リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのなつやすみ(その1)
8月9日(日)
朝一で所用のため葛飾の高砂まで外出し、11時に戻ってきてから晩まで、10時間を超えるレッスンをいたしました。
精根尽きはてましたが、がっぽり稼ぎました(笑)
誕生日ケーキまでいただいてしまったし・・・
5727653_1464356072.jpg
朝ごはんにまで登場しましたが、とてもおいしかったですよ。

8月10日(月)
基本的には疲れ果てた精神のリハビリをしていたのですが、夕方はまた高砂に行ってとても面白い体験をしました。まぁそのうち書きます。
ある生徒くんの日記に触発されて、帰りに堀切のラーメン屋で醤玉(じゃんたま)そばなる油そばを喰らう。ビールが欲しくなるものの飲みませんでした・・・

8月11日(火)
後輩のAちゃんにねだられて(笑)香味屋ランチに行きました。
今日はボロネーゼ食べてみました。あ、じゃなくてミートソースだ。
5727653_4195455191.jpg
そう、ボロネーゼというよりはミートソースという感じで、アルデンテとかではなくって純日本の洋食という感じの、一皿でございました。昔懐かしい贅沢の思い出、て感じの逸品かな?

8月12日(水)
朝は家の片付けなどをして(あまりの乱雑さにちっとも進行しなかったけど・・・)午後、ひとりだけレッスン、
夕方は今日も高砂通い。

8月13日(木)
今日もひとりレッスンして・・・それも学校の子、つまり無料、そして後ろが詰まっていないから比較的長時間です!(えらいなぁ)さらに食育と称してまた香味屋へ。最近通い詰めてますね・・・
5727653_3591863091.jpg
5727653_2720655937.jpg
オムライスと定番のメンチカツですが、卵の表面が鏡のようです!

夏期講習のザルツブルクの土産話を聞かせてもらい、懐かしい気持ちに浸りました。僕も1997年から2005年にかけて、6回も通った思い出の街なので・・・また行きたいな!
夕方は所用で上野へ。お金も時間もどんどんなくなります・・・

8月14日(金)
母親の墓もあるし、お盆だし、ということで父方の実家へ、一年ぶりに行きました。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-170.html
今回は趣味と実益を兼ねて(?)
つくば駅でレンタカー借りて行きました。運転するの、何年ぶりだろ?って感じですけど、特に違和感もなく・・・いや、ありました。というのは、なんか最近流行っているのでプリウス借りたんです。そしたら、まずエンジンのかけかたがわからない(当たり前)シフトレバーの使い方もわからないし、クラッチのところにパーキングブレーキだし・・・
まぁ、でもなれれば実に快適なクルマですね。売れるのもわかります。
35019801_3755497118.jpg
本当は、友達を誘って筑波山にでもドライブに行きたかったのに、前の日メールまわしても誰も乗ってくれず、仕方なく、朝早く田舎の家に直行しました。
35019801_2618636377.jpg
35019801_3022411484.jpg
筑波山が間近に迫る町・・・
35019801_347570988.jpg
35019801_1863662856.jpg

家も車も年季が入っています。
35019801_1153887668.jpg
35019801_1323390928.jpg
どうですか?まぁ文明社会からは程遠いのですが(笑)
資産の無いプロレタリアート年金生活は貧しいので(笑)クーラーもありません。暑いし虫の声も筒抜けだし何よりフスマ隔てて筒抜けのイビキに悩まされほとんど眠れず・・・日頃防音マンションを締め切り夜もクーラーガンガンで、近隣の練習音に神経を立てていた自分の生活の悪しき文明化を実感しましたよ・・・こういう原風景は、ちゃんと守らないといけませんね。
でも、祖母やその他親戚たちがみな一通り達者でやっているのを見て、安心しました。

8月15日(土)
朝早く田舎を抜け出して、帰宅しました。60キロ走って満タンにしたガソリンが1.5リットルしかなかったことに、低燃費を実感しましたね。(まぁ誤差はあったでしょうが)
朝10時にはすでに東京の自宅でレッスンしていましたから・・・

そして、午後は横浜へ出かけました。
県立音楽堂で、飯森先生がベトのシンフォニー全曲マラソンコンサートをやっていて、その最終日でした。
ヴァイオリンの舞ちゃんとお友達のT君に誘われて、行くことにしたのです。
今日は8番と9番、こないだBSでやってたカラヤンBPOとはまた違った趣でしたが、若いソリストも素晴らしく大変白熱した熱演、会場では、特に終演後、東響のみなさんに会うことができてよかったです。もちろん飯森先生やコンマスの高木さんともお話しできたし。

暑い中スーツを着込んでいったのには理由があって・・・
前述の2人と「終わったら飲みに行こう」と約束していたのですが・・・
今晩はフレンチのフルコースに招待しました!
こないだイトコが結婚式やったみなとみらいのこの店に行ってみました。
グランシエール葉山庵
http://www.hayamaan.com/grandciar/
この店のポイントは、フレンチなのに健康に良さそうなところ!
ヘルシー感がありながらおいしかったですよ。コッテリじゃなきゃフレンチじゃねぇという気分のときには向きませんが、ここのフォアグラ茶碗蒸しは本当においしい。
とはいえこう毎日遊んでいると、だんだん財布も軽くなってきますが・・・(笑)お値打ちで有名なプピーユを開けましたが・・・
でも、大切な後輩は、もっともっと大切にしたいし。喜んでくれたのでうれしいです。僕も先輩にしてもらったことだから、これからもがんばって働くんだ!

野暮なので、写真は撮りませんでしたので、内容を文字で。

<冷たい前菜>
佐島の鮮魚と阿武隈川メープルサーモンのデリス
福島産オクラのソース
<温かい前菜>
三浦地鶏の低温調理 旬野菜のサラダ仕立て
胡麻味噌風味
<スペシャリテ>
フォアグラの茶碗蒸し トリュフの香り
<魚料理>
活〆アナゴと新ゴボウの赤ワイン煮 カヌレ仕立て
ゴボウのグラスを添えて
<お口直し>
福島産夏トマトのグラニテ バジルのジュレ
<肉料理>
仔羊背肉のロースト
神本さんのナスとクルジェットのタタン仕立て
<デザート>
パティスリー葉山庵生野シェフがイマージュした
真夏のグランデセール
<食後のひと時に>
バラの香りのセーデルブレンドティーまたはコーヒー
小菓子と共に
<パン>
焼きたての豆乳パンと天然酵母パン
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

『つまり無料』って・・・学校からお給料を頂いているのではないのですか?
1レッスンに換算すれば額がまるで違うのはもちろん理解していますが、
そういうことをわざわざ書かれるというのは個人的には気分の良いことではありません。

いつもブログを拝見しておりますが、少し冗談が過ぎるなと思い書き込ませていただきました。
せっかく素晴らしい音楽家でいらっしゃるので、そう言う別のところで嫌な思いをしたくないものです。
【2009/08/23 15:37】 URL | #UGcjZoqc [ 編集]


コメントありがとうございます。

さて・・・
もちろんお給料はいただいていますが、非常勤講師は時間給です。
ただいま学校は休暇期間ですし、学期中においては規定の回数になるように(給与計算基準になっています)登校しています。つまり夏休み中のレッスンなど、それをオーバーする部分に関しては完全なボランティアです。そもそも僕の勤務している学校では、自宅レッスンはレッスン回数には計上されず、なんの超過手当も出ないし、記録にも残りません。つまり学校との契約には含まれない部分です。
それゆえ世の中には門下生にもエクストラでレッスン料を要求する先生もいます。
直接の関係はないかもしれませんが、最近、マックの店長クラスは管理職に当たらず、残業手当を支給すべしとの判決が出ています。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080128/trl0801281051008-n1.htm
非常勤講師などますます管理職であるはずがありませんから、本来なら手当なり何らかの評価対象になってもよいはずなのですが・・・
ただ、僕は自分が門下生に必要とされている以上は、人間として教えてあげたいと思うのです。自宅レッスンでエクストラチャージを要求していない(というより、お断りしています)、ということを周知せしむることが、そんなに問題でしょうか?自分のお金のためだけに弟子を育てているわけではない、という旨を伝えたかったのです。
音楽家がお金を稼いではいけない、清貧たれという哲学に基づくのであれば、わざわざ書くことではないかもしれないのですが、こちらも遊びではなくてプロフェッショナルとしての指導を心掛けているのですから・・・

だからこそ、過去、僕の恩師がたくさんのエクストラレッスンをしてくださったことにも深く感謝しています・・・

今後とも、プロフェッショナルな仕事を心掛けていきたいと思いますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
【2009/08/23 20:44】 URL | 管理人 #wdA7abjE [ 編集]


鋭い感性と良心の持ち主でいらっしゃるのですね。「素晴らしい音楽家』とおっしゃってますし、、、
しかし、、どんなに素晴らしい音楽家でも、人間ですから慈善事業が生活の大半を占めていては
生きていけないのではないでしょうか?シリアスにならないように、と、使った言葉が誤解を招いたのでしょうか?(私はそうとりました)
今、現在 ファンの方々、生徒様方、に沢山の 知識、技術、感動、を わけていただけるのは、
長年のご苦労と努力、そして、それを 支えていらっしゃる(金銭的にも、精神的にも)ご家族や、恩師、友人の方々、、があってこそ。
全てを無駄にしないためには、バランスが大切と思います。
無償でそうしたくても、今の日本の芸術家は、出来る環境ではない気がします。
素晴らしい人材が、やって行けない、、、 素敵な音楽が聴けないような世の中になってほしくないです。
瑞々しく、純粋で、深い音色。それを、感じとれる感受性豊な方でしたら、解っていただけるのではないかと
思います。
菊地さんが奏でるピアノのが、菊地さんの内面を 映し出しているのです。
少々素直過ぎで、ほんの少しやんちゃな感じもありますが、そこがまた聴く人を引きつけるのでしょうね!
これからも成長していかれる お姿を 温かく見守りながら 応援していきたいと思います。 
菊地さんの音楽が解る方が、誤解をされたままですと、悲しいな、、、、
と、感じ、余計な事だったかもしれませんがコメントさせていただきました。
お気にさわったら、ごめんなさい。
【2009/08/24 00:53】 URL | Matsumoto.K #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/25 00:45】 | # [ 編集]


本当に素直な方で、普通は表に出さないようなこともなんのためらいもなく出してしまわれるので、ファンは心配でたまりません。
世の中はその素直さを好感してくれる人ばかりではありませんからね。
だから、ちょっとしたことで誤解され、突っかかられてしまうのです。
音楽界のこと、菊地さんの人間性を良く知っていれば微笑ましく思えることも、
頑迷なクラシック・ファンにありがちな教条主義によれば、
金のことを言うなどあまりにも世俗的で、音楽家にあるまじきこと、となってしまうのです。
芸術家は霞を食って生きるのだと・・・・・・

実際には、誰もが知っているような高名な音楽家には金の亡者と思えるような人が多く、
菊地さんのような欲のない方は珍しいのですが、実情と言うのはあまり表に出てこないものです。
さる高名な指導者などは先に弟子にチケットの綴りを買わせておいて、所定の時間がすぎたら一枚ビリリと破る、次また時間が来たらもう一枚ビリリ、そうまことしやかに伝えられたものです。
また、チャリティコンサートと言って、実は自分のギャラは先にしっかりいただいて、その余りだけを寄付するとか。(つまり実は自分は一文もチャリティしてない!)
裏を見たらそういう話ばかりです。

それを、「ただでレッスンしてあげてるんだよ」と書いただけで、
そんなにご大層に言うな!演奏家、学校の先生はしっかり給料を貰っているんだからそんなこと言うべきでない!と早速突っ込まれてしまいましたね。
ものすごい労力をかけて僅かしか報酬をいただけない大学講師の実情を知った人間から見ればホント可哀想です!
それでも少しでも生徒に良かれと自分の時間を割いて追加でレッスンをしてあげてるのに
実情を知らない人に気分が悪いと言われては立つ瀬がありませんね。ご同情します。

確かに、善意は黙ってやったほうがいいのかもしれません。
しかし、一言それを言ったからって、そんなに読む人を気分悪くさせるようなことではない、と私は思いますが、何か裏事情があるのでしょうか?

世の中には物の道理、あるいは芸術や技術の価値がわからない人が案外いるものです。
異なった世界に住み、異なった価値観、倫理観をもっているのに、その領域を超えて知らない世界の他人を論評する、
そういうことに何のためらいもない人もいるのですから、
何から何まで包み隠さず見せてしまって、誤解されるようなことは厳に避けるべきです。

また、熱心に説明しても、相手が匿名で、その人間性もよくわからないのですから、
正面から殊更事細かく説明することもないでしょう。
逆にあげあしを取られる結果になるかもしれません。
軽く受け流す技、あるいは管理を誰かに委託することなど、真正面から向き合わない対策が必要でしょう。
悪意のある人に書き立てられたらひとたまりもありませんよ。
音楽界には嫉妬が渦巻くと言うじゃないですか。気をつけてください。

白いものを黒く汚すのは簡単でも、白いものを白いまま保つのはこういう匿名の投稿サイトではものすごく労力の要ることです。
泥をもって待ち構えている人が大勢いるのですから。

尚、この私の投稿に対して菊地さんがレスしてくれる必要はありません。
時間は大切に使ってください。


【2009/09/01 18:34】 URL | Josephine #- [ 編集]

ごもっともだと思いますが。
世の中いろんな方がいらっしゃって、いろんな考え方がありますよね。どれが正しいということもなく。
名なしさん(すみません、最初のコメントの方です)が、別にお給料をもらいながらという点に疑問を感じて「冗談が過ぎる」と思われた、そのことは特に珍しいことではないかもしれませんし、或いは、プロならば自分の演奏はすべて有料、という視点からの批判もありうると思われます。(私個人はどちらとも思っていませんが、後者も1つの考え方だと思います。)
私は、菊地さんを直接は存じあげませんが、このブログが大好きです。雲の上の人に日常レベルの親しみを感じられる機会でもあり、さらには名なしさんのような率直なコメントに誠実に真摯に対応していただけることでより菊地さん御自身、さらには素人にはわかりにくいクラシック界の事情もおぼろげながら見えてくる気がするからです。確かに匿名性をたてにした誹謗中傷がありがちな世界で、ファンとしては心配なところはありますが、名なしさんはそんな類ではなかったと思いますし、。菊地さんが忙しい合間にコメントされていることが、クラシックファンの広がりにもつながっていくのではないでしょうか。分かってる人だけわかればいいということではなく。
とにかく、コメント欄のいざこざが煩わしくてブログがなくなるなんてことがないよう、穏やかにあたたかく見守りませんか?名なしさんもぜひお名前入りで、これからも一緒に応援しましょう。もちろんjosephineさんも!
【2009/09/02 09:19】 URL | あきこ #GsbZZxQM [ 編集]


僕は誠実、を第一に生きていますので・・・
たとえ一時的に損をすることがあっても、最終的にはそれが勝利への道筋だと信じています。

匿名であろうとなんであろうと、相手が人間であることに変わりはありません。今回の匿名さんはほんのちょっとした誤解をしただけでしょうから、むしろわざわざその可能性を指摘してくださった分だけ誠実な方なのだろうと感じます。

心のすれ違いや行き違いは、ネット上に限らずありふれたことです。blogや掲示板の炎上もありふれたことです。2ちゃんねるで叩かれたことも数限りないです。僕はネット歴が長いおかげで、その程度のことには非常に強い免疫を持っています。
ただ、仮に掲示板に表れてこないとしても、画面の裏には、声を上げないたくさんの心が潜んでいます。ですから肝心なのは、どこまで誠意ある対応をできるか、ということだと思っています。

もっとも怖いのは、声を上げずにジャッジする卑怯な人々です・・・
言いたいことがあるなら面と向かってはっきり言えばいいのに、わざと黙っていて裏から手を回したり、人の誠意を無視し侮辱する詐欺師のような連中がいます。最近も、そのような不誠実な輩のせいで、この上ない屈辱を味わいました。意見の交換は、正々堂々となされるべきではありませんか?

ですから、素直な苦情には、一瞬ムッとしたとしても、基本的に感謝すべきだと心得ています。ただ僕も負けず嫌いで頑固なところがあるので、納得行かない意見に対しては、反論しますし、どちらかが納得するまで徹底的に議論しようと思ってしまうのですが。
【2009/09/04 02:54】 URL | 管理人 #wdA7abjE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/251-8a0de000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくのなつやすみ4

ぼくのなつやすみ4の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ぼくのなつやすみ4」へ! ぼくのなつやすみ4【2009/08/21 15:58】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。