リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知のみなさま
9月3日(木)
リハビリの続き、あさって弾く曲を必死でさらう。

9月4日(金)
夕方、大倉集古館にてリハーサル。
なかなかいい具合に響いて、大仏様と対面しながら、気持ちよく弾けそうです。

9月5日(土)
夕方会場入り、ほんのちょっとだけ試弾ののち、開演。

2009年9月5日(土) 17時30分開場 18時開演
大倉集古館(ホテルオークラ東京・隣接)
バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(菊地裕介、F.Busoni編)
ベートーヴェン 6つのバガテル 作品126
ショパン 24の前奏曲 作品28

夏休み、明けて最初のコンサート・・・
なかなか緊張感が戻ってきませんでしたが・・・ほぼ満員のお客様に囲まれてよかったです。
本番の感覚ってやっぱり独特ですね。これからハイシーズンです。がんばらないと!!
帰宅後も来週の曲をさらった、というところが現在の僕の危機的状況を物語っています。

9月6日(日)
そのせいで朝はかなり辛かったものの、
それでも朝から5人レッスン・・・

終了後は上野で用事を済ませる。

9月7日(月)

3時間の自宅レッスン。のはずがつい燃え上がり4時間を超えてしまい結構疲れました。
でも、そうも言ってられず、昼寝後練習。

9月8日(火)
かなりさらったと思うのですが・・・詳細が思い出せない。

9月9日(水)
上に同じです・・・笑

9月10日(木)
西新宿のムラマツに初めて伺いました。あさって共演する野勢さんと合わせ。

9月11日(金)
東京音大で、指導法特講という講座を担当させていただきました。
いかにして練習の効率を高めるか?てなことを2時間ほど・・・
僕の取り留めのないようなお話を、200人近い学生さんたち、熱心に聴いてくれました。後日ていねいな感想文を頂きとてもうれしかったですね!
これが休み明けの大学での初仕事です。レッスンは来週から。

終了後一度帰宅。荷造りして名古屋へGo!
今日も駅弁を抱えて、定番の最終のぞみです。

9月12日(土)
どうにかこうにか本番を乗り切る。
内容が二転三転し(させ?)精神的に集中力を高めるのが難しくなってしまいましたが・・・がんばりました。

2009年9月12日(土) 15時開演
名古屋市中川文化小劇場 あおなみ線荒子駅前
小劇場コンサートVol.40 入場無料
第8回 ハープ&ピアノ フルートと共に
フルート 野勢 善樹
ハープ 松川 恭子
モーツァルト フルートとハープのための協奏曲(pf.伴奏)
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲(fl. pf.)
ショパン 前奏曲
アンコール
エルガー 愛の挨拶

終了後の打ち上げも失礼し即帰宅。
ラフマニノフの練習にとりかかる!

9月13日(日)
朝、1名だけレッスン。
あとは昼寝して疲れを抜いて、必死でさらう!

9月14日(月)
朝は少しボーっとしてしまいましたが、
午後からさらいまくり、やっとラフマが形になってきました。

9月15日(火)
8時20分出勤。
東京音大、レッスン開始。
院の授業では、頭の中はラフマニノフのことでいっぱいですが、
それでもメシアンやプーランクについて語ったり弾いたり。
あとはみなさんの夏休みの成果披露レッスン、てな感じでした。
昼休みで久しぶりの外食、池袋のおすしやさん。
レッスン後はすぐ会議で、結局終わったのは8時過ぎだったのですが、
それでも帰宅して、一休みしてからはラフマを必死でさらいました。

9月16日(水)
毎日新聞のU津氏が取材してくださるということで津田ホールに行ったら・・・
毎コンの予選やってました・・・僕の生徒さんたちも受けてるんだけど、会場を把握していなかったものでびっくり・・・そしてチラホラと知ってる名前を見かけ、ああみんな頑張っているんだなと感心!
その後、コロムビアの新社屋を訪問し写真を撮ってもらい、北上野寄って帰宅。結局一日仕事に。

9月17日(木)
朝一で昨夜の北上野の用事を完全に済ませ、池袋へ。
ラフマニノフソナタ公開リハーサル、といえば聞こえは良いですが、要は生徒と立場逆転して演奏を試運転させてもらっただけです。
まだ仕上げには至っていませんが、あと2日でどうにかする目途は立ちました。

その後は、通常のレッスン、夕方まで・・・
終了後、Roland Keller先生の作品解釈、「Bachの半音階的幻想曲とフーガ」とっても勉強になりました。先生がおっしゃっていることは極めて基礎的な内容が多いのですが、それをいかにして説明するか、というあたりで非常に参考になりました。
先日のベートーヴェンコンクールでお世話になっていたので、挨拶をして自作品などのお土産を受け取っていただきましたが、H本先生の「飲みに行きましょ」のお誘いには残念ながら乗れず、帰ってラフマを必死にさらうことに・・・

9月18日(金)
まずは睡眠不足を解消したのち、
朝からいろいろな雑事を片づけていましたが・・・
明日のコンサートのために、最終準備に入ります。
愛知県のみなさま、ぜひ来てくださいね!
当日でも1500円です!

2009年9月19日(土)15時開演
愛知・小坂井町(豊橋近郊)
フロイデンホール
菊地裕介ピアノリサイタル
ショパン 24の前奏曲 作品28

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(菊地裕介、F.Busoni編)
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36
http://www.town.kozakai.aichi.jp/freuden/schedule/hall.html

今日は最終のぞみの一本後のひかりで豊橋に泊まります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/18 21:43】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/20 11:43】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/254-e8cf696c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。