リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾大華火祭
行ってきました屋形船初体験!

ところで出かける前に気がついたんですが、我が家のベランダから、ついにこいつが見えてきました。
9532801_2983438028.jpg
そう、押上に建設中の東京スカイツリー(新東京タワー)です。
9532801_625019636.jpg

http://www.tokyo-skytree.jp/

すでに相当の存在感がありますが、最終的にはこの数倍の高さになるのです。なんせ東京タワーの倍近い高さになるのですからね。下町の誇りですね!

さて、木場の船着場から屋形船乗ったのですが、けっこう揺れるんですね。でも酒をガブガブ飲んでいたせいか、船酔いとかにはなりませんでしたが・・・つらそうにしている方も少々いらっしゃいましたね。
35916097_941711410.jpg
35916097_1895904057.jpg
35916097_2123878596.jpg
35916097_1706352340.jpg
今日は花火でゴタゴタということで火は使えず、銀座「あさみ」というところのお弁当でしたがこれがとても美味しかったですよ!

連続写真を大量に撮影したのですが、ここには、ちょこっと厳選の抜粋。
35916097_30827139.jpg
35916097_322203575.jpg
35916097_849439851.jpg
35916097_546575537.jpg
35916097_1387668287.jpg
35916097_1662453447.jpg
35916097_1808996613.jpg
35916097_2938340808.jpg


もうね、感動しました。光と音とのタイムラグからいうと、打ち上げ地点から200mくらい、もう尺玉なんか上から降ってくる感じでした。
花火がきれいで迫力満点だったことはもちろんですが、最も特筆すべきことは会場の空気が一つになっていたこと、東京港全体に花火の音、そして観衆の歓声がこだまし、皆が花火という一つのイベントに酔いしれている様に感動したのです。
来年もこの東京という街が平和にこの大会を迎えられるように、そしてここにいる皆が元気で再び集えるように、強く祈りました。

同じ風切り音、爆発音でも、まったく同じこの街で64年前に響いたそれは、悪夢以外のなにものでもなかったのですから。
それから生き続けた人、その後に生まれた人、そしてその時息絶えた人々の魂すべてが、この平和の上に成り立つ美しい花火のもと、ひとつに集っているように感じられ、思わず感無量になり涙が流れてしまいました。
花火そのものからは、タイミング、スペーシング、重ね方、色遣い、など、ピアノの演奏にも通ずるいろんなことを僕なりの感性で感じ取り、とても勉強になりました。

このような芸術的な美しさに触れると、世の中、実に小さく、みみっちく、思考停止状態の、くだらなく、せせこましく、馬鹿げたことばかり言っている人間が、自分の身近にも少なからず存在することを改めて嘆かわしく感じるのですが、たまにでもこうして心を一つにできる瞬間があると、ああまた一年頑張ろうという気になれるのですから、瞬間の芸術はやはり素晴らしいですね。
世の中、最も大事なことはやはり芸術的な感性と豊かな素直なまっすぐな感情だと思うのです。
音楽家もがんばらねば!それを持たない人がどうしてモーツァルトやベートーヴェン、プロコフィエフやメシアンを理解できるのですか?世の中の汚さや自分自身の醜さ、人間のぶっちゃけた感情を直視できない子供がどうやって一人前の芸術家に成長できるのでしょうか?

型にはまったきれいごとでは芸術には到達できません。ガチンコでぶつかりあう人間の感情の渦を体験し、それを表現しなくては。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/09 13:13】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/250-70e985bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。