リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつやすみはレバーがつかれる
8月16日(日)
朝は8時前から高砂へ。
帰ってきてしばらく練習しましたが、収拾付かず、暗くなってから名古屋へ出かけました。いつもお世話になっていて、9月には共演していただく松川さんのおうちにお邪魔しました。僕の好きな龍力の「米のささやき」大吟醸を冷やしてくださっていたので、おいしいケーキとともに頂きました。

8月17日(月)
9月の演奏会のために合わせをしました。
モツのフルート、ハープのコンチェルト、フルートの野瀬さんとのデュオの牧神はまぁいいとして、予定されているブーレーズのソナチネ。とっっっっっっても難しいのですが、ほとんど練習していなかったのに合わせるということになり、実に悲惨でした・・・というか本当に難しいです。それだけやっていればまだどうにかなりそうなのですが・・・どうなることやら?
他にも譜読みしなければいけない曲は山ほどあるので、もしかしたらごめんなさいしてしまう可能性もありますが、できるところまでは頑張ります。
・・・と、そんなトホホな合わせの後ではあったのですが、名古屋の街に出て、地元出身のRちゃんと、蓬莱のひつまぶしをいただきました。こういうB級系の食べ物もやめられないですね。ここは早々と退散。
5727653_1061748344.jpg
そのまま松坂屋の地下でフルーツなど買って、とっておいた栄のホテルのデカ部屋に行きました。去年フェイラーのときにとまったところです。

35019801_2457839097.jpg35019801_3728375783.jpg

でもなぜデカ部屋かって・・・

もちろん宴会をするためです。いい加減たまってきていたので、わざわざ東京からワインや焼酎、持参したんですから!後ほどRちゃんの先輩?のYちゃんも加わり、短い時間ですが楽しく語り合いました。少し頭が回ってきたころ解散となりました。

8月18日(火)
キングサイズダブルをフルに使って、酒量のわりには快適に目覚めることができました。そのまま東京に帰ってきてから東京駅でとんこつラーメンと明太子ゴハンと餃子のセットを食べ、寄り道をしながら帰り、ゴロゴロしていたらこのような素晴らしいものが次々に届きました。
5727653_3537945143.jpg
宴会、しようかとも思ったのですが、あまりノリが良くなかったのと、明日からの4日連続宴会を考えるとここはおとなしくするべきかと考えなおしました。でも、鮮度が大切なだだちゃはすぐにゆでて、ほんの少量のビールで、ちょっとだけ肉を焼き、つつましく、でもおいしく、頂きました。
だだちゃの残りはしっかり冷凍してありますよ!いなかから買ってきたとうもろこしもゆでたりして、自然派の夕食でした。

8月19日(水)
また朝から京成に乗って出掛けていたのですが、帰ってきたら異様に疲れてしまい、昼寝・・・昼は豆と肉と塩もみの瓜とキムチと冷麺(笑)
夕方からは広尾に出かけました。
今日はイタリアン。
すごーく久々に伺った、「ラ・ビスボッチャ」です。ここの料理って本当にシンプルなんだけど、豪快で、まさにローマあたりのトラットリアの趣で、ジャパンナイズされてなくて、最高ですよ!!
5727653_2997780438.jpg5727653_4199280605.jpg
5727653_1194734689.jpg5727653_443924107.jpg
5727653_430359244.jpg5727653_2798320933.jpg
招待してくださったHさん親子、ありがとうございました!お二人があまり飲まれない方なので、僕も控え目にした結果、最後まで冷静に、お話もとても楽しくすることができました。
それにしても僕はいろんな人に目をかけてもらって本当に幸せです!お世話になる一方で、ほとんど何もお役に立つこともできていないのに・・・
でも、感謝の気持ちが強いからこそ、この輪をつないで行きたいですね!

8月20日(木)
朝から6時間にわたってレッスンをしました。(夏休みったってね!)
それから出かけて、銀座の"緑の"ドトール(あそこです)で札幌からやってきたMちゃんと束の間のお茶をしました。そのあとは、THのKM谷先生が六本木の焼き鳥やさん「八兵衛」に連れて行ってくださいました。あまり飲みもしませんでしたが、僕は半ば怒りながら愚痴を言っていただけなのに、うんうん、って聞いてくださって、本当にすみませんでした。
おいしかったのに、つまらん話をしてしまって・・・
福岡由来の店らしいですが、鳥もおいしかったですが、酢キャベツと、食後のゴマプリン?がとっても美味しかったです!

まだまだ未曾有の連日宴会は続くのでありますが、夜以外は家で野菜を食べ、健康に乗り切ろうと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/03 10:06】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/252-15c519bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。