リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいせつな勉強
7月29日(水)
今日から第6回安川加壽子記念コンクールは第2次予選に突入です。
また保谷に出動、なのだけど、今回は午後からでした。
1人、自宅でレッスンしてからの出動。

委員長は変わらず多美智子先生ですが、メンバーは少し入れ替わりました。野平先生とか青柳ススムさんとかがjoin。
とにかく夜まで、ひたすら聴きました。
古典のソナタ一曲、そしてバッハ、ラモー、クープランのいずれか、という課題。一次の時とはだいぶ印象が異なる参加者もチラホラ・・・古典ってやっぱり難しいんだな~と実感。

夜まで働いて、帰りがけススムさんが池袋で中華おごってくださいました。芸劇楽屋口すぐそばのここの名物という黒酢酢豚、メチャおいしかったです。

帰宅、睡眠。

7月30日(木)
2日目、今日も、でかける前に、別のコンクールを受けている生徒を一人レッスン。
さて、コンクールは昨日と同じ印象はありましたが、昨日より拮抗している感じでした。審査会議は、同点者すら出ず誠にすんなり終了。最上位は完全に納得。中間層はまぁだいたいOK。という感じの結果。やはりみなさん少しずつ考えることは違うようですね。
でも、だからこそ9人もの審査員がいるわけで、コンクールというのは本当に奥深いものだと思いました。この経験を生かして作戦を練ってから参加していれば、今まで自分が受けたコンクールでももう少し良い成績を出せたかもしれない。と思いました。
まぁ、後の祭りですが・・・

今日はさっさと帰宅。それでも最終バスの一本前でした。
帰ってから、某参加者くんの残念会をしました。お疲れさまでした。僕も今回は強くは応援できなかったんだ。いつものキミじゃなかった。
でも勝負は時の運だから!次がんばれ!

会が終了したら明るくなってましたが・・・

7月30日(金)
審査員としては昨日でお役御免だったのですが、途中まで首を突っ込んだコンクールだったので最後まで見届けるべく、眠い目をこすりながら朝から保谷へ向かいました。

フランス音楽を課題とする本選の演奏は、さすがにほとんどの方が渾身の熱演で、素晴らしかったです。疲れて崩れてしまったケースもなかったわけではないですが、十分にハイレベルな戦いで、このような本選参加者を選出できたことを審査団の一員として誇りに思いました。

たくさんの重要人物が来訪していて、レセプションではスピーチまで求められてキンチョーしましたが・・・無事に務めあげました。
こんな新人の僕(今回は4日差で年齢制限にひっかかり出場はできない身分でした・・・)ですが、今回本当に素晴らしい経験をさせていただきました。
若い参加者たちの真摯な熱演から多くのインスピレーションを得て、大変な励みになりました。もちろん他人の振り見て我が振り直せ、という部分も・・・それはそれで素晴らしい勉強でした。

審査委員長の多先生、その他審査員の先生方、委員のみなさま、裏方で働いてくださったすべてのスタッフの方々、そして演奏してくれた参加者のみんな、どうもありがとうございました。

そして優勝した仁田原くんおめでとう!特に2次予選は本当に素晴らしいものでした。

帰りは日暮里で一杯やって・・・12時過ぎには帰宅。

8月1日(土)
午前中はボーっとしていましたが、
午後に入ってからまずなまりきった指のリハビリ、ちょっとガスパールとか弾いてみたけどぜんぜん弾けない・・・
そして朝日カルチャーセンターのレクチャーの準備をささっとして。
新宿へ出かけました。

「変貌するバッハ」

というテーマで、おもに自作の編曲について、その哲学や手法などをとめどもなく語りましたが、それでも面白い、と思ってくださった方がかなりいらっしゃったようで良かったです。今回、あまりピアノを弾かずに済ませてしまったのが心残りでしたが、上記のような生活であまり楽器を触っていなかったので・・・

しかし、このレクチャーシリーズ、レクチャーと銘打ちながらも、毎回、自分の考えかたやしてきた勉強について再確認を迫られ、自分にとってとても勉強になります。それにつきあってくださっている受講生のみなさまに本当に感謝です。

終了後は楽譜やCDなどにサインをさせていただき・・・
特に悪さをせず、スーパーで買い物だけして帰宅しました。

安売りのスルメイカ買ってきたので、酒飲みながらイカの塩辛を漬けてみたりしましたが・・・おいしくできるかな?

8月2日(日)
昼過ぎまで、上野や有楽町に出かけで所用をすませたりカレー食べたりしていましたが、帰りがけに上野駅から自転車出した瞬間に土砂降り、濡れました。
夕方から夜まで自宅でレッスン・・・、みなさんコンクールとか準備されてますが、・・・どうなることやら・・・?安川コンクールのようなハイレベルなものではなさそうですが・・・

8月3日(月)
朝9時から東京音大でレッスンです。トイレ休憩以外ノンストップで・・・3時過ぎまでレッスンしました。
6時に渋谷で待ち合わせで、いったん帰るのは億劫だったので、25年超ぶりに、サンシャインに行ってみました。腹ペコで、どの店もかなり混んでいたので空いていたイタリアントマトでお茶しました。東京音大の周辺だけ見て、池袋ってなんとなく冴えない町だと思っていたけれど、本当はこっちの方に人が流れているんですね。

渋谷で待ち合わせ、向かった先は代官山の小川軒という老舗の洋食屋さんで・・・僕をサポートしてくださる親子・・・お二人ともすごい経歴の頭の切れる賢人さまなのですが・・・にお招きいただきました。こんな高級店、ひとりじゃ敷居が高いのですが・・・どの品もシンプルながら非常に丁寧な手の込んだ逸品でした。どうもありがとうございました。代官山のタワーマンションにちょっとお邪魔して、しばらく談笑ののち帰宅しました。
70代と40代と30代の会食・・・人生について考えさせられました。

明日も池袋と、代々木上原で働きます!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

怒涛の一週間でしたね、お疲れ様でした。
それにしても、音楽、料理ができて、酒も強い、
…感嘆します。
【2009/08/04 11:36】 URL | あおか #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/06 18:05】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/248-b2ce8ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。