお得に感じます。
その場で?のことも、とりあえずメモ書きをして家に帰って勉強すると、なーるほどと思います。かなしいかな、所詮低次元での理解ですが、幸せなひとときです。
11月7日のショパン、期待しています。どうぞよい休暇を
【2009/08/02 00:10】 URL | AK #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/247-69bb2f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。